新旧イタリアンパセリ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ItalianParsley2.jpgItalianParsley1.jpgいつも春にバジル・大葉・イタリアンパセリを、秋にルッコラを育てているが、バジルと大葉がその年のうちに花を咲かせて冬には枯れてしまうのに対し、イタリアンパセリは寒い時期をじっと耐え、次の年の初夏に花を咲かせる。一方で
春に新しく植えた分もあるから、今の時季は新旧2つのイタリアンパセリのプランターがあることになる。並べてみると、同じ植物とは思えないほど違った姿だ。今年から始めたイタリアンパセリは、パセリとは思えないほど葉が大きく丸々としている。一方1年経った方はもうトウ立ちを始めており、葉はしなびてしまって貧相な状態だ。その中の1本が、数日前から花を咲かせ始めた。こうして見ると、蕾はブロッコリーに少し似ているようにも思う。

イタリアンパセリは昨年採種ができなかったが、今年はどうだろうか。何とか次の年にまけるだけの種を収穫するところまでもっていきたいものだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2994

コメントする

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、natsuoが2019年5月30日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Leonid Kubbel's Endgame Study No.432」です。

次のブログ記事は「子育てイベントの開会宣言」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07