2019年6月アーカイブ

Hoikoro.jpg今日も外は梅雨空でどんよりとしていた。昼下がりまでは家でのんびり過ごし、夕方から買い物へ。2週間くらい前だったと思うが、お風呂の洗い場で使う椅子が突然割れてしまった。座っていたら突然パキッと音がすると同時にお尻の肉が挟まれてしまい、ひどく痛い思いをした。この椅子は近くのホームセンターで数年前に買ったものだったが、さらに先代の椅子もそこで買ったものであり、それも同じようにある日突然割れてしまったのだ。2回続けて割れたのだから、同じものを買ったら3度目があるに決まっている。これ以上お尻を挟まれるのは避けたいので、今日はもう少し遠くの店まで足を伸ばし、新しいバスチェアを買ってきた。今度はもう少し丈夫そうなものだ。これで当分は大丈夫だろう。

夕飯は、冷蔵庫に余っていたキャベツの残りを使って回鍋肉にした。1月につくって以来、ほぼ半年ぶりである。白ネギがスーパーになかったので、今回はキャベツのほかに青ネギを切って加えている。前回は唐辛子は飾り程度に添えるだけだったが、今回は1本切って混ぜてみた。やはりこれくらいの辛みはあった方がおいしいように思う。娘の皿には入らないように気をつけたが、結局キャベツがあまりお好みではないようで、全部は食べてくれなかった。

予防接種

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝食をすませたあと、車に娘を乗せて病院へ。具合が悪くなったわけではない。予防接種である。赤ん坊のころに一通りのものはすませているが、麻疹・風疹の予防接種は2回注射をせねばならず、2回目は保育園年長の今の時期にすることになっている。こんな雨の日にすませておくのがよい。娘もいやがっていたが、観念していたのか、思っていたよりは抵抗せずに受けてくれた。今年度はあとはおたふく風邪が残っているようだが、これはもう少しあとでよいだろう。

我慢して頑張ったからということで、100円ショップで安いおもちゃを買って帰宅。

毎年、6月から7月にかけては、マニア向けの新しい詰将棋作品集が発刊されることが多い。これは、7月の海の日に行われることが恒例になっている詰将棋全国大会の場が、新しい本をお披露目するのにうってつけだからだ。今年はとりわけ惹かれる本が次々に出る。先日の「Limit7」に続き、今日また1冊、本が届いた。W氏の詰将棋作品集「盤上のフロンティア」である。

18年前、W氏の「盤上のファンタジア」が世に出たとき、私は大学院生だった。詰将棋に関しては、時間をかければ短手数なら解けるものもあるという程度で、自分で創るなどということは考えもしないことだった。ちょっとやってみようという気を起こすことになったのは、ひとえに「ファンタジア」に載っていた多くの作品に魅せられたからに他ならない。ちょうどそのころにコンピュータで余詰を検討できる環境が整い、自らの棋力のなさを補うことができたという幸運もあり、いくつか創作の真似事をすることができた。あの本がなければ、自作が雑誌媒体に載ることもなかったのは間違いない。

あのころと違うのは、自分の自由になる時間がほとんどとれなくなってしまったということだ。しかし、「フロンティア」のページをパラパラと見ていると、またちょっと考えてみたいという気分になってくる。しばらく読みふけることになりそうだ。

BasilCropped.jpg1週間ほど、花芽を摘む目的でバジルを収穫したが、そのときに手をつけなかった株からまた花芽が伸び始めた。放っておくと1週間くらいで花が咲いてしまいそうだ。このへんも昨日やっと梅雨入りしたが、その前に暑い日が続いていたので、もう夏真っ盛りだとバジルが勘違いしたのかもしれない。花が咲いたら葉の収穫もできなくなるので、今一度花芽は取ってしまうことにした。もちろんその周辺についている葉はありがたくいただく。今日はトマト、ニンニク、オリーブオイルと和えて食べたが、バジルの香りが楽しめてなかなかおいしかった。

当分雨の日が続くので、水分をたっぷり吸ってまたたくさん葉をつけてほしいものだ。

昨日は真っ青な空が広がる暑い一日だったが、一転して今日はどんよりした曇り空。天気予報を見ると、今日からはずっと雲と傘のマークしか出ていない。これはやっとあの季節が来たかなと思っていたら、予想通り、梅雨入りの発表があった。普段の年なら自分の誕生日の前後に始まることが多いことを考えれば、今年は相当な遅さだ。もっとも、梅雨入りしたといいながら、その後晴れる日が何日も続くような年もあったように思う。結局、この日から梅雨入り、ときっちり決められるようなものではないのだと思う。毎年、気象庁の発表を見るたびに感じることだ。

午後からは雨が降り始め、夕方にはざあざあと音がする本降りになった。明日には台風が新たにできるかもしれないという話もあった。しばらくは予報の通り、雨が続きそうだ。

帰宅すると、書籍が1冊届いていた。「Limit7 簡単明瞭な詰将棋アンソロジー」(つみき書店)。詰将棋作家でもあるKさんが中心となり、詰将棋パラダイスや近代将棋などでこれまでに発表された詰将棋の中から、使用駒数7枚以下という条件を満たすものを400作選んだ詰将棋のアンソロジーである。出版されたことは知っていたが、来月の詰将棋全国大会の会場で買うつもりでいたので、注文していたわけではなかった。どうやら16年前の私の作品が1作選ばれており、作者だからということで贈呈していただけたらしい。こんな立派な本を送っていただいて、何ともありがたいことである。詰将棋作品集を出版するのは相当なエネルギーを要するし、まして今回のように自作のアンソロジーではないものを世に出すところまで持って行くのは本当に大変なことだ。Kさんといい、多くの詰将棋アンソロジーを出されているSさんといい、頭が下がる思いである。

盤面の枚数が少ないものを選ぶというのは、今まであまりなかった切り口であるように思う。パラパラとページを繰っていくと、見覚えのある作品もあれば、初めて見る作品もある。頭の中で書かれている手順をカタカタと動かしていくだけでも実に心地よい。当分は眺めるだけで十分楽しめそうだ。

天気はよかったが、遠出することもなくのんびり過ごした。今月は子育てイベントやら保育園での話し合いやら昨日の演奏会やら、娘に関する行事が土曜日に相次いだ。こうなると、まさに日曜日は安息の日になる。

AglioOlio.jpg1時半を過ぎてから、車で15分くらいのところにあるレストランへ。ここはバイキング形式になっており、定額料金を払えば置いてある料理を自由に取ってきて食べられる。就学前の子どもは無料なので、財布にも優しい。その後、いっぺん自宅に戻ってから再度車で出かけ、今度は街中へ。衣料品と本を買って戻ってきた。

夕飯は、パンチェッタと小松菜のアーリオ・オーリオをつくった。アーリオ・オーリオは、土曜日の昼に毎週のようにやっている。今まで自分でつくった料理の中で、回数だけなら圧倒的に多いのは間違いない。いつもと違うのは、ベーコンの代わりにパンチェッタを使ったこと。先月買ったものがまだ余っており、これ以上日が経つと悪くなるかもしれなかったので、今日で使い切った。

普段の土曜日は娘と二人で家にいるのだが、今日は10時に保育園へ送っていった。そしてその後、仕事を休んだ妻と白島にあるホールへ。娘が通う保育園は仏教系なのだが、今日は広島県内の寺院が参加する「仏教讃歌を歌う会」なる催しがあり、保育園を運営する寺の合唱部のご婦人たちと一緒に園児も出演して歌うことになっていたのである。プログラムには第26回定期演奏会とあったから、すっかり恒例行事となっているらしい。参加してもしなくてもよかったのだが、年長の園児はほとんど来ていたようだった。

ホールの近くでお昼をすませてから会場に入る。広いホールの客席は半分以上埋まっていた。県内の寺院から参加した女性中心の合唱部が3分から5分くらいの曲を1曲ずつ歌っていく。客席にもかなり出演者がいるようで、プログラムが進むたびにぞろぞろとご婦人たちが出入りしていた。保育園児が合唱に参加している寺は、自分が見た限りではうちのところだけのようだった。曲目は、定番の「手のひらを太陽に」。あっという間に終わってしまったが、やはり子どもが出ていると聴衆の反応もよく、大きめの拍手をもらっていた。

出番が終わった後、建物の前で記念写真を撮ってからすぐ解散。娘を引き取って帰路に就いた。聞いてみると、慣れないことで少々疲れたとこと。頑張ったからということで、スーパーでアイスを買ってから帰宅した。



261番とも比較されたい。

バジルの花芽

| コメント(0) | トラックバック(0)

BasilBud.jpgベランダのプランターで育てているバジルは2週間ほどに摘芯をしたばかりだが、切った箇所のすぐ下から伸びてきた脇芽から、だんだん花芽のようなものが出始めた。花芽が伸びると葉が堅くなり、食用には向かなくなる。収穫時期を延ばすためには、花芽は摘むとよいことになっている。しかし、以前8月頃に花芽を摘んでしまったら、その後勢いがなくなって枯れてしまったことがあった。次の世代のために種を残してほしいので、あまり時季が進んでから切ってしまうのはやめた方がよい。どうするかちょっと迷ったが、いったん花芽は摘んで収穫時期を延ばすことにした。まだ6月なのだから、何とか頑張ってくれるだろう。摘んだ部分の葉は、モッツァレラチーズとトマトと和えていただいた。

それにしても、花芽が出始めるのがちょっと早いような気がする。狭いプランターの中で、根っこが伸ばせなくなると早めに次の段階に移行しようとするのだろうか。そう考えると、来年は植える株を減らした方がいいのかもしれない。

今朝は都合があっていつもより早くに家を出たが、最初の交差点を曲がるなり大渋滞に巻き込まれる。いつもは快調に走れるはずのところだ。数分経ってものろのろと進むだけ。きっと先の方で何かあったに違いない。幸い、しばらくすると次の交差点のところまでは進めたので、そこで脇の道にいったんそれた。保育園にはそのへんに停車して徒歩で向かう。予定より少しだけ遅れるくらいで、無事娘を送り届けることができた。

あとで聞いたら、やはり道の先の方で交通事故があったということだった。保育園で娘が友だちから聞いたところでは、ひっくり返っている車がいたとのこと。2週間前の豪雨のときもそうだったが、早く家を出る必要がある朝に限って、突発的に思わぬことが起きる。昨日も鍵が見つからずに右往左往する羽目になったし、どうもこのところ、朝は慌てふためくことが多い。ゆっくり、余裕を持って行動したいものだ。

朝、いつものように家の玄関を出たところで、ポケットの中に家の鍵がないのに気づく。鍵束には立体駐車場の鍵もあるから、あれがなければ車を出すこともできない。あわてて取りに戻ったが、いつも置いてあるはずの場所に見当たらない。こういうときは、昨日はいていたズボンのポケットに入れっぱなしだった、というオチが多い。ところが、ポケットをまさぐっても空っぽ。これは困ったとちょっと青くなった。しかしもしやと思い、妻の鍵を借りて駐車場に向かう。立体駐車場を操作して車の中をのぞいてみたら、果たして運転席に鍵が落ちていた。昨日、衣料品の買い物から帰ったとき、車に忘れていったらしい。妻も仕事に出かける直前だったので、もう少し遅かったら車が出せなくなるところだった。

週明け月曜日はいつも忙しい。講義や演習もあるうえ、今は採点すべき答案がたまっている。それに加えて朝の鍵騒動で、何だかバタバタするうちに慌ただしく一日が過ぎてしまった。明日は腰を落ち着けて採点作業に打ち込もう。

10時過ぎに、うちから1キロくらいのところにあるスーパーまで出かけた。正確には、スーパーを始め雑貨屋やらドラッグストアやら回転寿司屋やらがまとまっているエリアの駐車場である。今日はここで、近くの牧場が準備した乳牛の乳搾り体験の催しが行われることになっていた。ただし、体験ができるのは先着100名まで。整理券の配布が10時からなのに、着いたのは10時15分くらいで、整理券の配布はとっくに終わっていた。かくして乳搾り体験はできなかったが、現場に来ている牛をかなりさわらせてもらうことはできたので、それだけでも娘はだいぶ満足したようだった。

TarakoPasta.jpgお昼に戻ってくると、ベランダのプランターで育てている大葉を使って、たらこパスタをつくる。毎年、大葉が収穫できるようになると一度はつくっている。たらこ、大葉、バター、オリーブオイルを混ぜてパスタと和えるだけという、料理ともいえないほど簡単なものだが、これがなかなかおいしい。大葉の名の通り、特に大きくなっている葉ばかり摘んできたので、トッピングが山盛りになってしまった。

午後は衣料品の買い物に出かける。夜、夕飯のときに、父の日のプレゼントということで娘と妻からタオルハンカチをもらった。実は先週、靴を買ってもらったばかりで、2週連続でのもらいものだ。しかし、これでもうお祝いイベントは終わり。明日からはまた忙しくなるが、何とか頑張ろう。

Ajisai.jpg昨日に続き、雨の一日だった。お昼前にベランダに出て、ルッコラの種取り作業をする。3月に花が咲き、その後膨らんだ房がいくつかできてきていた。緑色の部分がほぼ消えて枯れきった状態になったので、そろそろ採種してもよいだろうと思っていたのだ。ただ、今年はどういうわけかできている種が少なく、昨年と比べるとほんのひとつまみ程度しか収穫することができなかった。特に普段と変わったことはなかったように思えるのだが、何がいけなかったのだろうか。先月だったか、ひどい強風の日があって徒長した茎が何本か折れ曲がってしまったので、あのとき何か悪い影響があったのかもしれない。まあ、今年の秋に種をまく分は採れたのではないかと思う。

夕方、雨が小降りになったころに、娘とマンションの裏道に散歩に出た。ここには立派なアジサイが何本も植わっていて、今の時季は色とりどりの花が目を和ませてくれる。この花に限っては、陽光に明るく照らされているときより、雨に濡れているときの方が映えるように感じられる。しばらく楽しんだ後、その足で近くのスーパーへ向かい、夕飯の材料を適当に買って帰宅した。

今日は天気予報の通り、昼過ぎから雨になった。夕方にはときおり激しく降ることもあった。まだ梅雨入りということにはなっていないようだが、明日も日中は降り続くようだ。

今日の解析学は中間試験。これでまた採点の仕事が来る。この時期は入ってきた仕事をすぐ打ち返していかないとたちまち積み上がって行ってしまう。ただ、この週末は少しゆっくりしたい。

採点作業

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は午前中に4年生のセミナーが予定されていたが、学生側の都合があって来週に延期になった。時間が空いたので、月曜日に実施した線形代数学の中間試験の採点にあてる。すでに一昨日、昨日と時間をとって採点作業をしており、どういう答案に何点を出すという採点基準は固まっていた。あとは機械になったつもりでとにかく一気にやってしまうだけ。頑張って何とか一通り見てしまうことができた。あとは見直しが必要だが、とりあえずこれで一息つける。

今週はずっと晴天の日が続いているが、明日は午後からぐずついた空模様になるようだ。ようやく梅雨の季節ということになるだろう。



中間試験

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も青空が広がった。関東の方はもう梅雨に入ったことになっているらしいのに、ここ広島ではまだ梅雨入り宣言は出されていない。今年は空梅雨になるのだろうか。

今日は午後から線形代数学の中間試験を実施した。採点は明日からの予定。早めに片づけてしまいたい。今週は金曜日にも解析学の中間試験を行うことになっており、しばらくは採点漬けになる。

ところで、2010年の4月のブログからこのブログに移ってきたが、昨日の誕生日での更新が引っ越し後ちょうど3,000件目のエントリだったようだ。よくまあこんなに書いたものだと思う。歳もとるわけだ。たまに昔の記事を見ると、前と全く同じようなことを同じような表現で書いているのに気づくことがある。同じ頭で考え続けていると、どうしても似てきてしまうのだ。もう使い回しても、誰も気がつかないかもしれない。

また一つ

| コメント(0) | トラックバック(0)

6月9日が来た。また一つ歳をとった。誕生日が日曜日になるのは6年前以来だが、あのときは1泊2日の旅行に出かけていたのだった。今日は夕方に近所まで買い物に出たほかは、遠出をすることもなく、家でくつろいで過ごした。時間に追い立てられず、ゆっくり、のんびり。これが一番いい。妻と娘がケーキをつくってくれたので、夕飯後にみんなでいただいた。

これからの1年間もいろいろなことがありそうだが、何とか頑張っていこう。

午前中、保育園へ。来週から年長の児童に対して行われる、子どもへの暴力を防ぐための教育プログラムについて保育園の先生から説明があった。その後、集まった保護者が、卒園アルバムや卒園文集の作成、3月のお別れの会の準備などをどう分担するかという話し合い。妻は出張から戻ったばかりだからと思って自分が出かけていったが、父親が来ていたのはうちだけで、少々居心地の悪い思いをした。それにしても、自分が保育園にいた40年前は、保護者たちはこういうことをしていたのだろうか。結構大変そうだ。

Basils0608-2.jpgBasils0608-1.jpgベランダのプランターで育てているバジルの背丈がかなり伸び、一部は早くも花芽らしきものをつくりだそうとしているように見えたので、摘芯作業をやってしまうことにした。下から見ていって、最初の本葉の一対ができている節のすぐ上で切って収穫する。すでに脇芽がかなり大きく伸びているので、じきにまた葉が増えるだろう。収穫した葉は早速フードプロセッサーに入れ、松の実、ニンニク、パルミジャーノチーズ、オリーブオイルを加えてからこまかくした。これで、今年もペストジェノベーゼが楽しめる。早速、妻が夕飯のピザに使ってくれ、なかなかおいしくいただくことができた。

避難勧告

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は元々、イレギュラーなことが重なっていた。まず、朝早くに街中の高校に行かなければいけないことになっていた。卒業研究の指導をしている4年生が今週まで教育実習のために高校へ行っており、そこへお邪魔することになっていたのである。学生の授業を見学することになっていたが、それが1時間目に予定されていて、間に合うように行くためには相当早く家を出なければならなかった。もう一つの非日常は、妻が昨日から泊まりの出張に出かけていて不在だったことだ。そこで、娘を開いたばかりの保育園に送り、それから急いで高校へ行って実習の様子を見学、それから勤務先へ回って午後の講義と演習をこなす、という流れになるはずだった。

ところがここへ、避難勧告という3つめの非日常が重なってしまったからたまらない。6時に起き、激しく降る雨を横目で見ながら慌ただしく準備をしていたところで、携帯電話がけたたましくサイレンを鳴らした。土砂災害の恐れがあるため、警戒区域では避難をせよとのこと。それからしばらくして、教育実習の授業は中止になるとの知らせが来る。さらに保育園に赴いたら、避難勧告が出たために今は子どもの受け入れを停止していると言われ、娘を連れて戻ることになってしまった。前々から考えていた今日一日の行動計画がむちゃくちゃである。

このまま保育園が受け入れをしてくれなければ、午後の講義と演習ができなくなる。万一に備えて各方面に連絡を始めたが、10時半ごろになって受け入れ再開の連絡が届いて一安心。娘を送り、それから勤務先へ回った。講義と演習も予定通り行い、ほかの先生に迷惑をかけずにすんだ。

教育実習の学生には悪かったが、天災であるから仕方がない。それにしても、よりによって妻の不在も重なったこの日に避難勧告とは予想だにしなかった。先のことは分からないものだ。



Kubbelは本作を、ある程度駒が残っている中終盤タイプの作品としては自作中のベストだと考えていた。実際、技の切れ味は鮮やかで、並べていても爽快な気分になれる。271番429番も参照のこと。

大葉の摘芯

| コメント(0) | トラックバック(0)

Tempura.jpgOoba0605.jpgベランダのプランターで育てているバジルや大葉の摘芯をいつにしようかと考えていたら、妻が夕飯を天ぷらにするという。これはちょうどよいタイミングだと思い、大葉の摘芯を実行することにした。

6株ある大葉は現在、双葉のすぐ上に小さな本葉が2枚、その上に大きな葉が2枚生え、さらにその上に小さめの葉が2枚、そして指先ほどの小さな葉が2枚出てきている。大きな1対の葉の上で切るか下で切るか迷ったが、今後の育成を考えると葉をある程度残しておいた方がよいという結論に達し、大きな葉のすぐ上の箇所で摘芯することにした。これでも、小さめの葉が12枚収穫できて、天ぷらにするには十分だ。摘芯部分の脇芽はまだ小さいので、これが食べられる大きさになるにはまた2週間近くかかるだろう。

天ぷらにした大葉はなかなかおいしかった。

1434勝

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日もよい天気の一日だった。気温が30度くらいまで上がるので、日中はかなり暑くなってきた。まだ湿度がさほどでもないから助かるが、まもなく梅雨の時季が始まれば、いよいよ蒸し暑くなるだろう。

将棋の羽生善治九段が今日の対局に勝って、通算勝利数を1434勝とした。これで大山十五世名人の記録を抜き、歴代単独1位となったという。昨年に無冠になったとはいえ、今もコンスタントに勝ち星を積み上げており、記録達成は時間の問題だった。今日の対局の相手は若手の実力者、永瀬叡王。羽生九段としても負け越している相手だが、それをものともせず記録更新を決めるとは、さすがというほかない。

一昨日、小学生名人戦の準決勝と決勝の模様が放送されていて、だいぶ昔に小学生の羽生善治君が優勝した様子を見ていたことを思い出した。もうあれは37年前になるようだ。いつの間にかずいぶん時間が経ってしまった。

次はタイトル100期、それから1500勝というところだろうか。まだまだ終わりそうにない。

今週と来週の2週間は、私も妻も諸々の仕事やら用事やらがあれこれ目白押しで、毎日気が抜けない。ちょうど中日に当たる来週の日曜日が自分の誕生日だが、何だか今年は慌ただしく過ぎ去りそうだ。

今日は月曜日なので、午後から線形代数学の講義と演習。来週が中間試験で、今日は余裕を持って終わるはずだったが、演習の時間が終わるときにちょっと提示した問題の解答に誤りがあり、学生からの指摘であわてて訂正することになってしまった。集中力が足りていないようだ。

Salsiccia_and_Lentils.jpgPlanters0602.jpgベランダのプランターで育てているバジル・大葉・イタリアンパセリは、かなり葉が増えてきた。バジルと大葉は1株につき10枚くらいの葉がつき、脇芽も生長し始めている。そろそろ摘芯をどのタイミングで行うか考えておかないといけない。昨年は大葉の摘芯のタイミングを大きく遅らせてみたが、摘芯後に脇芽がほとんど育たず、あまりうまくいかなかった。バジルも、頭でっかちになって傾いているものがあるので、さっさと切って脇芽を育てる方針にした方がよいのかもしれない。イタリアンパセリもだいぶ葉が大きくなってきたので、初めて今日何枚か摘んで使うことにした。今シーズンの初収穫である。

さて、今日は夕飯にサルシッチャとレンズ豆のパスタをつくってみた。2週間前にデパートのイタリアフェアで買ってきたサルシッチャがまだ残っており、そろそろ食べてしまう必要があった。レシピを調べたところ、サルシッチャはレンズ豆と煮込んで食べるのが定番らしい。そこでミートソースのようにタマネギ、ニンジン、セロリを細かく切り、ニンニクと一緒に炒めてからスライスしたサルシッチャを加えた。これに別の鍋でゆでて柔らかくしたレンズ豆を投入し、しばらく煮込んだ。参考にしたレシピではパスタはリガトーニを使っていたが、今日はペンネで代用。仕上げに黒こしょうとパルミジャーノチーズ、それに摘み取ったイタリアンパセリを散らした。

レンズ豆というのは素朴な味で、ずいぶんとあっさり食べられる。サルシッチャもなかなかおいしくいただくことができた。また手に入ることがあったらやってみよう。

この1週間ほど十分睡眠がとれておらず、生活のリズムが乱れがちだった。寝不足が続くとすぐ指にささくれができるのだが、今は4本もできている。これに何かが触れて、ささくれが逆立つ方向に引っ張られるとひどく痛い。このままでは本格的に体調を崩しかねないと思い、昨夜は子どもと一緒に早々に床に就いてしまった。おかげで、今朝は少しすっきりしたように感じた。

Sukoyaka.jpg今日は午前中、初めて行く場所に娘を連れて出かけていった。広島駅の近くにあるテレビ局の新社屋である。実は今日と明日、ここで子育てに関する様々な催しが行われる大規模なイベントが開かれる。このオープニングセレモニーのテープカットに、娘が通う保育園から何人かの園児が出ることになっており、その一人として娘が参加することになったのだ。

親子連れでごった返す中、舞台上にほかの子どもたちと並んでうちの子も登場したが、当初聞かされていたテープカットではなく、開会を宣言する役割を与えられていた。少々戸惑い気味にも見えたが、何とか無事にタスクを果たす。こういう経験をしておくのもよいかもしれない。

その後に行われたアンパンマンのショーを見物してから帰路に就いた。

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このアーカイブについて

このページには、2019年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年5月です。

次のアーカイブは2019年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07