仏教讃歌を歌う会

| コメント(0) | トラックバック(0)

普段の土曜日は娘と二人で家にいるのだが、今日は10時に保育園へ送っていった。そしてその後、仕事を休んだ妻と白島にあるホールへ。娘が通う保育園は仏教系なのだが、今日は広島県内の寺院が参加する「仏教讃歌を歌う会」なる催しがあり、保育園を運営する寺の合唱部のご婦人たちと一緒に園児も出演して歌うことになっていたのである。プログラムには第26回定期演奏会とあったから、すっかり恒例行事となっているらしい。参加してもしなくてもよかったのだが、年長の園児はほとんど来ていたようだった。

ホールの近くでお昼をすませてから会場に入る。広いホールの客席は半分以上埋まっていた。県内の寺院から参加した女性中心の合唱部が3分から5分くらいの曲を1曲ずつ歌っていく。客席にもかなり出演者がいるようで、プログラムが進むたびにぞろぞろとご婦人たちが出入りしていた。保育園児が合唱に参加している寺は、自分が見た限りではうちのところだけのようだった。曲目は、定番の「手のひらを太陽に」。あっという間に終わってしまったが、やはり子どもが出ていると聴衆の反応もよく、大きめの拍手をもらっていた。

出番が終わった後、建物の前で記念写真を撮ってからすぐ解散。娘を引き取って帰路に就いた。聞いてみると、慣れないことで少々疲れたとこと。頑張ったからということで、スーパーでアイスを買ってから帰宅した。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3014

コメントする

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、natsuoが2019年6月22日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Leonid Kubbel's Endgame Study No.435」です。

次のブログ記事は「パンチェッタと小松菜のアーリオ・オーリオをつくる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07