2019年8月アーカイブ

ずっと天候不順の日が続いていたが、今日は久しぶりに一日を通して穏やかでよい天気になった。しかも気温が下がり、エアコンをつけないでもちょうどよいくらいの涼しさだ。あのひどい暑さを耐えた後だから余計にそう感じられるのかもしれないが、非常に過ごしやすく感じた。

Hoikoro.jpgAsagao.jpg朝、その気持ちのよい風に当たろうとベランダに出てみて驚いた。アサガオが3輪も咲いているのである。先月から今月上旬まではときどき花を咲かせていたが、7日くらいに咲いたのを最後にほとんど花をつけることはなくなったので、今年はもう終わりだと思い込んでいた。もしかしたら、この気持ちのよい気候が帰ってくるのを待っていたのだろうか。新たなつぼみもいくつかついているようなので、これから第2次開花期が始まるのかもしれない。

今日は昼も夜も台所に立った。昼はどうということのないチャーハン。夕飯は、キャベツが丸ごと1個冷蔵庫にあったので、大量消費をもくろんで回鍋肉にした。2ヶ月前につくったときに唐辛子を1本入れたので今回もそうしたのだが、前回と違ってえらく辛くなってしまった。見ただけでは分からないが、どうも唐辛子の中に極端に辛さがきついものが混ざっているようなのだ。たまたまそれを使うと、舌がひりひりするようなものができてしまう。前にペペロンチーノをつくっていたときも、似たようなことがあったと思う。おそらく、今回はそういう個体を使ってしまったようだ。大人にとってはこれはこれで悪くないが、娘にはちょっと悪いことをした。それでも思ったよりは食べてくれた。

今日で8月も終わり。9月はいろいろイベントが控えている。大変そうだが、何とか頑張ろう。

ツクツクボウシ

| コメント(0) | トラックバック(0)

雨続きの毎日が続いていたが、やっと今日は降っていない朝を迎えた。とはいえ、からっと晴れ渡ったというわけではなく、雲が薄くなったという程度。ときおり青空ものぞいたが、ギラギラと日差しが照りつけるようなふうではない。まああのひどい暑さを味わわずにすむのは助かる。

そういえば、勤務先でお昼頃に建物の外に出たら、聞こえてくるのはツクツクボウシの声ばかりだった。あんなにやかましかったアブラゼミやクマゼミはほとんど聞こえない。夕方や夜のヒグラシも全く聞かなくなった。しんがりをつとめるツクツクボウシばかりが鳴くようになったということは、セミの季節もいよいよ終わりということだろう。

雨の毎日

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日も結構な降りだったが、今日の雨はもっとひどくなった。ときおりザアッと雨音がひときわ大きくなる。風も少し強くなったようで、ベランダのプランターに植えていたバジルがお辞儀をするようにひん曲がってしまっていた。台風が来るときはこちらも警戒して室内に退避させたりするが、ただの雨雲というだけだとどうも油断してしまう。

夕方には、幸い少し小降りになっていた。とはいえ、天気予報では今後も当分雨続きのようだ。九州の方は昨日以上にひどいことになっていたようだが、あまり大きな被害が出ないことを祈りたい。

朝から雨。それも本降りだ。九州の方では、避難勧告が出るほど激しい雨になったらしい。幸い、このへんはそこまでではないが、雲が厚く当分は青空が拝めそうにない。

こんな日に限って、勤務先では大型機器の搬入工事とやらで大きなクレーンが設置されたため、普段車を止めている駐車場が使用禁止になってしまっていた。仕方がないので、少し遠くにある別の駐車場へ行き、雨の中をとぼとぼと歩く。午後になって雨は少し弱まったが、夕方に帰ろうとしてうっかりいつもの駐車場に行ってしまい、大慌てで代替駐車場へ走ることになってしまった。ケチくさい話だが、規定の時間までに保育園に行って子どもを迎えないと、少額ながら延長料金が発生するのである。何とかぎりぎりセーフだった。

少し前のことだが、6月に行われたチャイコフスキー・コンクールでアクシデントが起きたことを、最近になって知った。予選を勝ち抜き、ファイナリストに選出された7人の一人、Tianxu Anに、思わぬトラブルが起きたのだ。

ファイナリストは、審査員と多くの聴衆を前に、ピアノ協奏曲を2曲演奏しなければならない。Tianxu Anはチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番と、ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」を選んだ。どちらを先に演奏するかは演奏者が決めることができることになっており、Tianxu Anは最初にチャイコフスキーを弾くと伝えていた。ところがどういう行き違いが起きたのか、なぜかオーケストラには逆の順番で弾くと伝わっていたのだ。極度の緊張状態の中、チャイコフスキーのあのホルンが聞こえると思っていたら、突然弦楽器が鳴り出す......そのときの様子を見ることもできるが、こんなに恐ろしい瞬間はなかなかないのではないだろうか。しかもパガニーニ狂詩曲はいきなりピアノパートがあるから、気持ちを立て直す余裕が全くない。自分は協奏曲を演奏することなどないだろうが、こんなことがもし起こったらと考えるだけでぞっとしてしまう。

Tianxu Anは必死で最後まで演奏した。終了後、特別に再度演奏してよいと提案されたが断ったとのこと。確かに、もう一度弾く気にはなれないだろうという気がする。ただ、さぞかしショックを受けているだろうと思ったら、「あれはちゃんと確認しなかった自分の責任」と話し、表彰式でも笑顔で登壇していたようだ。この精神力は見習いたいものである。

Puttanesca.jpg今日もどんよりした曇りの天気。もう1週間近く、曇りか雨の日が続いている。晴れ間もあるのだが、お盆前のように青空が広がるような天気にはならない。予報では、今週も同じような感じで推移しそうだ。

夕方に街中の本屋まで出向き、暗くなる前に戻ってきた。娘が花火をやりたいというので、夕飯を手早くすませるためにパスタにする。今日はプッタネスカにしてみた。ただし唐辛子は抜き。以前は、何のパスタをやるにしてもまずニンニクと唐辛子を炒めるところから始めるのが当たり前だった。娘に辛いと言われないようにいつも唐辛子を避けていたら、最近は具材を用意するときにあまり唐辛子のことが意識に上らなくなってしまった。

8時頃に車で近くの公園まで出かけて花火を楽しむ。もっとも、持って行った花火が少なく、あっという間に終わってしまった。娘はちょっと物足りない様子だったが、こういうのはまだ足りないと思うくらいでやめておくのがちょうどいいのだろう。

片付けの一日

| コメント(0) | トラックバック(0)

木曜日の午後から金曜日の間中、このブログが見られない状態になっていたようだ。水曜日に停電があり、その後の復旧作業は行っておいたのだが、それから再度ネットワークが切れてIPアドレスが変化してしまっていたらしい。このところ安定していたので油断していた。

今日は成り行きで片付けの一日になった。時間に余裕がない毎日の中で、いつしか部屋には衣類だのおもちゃだのが散乱し、すっかり雑然とした光景になってしまっている。しかし、押し入れの中もすでにいっぱいで、当面不要なものを体よく押し込むこともできない。ここらで腹を決め、押し入れの中を精査し、不要なものを少しゴミとして処分しようということになった。後回しにしていると、ますます家の中にものが増えていく。どのみち、いつかはやらなければいけないことなのだ。

そんなわけで、今日の午後はひたすら段ボールを解体したり、衣類を分別して袋にまとめたりということをしていた。まだまだ道半ばだが、とりあえず押し入れの中はいくらかスペースを空けることができ、部屋に出ていたものを少し押し込むことができた。玄関には段ボールの束やら発泡スチロールの入ったビニール袋やらが置かれているが、ゴミの収集日までは我慢するしかない。明日ももう少し作業の続きをすることになりそうだ。

口内炎ができる

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はTR大のI先生がお見えになったので、研究のことを中心にあれこれお話しした。今考えている研究上の問題について話を聞いてもらったり、有用な資料を紹介してもらったりして、大変有意義に過ごすことができた。

どうも最近、口の中が痛いような気がしていたが、左頬の内側のあたりに立派な口内炎ができているのが分かった。口内炎というと唇の裏あたりにできることが多かったが、こんなところにもできるのだ。ちょっとしたはずみに歯に当たるので始末に悪い。今週は寝不足の日が続いて睡眠が乱れていたので、その影響が出たのだろう。この土日は少しゆっくりしたい。

ぐずつく天気

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も曇り空。強烈な日差しがない分、少し前に比べると外にいても幾分しのぎやすいが、それでも湿度が高くて空気がまとわりつくように感じる。夕方になって雨も降り始めた。今週に入ってからずっとこんな天気ばかりだ。夏の終わりは、思ったよりも早く来るのかもしれない。

昨日の停電は、結局今のところ理由は分からずじまい。電力会社のウェブページを見たら、5分以内の短い停電はいちいち報告しないことになっているらしく、昨日出ていたはずの情報自体が消えてしまっていた。しかし、停電というのはもう滅多なことでは起きなくなったのかと思っていたが、停電情報を見る限りそうでもないようだ。

突然の停電

| コメント(0) | トラックバック(0)

8時半を少し過ぎたころだった。娘と話していたら、突然部屋のすべての電気が切れて真っ暗になった。最初はブレーカーが落ちたのかと思ったが、特にパワーが必要なものを作動させていたわけでもない。窓の外を見ると、ほかのマンションも、道を隔てたホームセンターも真っ暗になっている。どうやら停電が起きたらしい。しかし、雷雨の夜ならともかく、風もなく穏やかなこんな日に停電するなどということは、長らく経験したことがないような気がする。30秒程度でホームセンターの明かりがつき、向かいのタワーマンションのライトが一斉につき、ほどなくしてうちの明かりもついた。1分もしないうちにもう一度切れて真っ暗になったが、10秒か20秒程度で再び点灯。その後はもう消えることはなかった。

電力会社の停電情報を見ると、確かにうちのエリアが8時半過ぎに停電したと報告されている。ただ、理由は現時点では調査中とのこと。動物が電気設備に侵入したとか、そんな原因なのかもしれない。ともあれ、ちょっとびっくりさせられた。

日焼け止め

| コメント(0) | トラックバック(0)

ひどい暑さの日がずっと続いていたが、昨日と今日は雨のおかげでぐっと気温が下がった。特に今朝は土砂降りで、しばらくは雷のゴロゴロいう音も鳴り響いていた。また暑い日は来るだろうが、人間の体温より気温が高くなるような時季は終わったのではないだろうか。先週のうちに頑張って海水浴に行っておいたのは正解だったかもしれない。

ただ、海に入る前に、よかれと思って娘に塗った日焼け止めが強すぎたようで、肌にかぶれのようなものができてしまった。日焼け止めもいろいろなタイプがあり、紫外線を吸収する成分が入っているものは肌に刺激が強いようだ。昨日は夕方から皮膚科に行き、塗り薬をもらってきた。一日経ってかぶれが少し落ち着いてきたので、数日で元に戻るだろう。

大恐竜博に行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

一昨日昨日と行楽に時間を費やしたので、今日はゆっくり過ごそうかとも思っていた。ところが、街中で行われている「大恐竜博」なる催しが20日(火)までと分かり、娘が行ってみたいとせがむので、3日連続でレジャーに出かけることになった。

Dinosaur2.jpgDinosaur1.jpg会場の産業会館は親子連れでごった返しており、入場券を買ってからも長い行列ができていた。のろのろと前進してやっと展示エリアに入ると、まず化石やそのレプリカが並んでいた。それが終わると実物大の恐竜があちこちに置かれているところに出る。電気仕掛けで首や目玉が動き、鳴き声を上げたりするのである。ただ、娘はVRのゴーグルをかけて生きた恐竜がそばにいるのを疑似体験するコーナーを一番楽しみにしていたらしい。ところが行ってみると「小学生以上の子どもに限らせていただきます」とのこと。これにがっかりしてしまい、今ひとつ楽しめなかったようだ。ちょっと気の毒なので、出口にある物品販売コーナーでおもちゃを買ってあげた。

会場を出たときはまだ時間も早かったので、そのままアルパークに回る。衣類などを買い物してから帰路に就いた。

約1週間のお盆休み。前半は2泊3日の神戸帰省、後半は3日連続の行楽と、ずいぶん動き回った。明日からはまたいつも通りの日々が始まる。

蒲刈の海で泳ぐ

| コメント(0) | トラックバック(0)

お昼頃、あれこれ荷物を車に積み込んで出発。せっかくの暑い夏、一度くらい海水浴に行こうということで、上蒲刈島の県民の浜海水浴場まで足を伸ばしてきた。ここには何度も来ているが、たいていは砂浜を散策するくらいで、水着を着て本格的に泳ぐのは実は初めて。本当は昨年行くつもりだったのだが、例の豪雨災害で呉方面に通じる道が完全に止まってしまい、断念せざるを得なかった。

Kamagari.jpg今回は、強い日差しを避けたり、人目を気にせず着替えができたりする空間がほしいということで、ワンタッチサンシェードテントなるものを初めて持って行った。先週ホームセンターなどで少し探したものの見つからなかったので、ネット注文しておいたのである。ただこのテント、名前の通り開くときはワンタッチでさっと開くのだが、収納するのが難しい。出発前に何度か練習したのだが、なかなかコツがつかめなかった。出発がお昼になったのは、練習に手間取ったせいもある。

砂浜に着いたときは、もう2時半を回っていた。早速テントを設営し、着替えて海に入る。すでに時間が遅かったこともあり、砂浜の混雑はさほどでもなかった。蒲刈の海はいつもきれいで、今日も悪くはなかったが、これまでと比べると浮遊物が少し多かったように思う。まあ海水浴シーズンはこんなものなのだろう。

4時半頃までパシャパシャやり、そろそろ気温が落ちてきたところで撤退の準備。朝の練習のおかげで、テントは難なくたたむことができた。アイスを一人1本食べて帰路に就く。娘は昨日に引き続きかなり楽しめたようだ。これで一応義理は果たしたといえるだろう。

TeamLab.jpgPorciniPasta.jpg天気はすっかり回復したが、風がまだ強い。昨日台風が通過していたときよりも激しく、玄関に避難させておいたプランターを元に戻したら、アサガオの鉢が何度も倒れてしまった。吹き返しの風は侮れない。

冷蔵庫に生クリームが余っていたので、今日はお昼にポルチーニとベーコンのクリームパスタをつくった。使い残しのエリンギも切って加えてある。久しぶりにつくったが、ポルチーニの香りが利いていて悪くない味だった。ただ、娘はあまり好みではなかったようだ。

夕方から街中に出かけた。今日は「チームラボ☆学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」という企画展に行ってみる。暗闇の中に浮かび上がる動物や花が自由に動き回り、手をふれると反応して動いたり変化したりする。さらに「お絵かき水族館」のエリアでは、来場者が自由に描いた魚やクラゲの絵をスキャンするとそれがぐねぐねと身体をくねらせながら回遊を始めるという展示が行われており、参加者が思い思いに好きな絵を描いては泳がせて歓声を上げていた。ほかにもいろいろユニークな企画があり、娘もかなり楽しかったようだ。急遽行くことを決めた催しだったが、子どもだけでなく大人も楽しめる内容で、なかなかよかったと思う。

台風は拍子抜け

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は台風で大荒れの一日になると思っていた。前日のうちにプランターをすべて玄関に避難させ、ベランダに風に飛ばされるものがないかどうか気を配り、備えは万全だった。朝になり、ベッドで目を覚ますと、果たしてサーッという雨音が聞こえる。ああ、もう降り出しているなと思ってむくっと起き上がったら、その音はつけっぱなしにしてしまっていた扇風機の音だった。窓の外を見ると、風もなく、雨もほとんど降っておらず、静かなものである。いったい台風はどこに行ってしまったのか。

気象情報を調べてみると、台風は確かに、広島のすぐ近くを通過しようとしていたが、中心がほんの少し東側を通過したため、影響は限定的だったようだ。進行コースの右側、それも中心から少し離れたあたりの方が、風も雨も強くなることがある。昨日神戸から戻ってきたばかりだが、おそらくあちらの方が風雨が強かったのではないだろうか。広島では、午後に少し雨が強くなる時間帯もあったが、風は最後までほとんどまともに吹かず、何だか拍子抜けしてしまった。

大事を取って今日はずっと家にいたが、明日は外出できるだろう。

広島に帰る

| コメント(0) | トラックバック(0)

神戸滞在最終日。午前中にまた義兄一家がやってきて、前夜のゲームの続きなどをして楽しんだ。お昼ごろに彼らは帰り、昼食は義母と4人ですませる。このころから雲が厚くなり始め、やがて雨が降り始めた。風も強くなってきているようだった。

1時15分に妻の実家を失礼して広島への帰路に就く。道中、福山SAで休憩するまでは順調だったが、その後の三原久井~河内の7キロ、西条~東広島の10キロで渋滞に巻き込まれる。もっとも、上りはもっと長い区間にわたって流れが悪くなっていたから、これくらいですんでよかったかもしれない。高速道路が明日不通になることを見越して今日移動した人も多かったのだろう。

6時頃に無事自宅に帰り着いた。出発時にセットしておいた水やりシステムは幸い今回も作動していたようで、バケツいっぱいにためてあった水はきれいになくなっていた。明日は暴風雨が予想されるので、プランターを玄関に避難させる。台風が行ってしまうまでこれでやり過ごそう。

炎天下の墓参り

| コメント(0) | トラックバック(0)

神戸滞在2日目。惰眠を貪っていたため、朝はずいぶん遅くなってしまった。当初の予定では行楽に出かけるつもりでいたのだが、何しろ今日も外は37度にも達しようかという酷暑。どこへ行こうと考えても、暑さがきついだろうと二の足を踏んでしまう。あれこれ考えているうちにお昼になってしまい、もう今日は墓参りだけにしておこうということになった。

3時半頃に妻、娘、義母と出発し、義兄一家と墓園で合流。太陽がギラギラ照りつける中、みんなで義父の墓参りをすませる。それから駅前の店に移動。寿司や総菜などを買って帰宅した。早速買ってきたものをみんなでいただいたあと、ゲームをしたりデザートを食べたりして団欒。親を介さず、子ども同士で大はしゃぎしながら勝手に遊ぶこともあり、以前に比べるとコミュニケーションの取り方がだいぶうまくなってきたように感じる。8時半頃、義兄一家は帰っていった。

明日は広島に戻る予定。台風の影響が本格化する前に、何とか自宅にたどり着きたい。

神戸に移動

| コメント(0) | トラックバック(0)

WateringSystem.jpg今日から、神戸にある妻の実家に滞在する。留守中、心配なのがベランダのハーブたちだ。連日、凄まじい暑さにさらされており、朝夕に水をやらないとたちまちカラカラになってしまう。そこで出発前に、また水やりシステムをセットアップしておいた。サイフォンの原理を利用して水を少しずつ供給するというもので、ゴールデンウィークのときに試してみたら、予想以上にうまく機能したのだ。ただ、真価が試されるのは猛暑の今である。何とかうまくいってほしいものだ。

正午に家を出発し、ガソリンを満タンにしてから高速道路に入った。途中、東広島のあたりで渋滞に巻き込まれたが、20分ほどで脱出。その後はほぼ順調に流れた。吉備のSAで少し遅いお昼をすませ、4時半頃に無事目的地に到着した。

本来なら3泊くらいしたいところだが、15日は広島が台風の直撃を受ける可能性があり、高速道路が止まって帰れなくなるかもしれない。やむを得ないが、2泊3日として14日に戻る予定にしている。

BasilFlowers.jpgベランダのプランターで育てているバジルが、少し前から花をつけ始めている。先月中旬にまとめて葉を収穫した後はあまりさわらずに水やりだけしていたので、にょきにょきと花芽が伸び出してきていた。もちろん、切ってしまえばもう少し収穫を続けることは分かっていたが、以前それをやったせいで花が咲くころに秋が来てしまい、種を採ることができなかったことがあった。今は葉を収穫するのは7月までと割り切り、8月以降は採種を目標に育てることにしている。

大葉はまだ花をつける様子は見られない。ただ、葉の色がだいぶ薄くなってきたので、こちらも収穫はそろそろ終わりにした方がよさそうだ。イタリアンパセリは今期はあまり状態がよくない。葉が変色したり白くなったりしているものが多く、食用にできそうな葉があまり出ていないのである。しばらくはこのまま様子を見るしかないだろう。

明日からは、2泊3日で妻の実家に帰省の予定。

盆灯籠

| コメント(0) | トラックバック(0)

Bontourou.jpg猛暑が続く。海水浴日和なのだが、こう日差しがきついと砂浜にしばらくいるだけでひからびてしまいそうだ。そこで、サンシェードテントのようなものを買ってはどうだろうということになり、いくつかの店へ足を伸ばしてみた。しかしよさそうなものは、ほぼ売り切れていた。どうやら動き出すのが遅すぎたらしい。これだけ暑くなってから買いに行くのでは無理もないだろう。結局、ネットで注文しようということになった。

今月に入ってから、スーパーやホームセンター、コンビニなどの店先には、2メートルくらいの長い棒の先に六角錐の形を組んで色紙で装飾を施したものがたくさん並んでいる。これは盆灯籠と呼ばれるもので、広島とその周辺地域に見られる風習である。盆の墓参りのときに、これを墓に供えるのである。8月上旬の一時期にだけ、どこへ行ってもこれが大量に立ち並ぶので、広島に来て間もないころはいったい何だろうと不思議に思ったものだ。15年も住んだ今ではだいぶ見慣れたものになり、盆が近いことを実感するようになった。

連日、うだるような暑さの日が続く。セミも喧しい。少し前まではアブラゼミが多かったが、今はクマゼミのシャアシャアいう声がよく聞こえるような気がする。そういえば、うちの周辺ではミンミンゼミはあまり聞いたことがない。西日本にも広く生息しているようなので、局地的に少ないだけなのだろう。

期末試験の採点や成績に関する会議など、今日も仕事を一通りこなす。これで成績確定に関する作業は一通り終了した。明日からお盆休みに入る。



1939年に創作された作品。フィニッシュはステイルメイトの成立に不要な駒が一つもなく、さらに白のKの回りに黒の駒が一つずつ利いているというideal stalemateの形になっている。329番も参照のこと。



ようやく、Kubbelのエンドゲームスタディ全440作をすべて掲載することができた。2007年6月14日に第1作を紹介してから、足かけ12年以上にわたって少しずつ更新を続けていた。見ている人ももうほとんどいないと思われるし、何だか最近は惰性で続けていると言われても仕方のない感じだったが、ここまでやったのだからとにかく走りきろうと思っていた。何とかゴールにたどり着くことができてホッとしている。

尻切れトンボ

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も暑い。これが落ち着くのはいつごろになるだろうか。台風の影響があまり感じられなかったのは幸いだったが、こうやって台風が次々発生するのは、暑さが厳しくなることの裏返しなのだろう。

アサガオは、昨日が1輪、今日が3輪だった。どうやらこのまま、数輪ずつ咲き続けながら終わりまで行くのだろう。13輪が一度に咲いた昨年のようなことは起こりそうにない。

数日前に、同僚のH先生から聞いた話。授業の冒頭で、「前回、尻切れトンボで終わってしまったので......」と言ったら、あとから学生に「尻切れトンボ」が何のことか分からないと言われたそうだ。聞いていて分かった人なんていないと思う、というようなことも言われたらしい。つまり、そう確信できてしまうほどなじみがない、ということのようだ。そこまで古くさい言葉とも思えなかったのだが、そう思うのはもう自分が古い人間だからなのだろうか。自分の授業でも、話していることがどれだけ伝わっているのか、はなはだ心許なくなってくる。令和生まれの学生が入学してくるころは、どうなっていることか。

期末試験

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も暑い。ベランダでアサガオを見ると、今朝は2輪だった。昨日は1輪で、アサガオ数列は
1, 2, 3, 5, 4, 0, 0, 5, 0, 0, 1, 1, 2
と推移している。

今日は午後から線形代数学の期末試験があった。終了後、担当教員で答案の束を持ち寄り、各自が採点する分を持ち帰る。これで授業や試験の類いはすべて終わった。早く採点も片づけてしまおう。

日曜日だが朝から出勤。今日はオープンキャンパスである。金曜日のうちに部屋の準備はしておいたから、今日はひたすら部屋で待機して展示内容の説明をするだけである。9時半から来場者が入り始め、うちの部屋にもポツポツとお客が姿を見せるようになる。ポスターを前に、説明を5度か6度繰り返しただろうか。お昼をはさみ、午後も3回ほど説明を行ったが、お客さんの数はぐっと少なくなり、お一人を相手に説明をした回もあった。2時半過ぎに研究室紹介の時間が終了。部屋を片づけ、4時前には帰路に就いた。

家で一服した後、夕方に近くのアウトレットへ出る。家族でアイスクリームを食べたりして暑さをしのいだ後、イタリアンレストランのチェーン店で夕飯を食べて帰宅した。

近づく台風

| コメント(0) | トラックバック(0)

ベランダのアサガオは、今日また1輪咲いていた。ここまでのアサガオ数列は、
1, 2, 3, 5, 4, 0, 0, 5, 0, 0, 1
となった。ちょっとペースが落ちてきているが、まだ蔓が伸びると同時に新しいつぼみもできているので、しばらくは咲き続けるだろう。

それにしても暑い一日だった。日が傾いて少し過ごしやすくなるまでは、ずっと家にこもっていた。明日も暑くなりそうだが、心配なのは台風だ。ちょうど8月6日のころに近くを通過しそうだが、平和記念式典はできるのだろうか。進路の右側に当たるから、風が相当強くなりそうな気がする。考えてみるとあの式典はいつも真夏の日差しの中で行われているイメージがあるが、今年はどうだろうか。

歯医者の予約

| コメント(0) | トラックバック(0)

出勤してしばらくしたところで、ふいに携帯電話が震え出す。見ると定期的に通っている歯医者からだった。その時点でもしかして、と気づいたが、実は今日は歯医者の予約をしていたのだった。仕方がないので、来週にあらためて予定を取り直す。今度は忘れないようにしないといけない。

明後日の日曜日はオープンキャンパスが予定されているので、今日の午前中は展示のセッティング作業を行った。毎年やっていることなので、慣れたものである。午後は解析学の期末試験。試験中に鼻血を出した学生がいたが、ほかには特にトラブルもなく終了。さて、この採点を短期間に終わらせないといけない。時間をつくって一気に片づけてしまいたい。

健康診断

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は勤務先で健康診断が行われるため、前日夜から飲まず食わずで出勤しなければならなかった。いろいろあって着くのが少々遅くなったので、指定された場所に行ってみるとすでに受付は長蛇の列。結局、並び始めてからすべての検査項目が終わって解放されるまで2時間半くらいかかり、午前中は完全につぶれてしまった。

検査項目の最後は、例によってあのバリウムである。これがあるから健康診断はいつもやっかいに感じるのだ。ほかの検査はどうということもない。誰でもそうだろうと思ったら、そういうわけでもないらしい。バリウム検査の順番を待つ間、同僚のS先生と少し言葉を交わしたが、S先生にとっては採血が一番の難敵で、バリウムはまるで苦に感じていないという。「バリウムうまいですよ、空腹で来ているし」というのだ。筋骨たくましいS先生はプロテインを日常的に摂取しており、甘くしすぎているプロテインに比べたらバリウムの方がずっとましということらしい。あの検査にストレスを感じないでいられるというのは、ちょっとうらやましく感じる。

午後は、明日と来週の月曜日に実施する期末試験の準備などをして過ごした。

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このアーカイブについて

このページには、2019年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年7月です。

次のアーカイブは2019年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07