ラジノリンクス

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年はサンマがひどい不漁だという話を聞いたが、それでも今日のスーパーの店頭には、新物だというサンマが並んでいた。それが今夜の夕飯になった。

細長い身を解きほぐしていたら、臓器のあたりから赤い糸切れのようなものが出てきた。これはサンマによく入っているラジノリンクスという寄生虫だ。サンマを食べると、結構な確率で入っている。妻のサンマにも何匹もいたようだ。実は1, 2週間くらい前にも、去年採れた冷凍のサンマをいただいたことがあったが、そのときにはこの赤い糸切れは出てこなかった。もしかしたら、これが出てくるのは新物に限るのかもしれない。

魚に寄生している生き物といえば、何といっても3年前に遭遇したタイノエだ。あれは本当にびっくりした。あれを経験した今となっては、ラジノリンクスなどかわいいものである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3088

コメントする

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、natsuoが2019年9月12日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「虫の声」です。

次のブログ記事は「コガネムシの幼虫」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07