左利きの割合

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は、自分が担当していない科目で中間試験が行われることになっており、その試験監督の応援を頼まれていた。1時からだったので、お昼をすませるとすぐその試験が実施される教室へ赴いた。

試験が始まり、受験者が一斉に筆記用具を手に取って答案を書き始めたとき、どれくらいの人が左手で書いているかをチェックしてみた。試験監督をしているときによく観察しているのだが、たいていは1割弱くらいの人が左手を使っている。今日は73名くらい学生がいたので、左利きは5,6人というところかと予想していた。しかし実際には、左手に筆記用具を持っていたのは最前列の教卓の前に並んだ二人だけ。2/73は、比率としては結構低めだ。

かくいう自分も左利きだが、なぜ1割程度の人間が左利きになるのか、どういう要素が利き手を決めるのかが未だによく知られていないというのも、何とも不思議な話である。自分が生きているうちに、そのへんのメカニズムが解明されないだろうかと期待している。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3149

コメントする

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2019年12月 3日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「講義が二つ」です。

次のブログ記事は「ブレードランナー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07