エスプレッソのカフェポッド

| コメント(0) | トラックバック(0)

勤務先では、お昼に自分の居室で弁当を食べたあとにエスプレッソを一杯楽しむことがすっかり習慣になっている。以前は夏の間はお休みしていることが多かったが、今年は結局、出勤した日のほとんどで飲んでいた。一杯一杯はデミタスにちょろっと入っているだけだから大したことがないが、累計すれば結構な量になっているかもしれない。

Cafepods.jpgエスプレッソを抽出するには、極細挽きにしたコーヒー豆をエスプレッソマシンにかける必要がある。昔は挽いた豆を直接セットしていたが、今は専らカフェポッドだ。これによって使用後の洗浄が非常に楽になった。準備と片づけが簡単ということは、何事を続けるうえでも非常に大事なポイントだ。

カフェポッドは、主にイタリア製のものをあれこれ取り寄せては試している。いつも買ったうちの数個を賞味期限ぎりぎりまで保存しているので、コレクションがだんだん増えてきた。今手元にあるのはIlly, Musetti, Miscela d'oro, Caffè Velani, Caffè Quito, Caffè Passalacquaなど。正直なところ、舌が鈍感なもので、このブランドはこんなテイストと明確に味わい分けられているわけではない。それでも抽出スピードやクレマの色などが、メーカーによって少しずつ違うのは確かなようだ。今ちょっと気に入っているのは、Caffè Passalacquaというナポリのブランド。ついこの間まで存在すら知らなかったが、クレマが濃厚で、味に深みがあるような気がする。イタリアにはまだまだ聞いたこともないコーヒーロースターがたくさんあるようで、何とか手に入れていろいろ味わってみたいと思っている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3151

コメントする

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2019年12月 5日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブレードランナー」です。

次のブログ記事は「寝かしつけ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07