2020年1月アーカイブ

アレルギー検査

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はまだ夕方の早い時間に勤務先を失礼し、保育園へ赴いて上の娘を迎えると、その足で病院に向かった。また体調が悪くなったわけではない。小学校入学を間近に控えたこの時期に、アレルギー検査をしておこうと思ったのである。何年も前、まだ乳児のころに受けた検査では、あれもアレルギー、これもアレルギーとずいぶん陽性反応が出てしまっていた。今では食べられるものもだいぶ増えて楽になったが、検査ではどう出るのか。結果が出るのに1週間くらいはかかるとのことで、前よりはよくなっていることを期待したい。

予防接種に続き、また針を刺されていたい思いをした娘を慰労すべく、ケーキを買って帰った。

今月は本当にいろいろなことがあって大変だった。やはり一番のできごとは先週のインフルエンザ罹患だ。あれでただでさえ忙しい日程がますます慌ただしいことになってしまった。子どもについても、予防接種やアレルギー検査に加えて初めての病院に行くことになるなど、何かとバタバタする日が多かった。来月はもう少しゆったり時が流れてほしいものと思う。

卒論提出日

| コメント(0) | トラックバック(0)

ここ数日はどうも妙な天気だ。朝起きてみると晴れていて、今日はやっと天気が落ち着いたかと思う。ところが、青空が見えているのにフロントガラスに水滴がポツポツとつくのだ。風が強く、どこか遠くで降った雨が飛ばされてくるように思われる。いずれにしても、普段の1月の天気ではないように思う。

4年生は今日が卒論の提出日。先週は直しに次ぐ直しでこちらもかなり消耗させられたが、やっとこれで一息つける。まだあとは彼らの発表会の準備が残っているが、もう峠は越えたと言っていいだろう。

水曜日は線形代数学の授業の日。来週はもう期末試験なので、今日が今年度最後の講義ということになる。先週はどうしてもお休みせざるを得ず、2週間ぶりの講義がそのまま最終回ということになった。一時はどうなることかと思ったが、どうにか試験範囲の内容をすべて消化。前回の内容を自分の手でできなかったのは残念だが、代講が1回ですんだのはよかったのかもしれない。

今日は午後もいろいろあってちょっと大変だった。保育園から、上の娘が体調を崩したと連絡があり、病院に連れて行くことになったのである。行きつけの病院があいにくお休みで、初めて行く街中の病院に向かうことになった。もっとも、実は様子を見に行ったころはすでに本人は元気になっており、診てもらうのは念のためという意味合いが強かった。診察でも特に問題は見つからず、これまた念のためとして薬を処方してもらい帰路に就く。まあ大したことがなくてよかった。

咳と痰

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も小雨が降るあいにくの天気。インフルエンザ騒ぎからだいぶ経って落ち着いてはきたが、実のところ痰と咳はまだ完全には治まっていない。少しずつ症状は軽くなっていくのだが、しかしまだ残っているのだ。この手の風邪はどうも治りが遅くていけない。

今日も一日中、4年生の卒論の添削をしていた。さすがにちょっと疲れてきたが、本格的に手を入れるのはもうこれくらいでいいだろう。やっと先が見えてきたので、もう一踏ん張りだ。

この1週間はインフルエンザですっかり予定を狂わされてしまった。先々週の月曜日は祝日だったから、月曜日の出勤は実に3週間ぶりということになる。午前中の大学院の講義では、3週間ぶりの講義がいきなり最終回ということになり、無理やり話を終わらせるような感じになってしまった。なかなか予定通りには行かないものだ。

今日は一日中雨が降ったりやんだり。肌寒くて陰鬱な天気だった。今週は晴れる日はあまりないようだ。

Puttanesca.jpg今日も夕方に買い物に出たほかはずっと家の中で過ごした。月末までに片づけなければいけない仕事が山積している。特に、月末締切の原稿の仕事がやっかいだ。本当は先週の土日にだいぶ進められるはずだったのだが、インフルエンザに倒れるというまさかの事態が発生し、何もすることができなかった。締切が近いと、プレッシャーがかかって精神衛生上よくない。できればこういう状況は避けたかったのだが、仕方がない。

夕飯はあっさりすませることにして、またプッタネスカをつくった。先月もやったばかりだが、家の中に赤ちゃんがいるうちは、時間をかけて凝ったものをつくるより、何も考えずにささっとできるような料理が、どうしても登板回数が多くなる。今日でケイパーを使い切ってしまったので、忘れないうちに買っておこう。

保育園の発表会

| コメント(0) | トラックバック(0)

インフルエンザ騒ぎもようやく落ち着いた。この1週間はさんざんな目に遭ったが、何とか気分を切り替えて、もう一度立て直していきたい。

今日は娘が通う保育園の発表会があった。元々発表会は12月に行われる予定だったが、諸事情で今日に延期されていた。同じく発表会がまだだった2歳児クラスと合同でという話だったが、行ってみると2歳児クラスの方はさらに3月に延期で、今日は年長クラスだけ実施するとのこと。何でも2歳児クラスでは嘔吐やら下痢やら発熱やらが頻発しており、とても行事を行える状態ではないらしい。先生にも体調不良の人が現れたりして、毎日を回していくだけでも大変なようだ。今年は暖冬とはいえ、今は風邪のはやりやすい時季である。自分もこれ以上はやられないように気をつけたい。

さて、年長クラスの園児は、インフルエンザもノロウィルスもものともせず、全員出席していた。発表会では歌と合奏、それに遊びを披露するということで、うちの娘は最近凝っているけん玉に挑戦していた。家でも熱心に練習していただけあって、今日もなかなか上手にできていたと思う。

お昼前には家族そろって自宅に戻った。妻が午後から歯医者に行くことになっており、それに発表会が終わったばかりの娘がついていくという。歯医者の処置が終わったらお母さんと喫茶店に行って、何か甘いものにありつこうという算段なのだ。かくして、午後は下の娘と留守番を引き受けることになった。下の子は幸い、ほとんどの時間を寝て過ごしてくれていたので、こちらもそれほど手を煩わされずにすんだ。

インフルエンザの影響は、少なくとも意識して感じる症状はほとんどなくなった。咳と痰はまだ残っているが、これは仕事始めのころからずっと続いているもの。長引いているが、数日前の高熱のつらさを思えば、どうということはない。とはいえ、インフルエンザ罹患時のルールに従い、今日の線形代数学は同僚の先生に代講をお願いした。以前その先生の分の代講をしたことがあるので、頼みやすかったということもある。まあこうやって人にかなりの負担をかけることは、なるべく避けたい。

ところで、インフルエンザ騒ぎで確認が遅れてしまったが、お年玉付き年賀はがきの当籤番号が発表されたので、今年の分をチェックしてみた。何と今年は過去最多タイとなる5枚が当たっていた。これでこれまでの「切手シート数列」は2,1,2,3,1,0,0,1,2,4,5,2,1,5ということになった。年賀状のやりとりは少しずつだが減ってきているし、今後も増えることはないだろうから、今年の5枚という記録がそのまま最多枚数ということになりそうな気がする。

静養中

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も出勤せず、一日のほとんどの時間を家で過ごした。ルール上出勤できないということもあるが、まだ朝の段階ではめまいのようなふらつく感覚がわずかに残っており、熱が下がってもまだ完全に復調したと言える状態ではなかった。やはりそう簡単には解放させてくれない。日中は学生と卒論原稿の直しをネット上でやっていた。顔をつきあわせなくても、今はこういうことができる。

夕方になり、めまいの感覚はいつの間にかほとんど消えてきた。味覚や聴覚も、何か少しおかしかったのが、ようやく元通りになってきたように感じられる。霧の中をずっとさまよっていた山中を抜け出し、やっと視界の利く下界に降りてきたようだ。もうこの山にはもう一度登らなくてよい。

インフルエンザ

| コメント(0) | トラックバック(0)

いやはや、まいった。金曜から咳が妙に出ると思っていたが、土曜の朝起きてみると、明らかに熱っぽい。これはまずいと思うまもなく、39度を突破してしまい、ベッドからほとんど動けなくなってしまった。ひたすら布団にくるまって時をやり過ごし、翌日まで耐える。しかし、日曜日も熱はほとんど下がらなかった。ここに至って、もしかしたらアレではないかと思うようになった。

月曜の朝、やっと熱は引いた。早速病院に行ってみると、案の定、インフルエンザとのこと。ちゃんと予防接種もしていたのに、かかるときはかかるものだ。しかし、ただの風邪ならいくらでもひいているが、インフルエンザに罹患するなんていつ以来だろうか。関東にいたときもあまり記憶がないし、少なくとも広島に来てからは初めてではないかと思う。

むろん、今日の講義は休講や代講の手続きをした。明日も家で謹慎していることになる。いろいろなことに支障は出るし周囲に迷惑をかけることにもなるが、やむを得ない。いやはや、まいった。

神戸の震災

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日の夜から、またこのブログにつながらなくなっていたようだ。自宅サーバのIPアドレスが切り替わってしまうトラブルは数ヶ月に一度くらい起きるが、ネットワーク自体が遮断されたわけではないので、家の中にいると気がつかないことが多い。何かよい手はないものだろうか。

今日はあの大地震が起きてから25年の節目の日。あの地震の当日、自分は大学2年生だった。関西で大きな地震があったことは朝のニュースで知ったが、その時点ではそこまでひどいことになっているとは知らなかった。大学に行き、お昼に生協の前を通ったら、今はなき駒場寮から長いケーブルで引き出されたブラウン管テレビが路上に置かれていて、それを通りがかりの学生が食い入るように見入っている。そこに高速道路の高架が全部倒れている映像が映し出されているのを見て、本当に大変なことが起きたと認識させられたのだった。

あのころはまだ、神戸はどちらかというと縁遠い場所だった。行ったこともなかったし、神戸出身の知り合いもほとんどいなかったように思う。それが今では、妻の実家がある地となった。先のことは分からないものだ。

就寝に至るまで

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も今シーズンとしてはかなり冷え込んだ一日だった。日中はずっと卒論原稿の添削などをしていた。学生もこちらも早くけりをつけて一息つきたいが、まだまだ先は見えない。

今は夜になると、毎日のように絶叫を聞いている。下の娘はもうすぐで生後4か月。機嫌のいいときも悪いときもあるが、やはり夜寝る前が一番泣き方が激しい。いったん深い眠りに落ちることができれば、朝までずっと寝ていてくれる日もそれなりにある。しかしそこへたどり着くまでに、30分くらいは声を限りに泣き叫ぶことが多いように思う。そんなときは「散歩」と称して寝室から出て、暗くした居間であやし続けたりしている。それでうまくいくこともあるし、ダメなこともある。こうすれば必ず寝つく、という処方箋はないので、毎回その場でいろいろやってみるだけだ。まあ夜中に何度も起きる赤ちゃんもたくさんいるだろうから、うちはましな方なのではないかと思う。

それにしても感心するのは、すぐそばであれだけ大きな声を出されても全く起きない上の娘である。朝になって聞いてみると、声なんてまるで気がつかなかったというのだ。あそこまで深く眠れる若さがうらやましい。

講義と卒論指導

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝は晴れて冬らしい天気になった。水曜日なので午前中は線形代数学の講義。まだ声の調子は完全ではないが、もうほとんど気にならないところまで来た。授業は再来週までで、そのあとに期末試験がある。今年は例年より若干進度が遅れているが、それでも最終回までには予定の範囲を十分消化できるだろう。

午後は4年生の卒論の面倒を見る。自分も締切の近づいている仕事があるのだが、進める時間がなかなかとれない。毎年のことだが、年明けから2月半ばまではいろいろなことが一気に押し寄せてくるので大変だ。何とか頑張ろう。

通常営業モード

| コメント(0) | トラックバック(0)

曇り空の朝。気温は上がらず、肌寒い。この連休は出張があってバタバタしたが、今日からはしばらく通常営業モード。通常、とはいっても、今の時期は卒論提出締切や期末試験が間近に迫っており、実はこちらもバタバタせざるを得ない。少し落ち着けるのは来月半ばだろうか。今日は早速、4年生の作業の進捗状況を見るのに時間を費やした。咳と痰は一昨日より昨日、昨日より今日と少しずつよくなっているが、相変わらずまだ残っている。

夕方、帰ろうと外に出ると、雨が降っていた。今年は本当に、全く雪が降らない。このまま降らずに終わってしまうのだろうか。

鍋貼をつくる

| コメント(0) | トラックバック(0)

夕方に買い物に出たほかはずっと家でのんびり。天気は久しぶりに冬晴れの一日だった。まだ風邪は完全にはなおっておらず、咳が出やすい状態が続いている。咳の風邪はいつも長引く。とはいえ、確実に症状は軽くなってきている。昨日は声がおかしかったが、今日はもう普段とほぼ変わらぬ声質になった。もう少しの辛抱だろう。

Guotie.jpg今日は夕方からまた台所に立った。いつもの餃子でもよかったが、冷蔵庫にネギがあったので、久しぶりに鍋貼(ゴーティエ)をやってみることにする。餃子の一種ではあるが、具を詰めたあと皮を完全には閉じず、上部をくっつけてハンドバッグのような形にする。にやってからもう2年以上経っていた。

このところ、餃子系はどうもうまくいかないでいる。餃子鍋に皮がひっついてしまい、はがすときに形がぐちゃぐちゃになってしまうのである。前にきれいにはがせたこともあるので、何がまずいのか今ひとつよく分かっていない。今日も何個かは残念ながらくっついてしまったが、ほぼ無傷の形で取り出せたものもいくつかあった。味に関しては何も問題はなく、大変おいしくいただくことができた。

通常の餃子より具材を包むのに時間がかからないことを考えると、鍋貼をもっと頻繁にやっていってもいいかもしれない。

宇部での研究集会二日目。今日はお昼過ぎまでで、講演が3つ。その3つ目が自分の講演だった。いろいろ反省点はあるが、大きなトラブルはなく終わってよかった。これで研究集会の日程はすべて終了。W大のK先生、TR大のI先生に車に乗っていただき、駅前のラーメン屋へ。すでに雨が降り始めており、食べ終わって外に出たときはかなり降りが強くなっていた。風も強くて荒れた天気である。今日がこんなに悪天候になるとは思わなかった。

W先生とI先生を山口宇部空港まで送り届けたあと、帰路に就く。5時頃、無事自宅に到着した。まだ咳と痰が残っているので、明日がお休みなのはうれしい。少し骨休めしよう。

今日から1泊2日の予定で、宇部で行われる研究集会に出席する。参加するのは一昨年去年に続いて3回目だが、今回は講演もしなければならない。それも日程の一番最後、プログラムのトリである。講演順が最後というのは初めてだし、これからももうないかもしれない。

7時45分頃、自宅を出発。距離はちょうど150キロくらいで、2時間弱で会場のU高専に到着した。初日は午前2つ、午後3つの講演があり、すべてを聴講。プロジェクタ講演が3つもあった。いったんホテルにチェックインしたあと、7時から宇部新川駅近くの店で懇親会。まだ咳が出るし明日に講演も控えているので、アルコールはほとんど飲まなかった。

10時頃ホテルに戻った。

TarakoPasta.jpg今日は午前中だけで仕事を上がることにし、お昼過ぎに家に戻ってきた。昼食をすませたあと、妻と下の娘とともに保育園へ向かい、上の娘を迎える。それからその足で病院へ行き、二人の娘の予防接種をすませた。下の子はヒブだのロタだの打たなければいけない注射がたくさんある。上の子はインフルエンザの2回目。昨年に1回目をすませており、これで予防接種は一段落ということになる。すでにインフルエンザの流行期に入っており、今さらという気もするが、それでもやらないよりはましである。

今日は夕飯はあっさりしたものでよいということになり、たらこパスタをつくった。私がつくるのは9月以来。いつもと同じで、たらこのほかにバター、大葉、オリーブオイルをボウルに入れてパスタと和えるだけ。それぞれの材料の分量もいい加減で何とかなる。失敗しようがないので安心だ。今日もおいしくいただくことができた。

痰のからみ

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も喉の調子は相変わらず。痰がからみやすくなり、咳も少し出やすくなった。ただ、熱が出る心配はほぼなくなったので、日常生活を送るうえではそれほど問題はない。まあ痰が切れれば終息に向かうだろう。土日に出張を予定しているので、何とか治してしまいたいところだ。

上の娘が最近けん玉に凝っている。前は大皿に乗せるのも難しかったのに、ここ数日のうちに大皿と中皿に玉を乗せ続ける技をかなり上手にできるようになった。一度夢中になると、子どもはあっという間にうまくなる。知識面でも、夜空の星に興味を持ったようなので星や星座の名前をあれこれ教えたら、たちまち覚えてしまった。これのことではもうかなわない、ということが、今後どんどん増えていきそうだ。

荒れた天気

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日は夕方から熱っぽさを感じ始め、夕飯も今ひとつ箸が進まなかったので、これはいけないと早々に床に就いた。幸い、朝起きてみると熱はすっかり引いており、食欲も回復していた。たっぷり寝たのがよかったのかもしれない。ただまだ咳と痰が出やすく、声が出にくい状態は続いている。午前中の講義がうまくできるかがちょっと気がかりだったが、マイクをつけておりそれほど大声を出す必要がなかったので、何とかこなすことができた。

今日は強風とともに空模様がめまぐるしく変わる荒れた天気だった。2月にこんな天気になれば春の予兆と感じるのだろうが、今は1月、それもまだ8日だ。今年はまだ全く雪が降っていない。このままだらだらと中途半端な冬を続けて春になってしまうのだろうか。寒いのはいやだが、それでも少しは冬将軍に頑張ってもらいたい気もする。

仕事始め

| コメント(0) | トラックバック(0)

冬休みも昨日で終わり、今日は仕事始め。今週は忙しくなる。早速、今日は午前中に大学院の講義、夕方に教職科目の講義があった。ほかにも、いろいろたまっていた仕事を片づけなければならず、何かとバタバタした一日だった。

朝からちょっと喉の調子がおかしい気がしていたが、時間が経つにつれてそれがはっきりし始め、声がだんだん出しにくくなってきた。講義は何とか問題なくできたが、夜になって声がかれたようになってしまい、高い声が出せなくなってしまう。こういうのはまず扁桃腺の腫れが最初に来るイメージだったのだが、今回はほかの症状は特になく、ただ声だけが出しにくくなった。明日以降どうなるか分からないが、何とか早く落ち着いてほしいところだ。

回鍋肉をつくる

| コメント(0) | トラックバック(0)

Hoikoro.jpg今日は夕飯に回鍋肉をつくった。冷蔵庫の中には昨年に買ったキャベツの大玉がまだほとんどそのまま残っていた。ネギも1本ある。これなら、豚肉のほかにちょうど切らしていた甜麺醤を買ってきさえすればいい。

いつもよりネギは多めに使ったが、それ以外はいつも通り。前回つくったときは唐辛子が利きすぎてずいぶん辛くなってしまったので、今日は刻まずに添えるだけにしておいた。これでもおいしいのだが、大人としては少しパンチが足りない気がする。辛さ加減はいつも悩ましい。上の娘にはこれでよかったようで、よそった分は完食してくれた。以前はキャベツをあまり食べてくれなかったのだが、「おいしさが分かってきた」とのこと。舌の経験値が上がってきたようだ。

ネズミを折る

| コメント(0) | トラックバック(0)

OrigamiRat2.jpgOrigamiRat1.jpg毎年、正月にはその年の干支の折紙を折っている。今年は子年ということで、ネズミである。今回折ってみた折紙作品の作者は、ボリビアの折紙作家、Yery J. Astroña。紙は30cm×30cmのtissue foilと呼ばれる紙を用いている。実際には年賀状のデザインにも利用しているため、年末のうちにほぼ完成させていた。折図の指示がすべてスペイン語なのでちょっと不安だったが、何とか最後までたどり着くことができた。後ろ足が大きくジャンプできるようなデザインになっており、ネズミにしてはちょっと変な感じもするが、南米のネズミはこれが普通なのかもしれない。顔のあたりはネズミらしさがよく表現されているように思う。

こうやって干支の折紙を始めたのは、実は前回の子年のときだった。もう一回りしてしまったわけだ。自分の折りの腕前はそんなに変わらないが、12年前に比べれば少しは上達したと思いたい。

(折紙モデル: "Ratón", Yery J. Astroña, 「第21回折紙探偵団コンベンション 折り図集Vol.21」(おりがみはうす)所収)

広島に帰る

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はまたお昼頃に義兄一家が来てくれたので、昼食を一緒にいただいた。上の娘はあちらの兄弟とすっかり打ち解けてしまい、今日は3人で双六をして盛り上がっていた。子どもたちだけで勝手に遊んでいてくれると実に助かる。少し前までは、どうしても大人が間に入らなければならなかった。ちゃんと成長するものだ。

2時15分頃、妻の実家を出発して帰路に就く。上の娘はおばあちゃんと別れるのが悲しくて、しばらく車の中でエンエン泣いていた。高速道路は快調に走れたが、三原から先の何カ所かで事故渋滞が発生しており、少しノロノロ運転をさせられる。しかし幸い、車を完全に停止させられるような大渋滞にはならなかった。広島の我が家にたどり着いたのは、すっかり日も暮れた7時過ぎ。親孝行なことに、下の娘は最初から最後まで一度もぐずらず眠り続けていた。

さて、明日からは徐々にいつもの暮らしに戻っていかなければならない。来週からは忙しくなる。

謹賀新年

| コメント(0) | トラックバック(0)

謹賀新年。今年もよろしく。

元日はまず義父のお墓参りから。現地で義兄一家と合流する。墓参りが終わるとそのまま2家族そろって帰宅し、みんなでお昼を食べる。3時頃、義兄の奥さんのお母様と姉家族がお見えになった。お母様には玄関でうちの下の娘も抱っこしてもらう。その方たちと一緒に義兄一家も帰られたので、賑やかだった家の中が一気に静かになった。

その後は上の娘を連れて近くの公園までぶらぶら歩き、ブランコや滑り台で遊ばせてやる。そろそろ日没というころに家に戻った。

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2020年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年12月です。

次のアーカイブは2020年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07