ひな祭り

| コメント(0) | トラックバック(0)

Ohinasama.jpg今日はひな祭り。私自身は一人っ子で、おひな様だのひなあられだの言われてもどこか他人事のように感じていた。しかし今は子どもが二人とも女の子なので、3月3日という日はそれなりの意味を持つ。特に、下の子にとっては今日が初節句ということになる。とはいっても、特に何かするというわけではない。せいぜい、飾ってあるおひな様の前で写真を撮ったり、ひなあられ代わりに買ってきた金平糖を何粒か食べたりする程度である。

うちに飾ってあるおひな様は、元々は妻の祖母が赤ん坊だった妻のために買ってくれたものである。にも書いたことだが、最近店頭で見かけるおひな様は妙に目がパッチリしており、どうも違和感を覚えてしまう。うちにある細い目のおひな様の顔の方が、何とも言えない品を感じてしっくりくる。おひな様の人形は一人一人に対するお守りや厄除けであるから、お下がりではなくあらためて買うべきだという言説を見たことがあるが、こういう高貴な顔をした二人を今風の顔の人形に置き換える気には、正直なところあまりなれない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3228

コメントする

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、natsuoが2020年3月 3日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「空っぽの棚」です。

次のブログ記事は「明け方の雪」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07