2020年5月アーカイブ

Gyoza.jpg今日はまた餃子をつくってみた。先月に引き続き、今回も合挽肉とネギの餃子である。これまで最もよくつくっていた豚挽肉とキャベツでつくるのと比べ、鍋にひっつくことが少なくて崩れにくい。おそらく、ネギからはキャベツほどには水分が出ないのでカラッとできるのだろう。

今回はいつもよりたくさんつくるつもりで、レシピよりやや挽肉の量を多くした。ところが、どういうわけかできた餃子は前よりも少なくなってしまった。餃子の中に入れるネギの量が少なかったのかもしれない。最近は上の娘が食べる量も増えたので、もう少しこしらえたいところだ。使わなかった餃子の皮が大量に余ってしまったので、近いうちにもう一度焼こうと思う。

Planters0530.jpgベランダのプランターで育てているバジル・大葉・イタリアンパセリは、今年は正直なところ、生育状況はいまいちだ。バジルはまあまあというところだが、大葉は例年より生長のスピードが遅いように思う。葉がなかなか大きくなってくれないのだ。このところ水やりをしすぎていたかもしれない。バジルのプランターにキノコが生えてきていたのも、結局夜中にじめじめした状態をつくってしまっていたからだ。水やりの頻度は季節によって変わるので難しいが、今の時期は朝だけにしておいた方がよいだろう。

大葉よりさらにもっと悪いのがイタリアンパセリで、種まきからそろそろ1か月になるというのに、ようやく芽がだいたい出そろったというくらいの状況である。ほぼ順調なスピードで伸びているのは10本のうち1本だけで、まだ根づいたのかどうか怪しいものすらある。昨年の今ごろと比べるとひどく遅れているのは明らかだ。やはり2年目の種はうまくいかない。自家採種ができなかったときは、無理をせず新しい種を買ってくるようにすべきだろう。来年以降の教訓としたい。

朝から会議

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝から会議。昨年度までは、朝一番に会議がある日は頑張って早く家を出なければいけなかった。今は保育園に子どもを送るという仕事がなくなったから、だいぶ余裕がある。おまけに、着いてからも会議室に急ぐ必要がない。自室で待機していて、時間になったらオンラインの会議室につなげばよいのだから、そういう意味ではだいぶ楽になった。

今日も午後は暑くなった。まだ部屋のエアコンが壊れており、窓を開けてもさほど風は入ってこない。来週になったら修理がいつになるのかもう一度問い合わせてみよう。

6時半過ぎに帰宅。

また謎のキノコ

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝、いつものようにベランダに出てみると、驚いたことにまたバジルのプランターからキノコが1本生えてきていた。この間と同じ種類のものだ。昨日の夕方に見たときには影も形もなかったので、一夜のうちににょきにょきと伸びてきたらしい。ちょっと調べたところでは、キコガサタケと呼ばれるキノコに似ているように思う。今年使った土に胞子が含まれていたのかもしれない。とりあえず、またすぐに除去しておいた。

今日も午後からだいぶ気温が上がった。勤務先では、次回の授業の準備や学生とのオンラインセミナーをする。この暮らしにも少しずつ慣れてきた。6時半頃帰宅。

エアコンの故障

| コメント(0) | トラックバック(0)

月曜、火曜とぐずついた空模様だったが、今日は一日を通して好天だった。それとともに、気温もますます高くなってきた。もう春という感じはしない。初夏がやってきている。

ちょっと涼もうと思って勤務先の居室でエアコンをつけたが、いつまでたってもひんやりしてこない。操作パネルを見たら、エラーメッセージが点滅していた。これからが大事な時期だというのに、故障が発生しているらしい。人を呼んで見てもらったが、少なくともその場ですぐ直るようなものではなかった。本格的に暑い時期が到来する前に何とか修理してほしい。

うちは家族そろって四本線の川の字で寝ているが、今朝はまだ外が暗いころ、寝相の悪い上の娘にいきなり左目のあたりを蹴られてしまい、しばらくうめいていた。手が当たるならまだ分かるが、なぜ足が頭の位置まで上がってきているのだろうか。困ったものである。

そして今夜、仰向けに寝ている下の娘の脇で自分も横になってあやしていたときのこと。こちらが一瞬目をそらして違う方向を向いたとき、下の子が突然ごろっと寝返りを打った。全く不思議なことだが、そのとき足がこちらの左目に当たったのである。今度はさすがにそこまで痛くはなかったが、姉妹からそろって左目を蹴られるとは思わなかった。

月曜日なので、線形代数学の講義と演習。例年ならちょうど中間試験をやるころだが、今年度はまだ3回目の授業である。先週はいろいろ不手際があったので、今回は何かやらかさないか少し慎重になって準備をしていた。まあもう大丈夫だろうと思いながら資料を見返していたとき、授業開始の10分前くらいになってミスを発見する。あわてて修正して何とか間に合った。どうも最後まで気が抜けない。幸い、それ以外に大きな問題は発生せず、前回に比べると少し落ち着いてできたように思う。ただ学生の方も慣れてきてしまったのか、チャットの反応などは少なめだった。

講義と演習が終わったあと、収録していた動画をアップロードするところまでやってから帰路に就く。明日はまた来週の授業の準備だ。

折紙の再挑戦

| コメント(0) | トラックバック(0)

全国的に緊張状態を解く流れになっており、広島でも一時期より緩んだ雰囲気になってきている。ローカルニュースによれば、昨日の人出もだいぶ戻ってきていたらしい。しかし学校もまだ完全には再開されていないし、すっかり元通りというにはほど遠い状況だ。上の娘が近所の子たちと近くの公園へ遊びに行ったほかは、うちでは今日も終日家で過ごした。

に折紙を折ってからだいぶ日が経ったので、また新しい折紙を折り始めている。今回選んだ作品は、実は10年くらい前に一度折ろうとしたものの、途中でどうしても分からなくなって投げ出してしまったものだ。一度挫折した作品に再挑戦するというのは、実は今まであまりしたことがない。今度こそ最後までたどり着きたいが、どうなるだろうか。

謎のキノコ

| コメント(0) | トラックバック(0)

Mushroom.jpg朝方、いつものように水やりをしようとベランダに降り、じょうろを持ってプランターに近づいた瞬間、思いもよらないものを見つけてびっくりしてしまった。バジルのプランターの中に、キノコが1本生えているのを見つけたのである。昨日までは全く気がつかなかった。いつの間に生えてきたのだろうか。ベランダでハーブ栽培を始めてもう6年くらいになるが、キノコが生えてきたということは経験がないような気がする。

とりあえず簡単に除去することはできた。このところ、水を切らさないように朝夕にたっぷり水やりをしているので、土がじめじめしすぎていたのかもしれない。そういえば、バジルのプランターでは土に混じった小石にうっすらコケが生えているものがあった。天気が悪かった日の夕方は水やりをひかえるなど、臨機応変に対処する必要がありそうだ。

運転免許の更新

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はいつもより早く家を出た。勤務先に向かう前に立ち寄るところがあった。運転免許の更新に行ったのである。新型コロナウイルス流行の影響で免許センターも業務を停止していた期間があったようだが、少し前からまた再開されていた。どうせ行かなければいけないのだから、さっさとすませてしまった方がよい。

幸い、免許センターはうちから車で10分程度のところにあってかなり近い。朝の受付は8時半から9時半までだったが、8時半すぐにはもう現地に着いてしまった。それでももう結構な人たちが集まっていたが、各エリアに配置されたスタッフの手際のよさは相当なもので、受付から申請書の記入、視力検査、写真撮影と流れるように進んでいく。大して待たされることもなく、更新講習が始まる1時間前にはもう一通りの手続きが終わってしまった。混雑を予想して早めに出てきたのだが、これならもう少し家でゆっくりしていてもよかったかもしれない。

講習が終わると無事新しい免許証が交付され、11時頃には解放された。その足で勤務先へ。午後は4年生とのオンラインセミナーをし、それからまた来週の授業の準備などをする。6時過ぎに帰宅した。

昨日に引き続き、今日も日中はずっと次回の授業の準備をしていた。内容はともかく、体裁や見た目についてはあまり細かいところにこだわっていても仕方がないと思うのだが、作業をしているとつい気になってあれこれいじってしまう。まだやらなければいけないことが残っているが、昨日と今日で峠は越えた。しかし、昨年度までのように金曜日にも講義と演習を抱えていたら、とても回らなかっただろう。たまたま担当者変更のタイミングが重なったのだが、こんな事態になるとは想像もしていなかった。

数日前、逆さまに生えてきたアサガオは、やはりうまく根づかなかった。今朝新たに種を植え直したので、これでまた欠かさず水やりをしながら数日様子を見よう。残り2鉢のアサガオは順調。ミニトマトも葉が増えてきている。バジルと大葉も着実に生長しており、今後が楽しみだ。

自転車操業

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝は霧が立ちこめていたが、やがてそれも消え、午後からは晴れて暑くなった。

昨日は2コマ連続で授業があってかなりくたびれたが、今日は取り立てて何もない日。ただ、今年はこういう時間を利用して次回の授業の準備をしないといけない。今日一日でだいぶ進めたのだが、それでも最後までは到底終わらなかった。この調子では、当分は自転車操業で何とかやっていくことになるだろう。

トラブル続き

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はオンライン講義の2回目。先週の1回目は本当にうまくいくかがかなり心配だったが、結果的にはまあまあ無難に進行させることができて一安心だった。もう流れが分かったから、今日はもう大丈夫、と少し落ち着いた気分で臨んだ。

ところが、落ち着いた気分のつもりでいたのは、実際は今はやりの「気の緩み」だったのかもしれない。事前の準備のミスや出欠チェックシステムの設定の不備などトラブルが相次いでしまった。説明もちょっとうわついていて、どうも今ひとつ調子が出なかった。終わったあとはぐったり。いろいろ反省すべき点が多かった。

来週はぬかりなく準備をして、もう少しスムーズに進行させたい。

Harusame.jpgUpsideDown.jpg今年はベランダにアサガオの植木鉢が3つもあるが、そのうち2つはすでに芽が出ている。ただ、2つのうちの1つは、ちょっと芽の出方がおかしいことに気がついた。よく見ると、地表に出るべき葉の方が地面にまだ潜っており、反対に根っこと思われる部分の方が頭をもたげている。ちょうど倒立でもしているような格好だ。アサガオは今年で3年目だが、こんなのは初めて見た。向きを修正してやるべきなのかどうかがよく分からない。今日のところはさわらないでおいたが、今のうちにひっくり返してやった方がいいのかもしれない。

夕飯は、挽肉と春雨の炒め物にした。にもつくったことがあるが、材料を切って炒めるだけだから簡単だ。今は子どもに手がかかるので、夕飯はあまり手がかからないものの方がよい。レシピより春雨をだいぶ多くしてしまい、春雨の塊に挽肉とネギがまぶしてあるような形になってしまったが、味は悪くなかった。

ItalianParsley0516-2.jpgItalianParsley0516-1.jpg一昨日、ベランダのプランターにまいたイタリアンパセリの種はまだ芽を出さないと書いたが、今朝になってはじめて、1本の芽が頭をもたげているのを発見した。種をまいてからちょうど2週間かかってようやく動き出したことになる。ひとまずホッとしたが、しかし何しろまだたった一つである。予定では10本くらい芽吹かせたいのだが、まだほかの種はじっとしたままでうんともすんとも言わない。もっとも、6年前にはじめてハーブ栽培を始めたときも、イタリアンパセリは種まきから3週間近く経ってようやく芽を出し始めたので、古い種はとにかく時間がかかるのは確かなようだ。もう少し発芽することを期待して様子を見よう。

そのほか、3種類のアサガオのうち、2種類はすでに芽が出始めている。ミニトマトの葉も少しずつ大きくなっている。バジルと大葉も今のところは順調だ。毎朝、芽が少しずつ大きくなっている様子を確認するのは楽しい。

Ooba0514.jpgPlanters0514.jpg今月2日、ベランダのプランターにバジルと大葉の芽を移植してから、今日で12日が経過した。植え替え直後はそれぞれの株がちゃんと根づくかちょっと心配だったが、幸いどの株も少しずつ葉が大きくなってきており、何とかうまくいっているようだ。バジルも大葉も、一対の本葉の間から次の葉が顔をのぞかせ始めているのが確認できる。ここから先は、いかに害虫による食害を食い止めるかだ。去年のように、コガネムシの幼虫に根を食い荒らされることだけは防ぎたい。

一方、同じ日に種をまいたイタリアンパセリは、今日の時点でもまだ芽を出した種はない。2週間以上はかかることが普通だからまだ分からないが、全く変化がないとやはりちょっと心配になる。実は今回は古い種を再利用してしまったので、新しいものより発芽率は落ちているはずなのだ。それでも何とか頑張ってくれないかと期待している。

代数と靴

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は朝早くから会議。もちろんオンラインである。一昨日の授業を各クラスで担当した教員が集まり、それぞれの実施状況や反省点などを話し合った。まだみんな手探り状態というところである。その後はまた次回の授業の準備をして過ごした。

最近は、上の娘の就寝時にドリトル先生シリーズを読み聞かせしている。今は「ドリトル先生航海記」なのだが、航海に出ようと準備をしている先生の元へ、アフリカからオックスフォード大学に留学に来ている人物が訪ねてくるくだりがある。そこでドリトル先生が大学生活は好きかとその人物に問うのだが、その答えを読んだときは笑いをこらえきれなかった。

「私は、代数と靴のほかは、みんなすきでございます。代数は頭を痛くします。靴は足を痛くします。けさ、私は学校の門を出ると、へいの向こう側に、靴を投げすててきました。そして代数も、ここにくるまでに、さいわい、すっかり忘れました」
よりによって、代数を嫌いなものの代表みたいに言われてしまった。ドリトル先生もたしなめるようなことは口にせず、航海についてきてくれればそれも勉強になる、などというようなことを言う。作者のヒュー・ロフティングにとっての代数は、無味乾燥で何の役にも立たないものの代名詞だったのだろう。この児童文学が世に出たのは1922年だが、100年近く経った今でも、代数学に同じような印象を持っている人は多いのかもしれない。ただ、学生には「さいわい、すっかり忘れました」とはあまり言われたくない。

静かな一日

| コメント(0) | トラックバック(0)

暖かいを通り越して、汗ばむような陽気の日が増えてきた。今年の夏も暑くなりそうだ。

昨日のオンライン授業が終わって一息つき、今日は静かな一日だった。日中は、来週頭が締切の書類を作成したり、次回の授業の準備をしたりして過ごす。これまでは用意したノートを手に教室へ行って板書していればよかったが、今年はある程度資料を作り込んでいかなければならないので、夏まではずっと準備作業にあくせくすることになりそうだ。

6時半頃帰宅。

今日はかなり緊張して出勤した。今日からいよいよ延期されていた授業期間が始まる。もちろん、昨今の状況を鑑みてすべてオンラインである。そしてその一日目に、いきなり自分が担当する講義と演習が来るのである。何かトラブルが起きないか、ひどいミスをやらかさないか、いろいろ気になって仕方がなかった。

結論から言えば、いくつかの反省点はあったものの、大きな問題は起きず何とか切り抜けることができた。事前に用意していた資料を見せながら説明し、例題の解説などではタブレットに手書きで書いていくことで、板書していたときのスタイルをある程度残すという試みも、だいたい思っていたイメージでできたように思う。やはり数学は書いてなんぼのもの。プレゼンファイルで紙芝居だけ見せられるのでは、なかなか頭に入らないと思うのだ。

とりあえず最初の1回を乗り越えられてホッとした。しかしまだ始まったばかり。来週の第2回に向けて明日からまた準備をしよう。

この土日は天気が悪かった。しかし、日差しがなくても寒さをほとんど感じなくなった。明日からはまた青空が戻ってくるようだ。

KeemaCurry2.jpgKeemaCurry1.jpg先日、タマネギを長時間炒めてカレーベースをこしらえたが、今日はそれを使って久しぶりにキーマカレーをつくってみた。独り身でなくなってからインドカレーを一からつくるという営みを始めるようになったが、今までで一番つくったのはチキンとタマネギのカレー、その次がおそらくこのキーマカレーだ。基本的な具材は挽肉とグリーンピースだけだが、クミンやコリアンダーのスパイスにカレーベースのタマネギの甘みが加わり、何とも深い味わいになる。につくってから5年以上も経ってしまっていたが、一口食べると味の記憶がすぐよみがえってきた。レッドペッパーやガラムマサラの辛みスパイスは控えめにしたので、上の娘も問題なく食べられたようだ。

カレーベースはまだ2回分ほど残っており、2つの袋に分けて冷凍しておいた。また近いうちにこれでつくってみよう。

一昨年から、ベランダでアサガオの栽培も続けている。思いつきで始めたら、8月から9月にかけて毎日のように咲く花を楽しむことができ、これはよいと翌年も続行することになった。青雲という品種で、さわやかな空色の花を咲かせる。今年は3年目。どうせなら、違う種類のアサガオをもう一つ育ててみてはということになり、近所のホームセンターで絞り咲きの品種の種を買ってみた。

flowerpots.jpgところが、買ってきた次の日、休校期間継続が決まった娘の小学校から、「アサガオの種を渡すので自宅で育ててください」との知らせが来た。学校の課題とあっては、やらないわけにはいかない。かくして、青雲と絞り咲き、そして小学校で渡された品種の3つを育てることになった。

今年はさらに、それに加えてもう一つ始めるものがある。上の娘が、自分も何か収穫が得られるものを育てたいというので、ミニトマトに挑戦してみようかということになり、少し前に育苗ポットに種まきをしていた。今日は3つのアサガオの種まきに加えて発芽したミニトマトの植え替えの作業もすることになり、植木鉢を4つも並べることになってしまった。

これだけ増えると、土だけでもかなりの量が必要になる。事前に用意していた分では足りなくなり、今日の午前中にホームセンターまで買いに行かなければならなくなった。前に買ったものは売り切れており、やむを得ず別の土を購入。前のものとは土の感触も色もずいぶん違っており、あとから土を入れた2つの植木鉢は土の色がずいぶん黒っぽくなった。さて、あとはこれらが順調に育ってくれるかどうか。期待して見守ろう。

大量のゴミ袋

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝方、ときどき出勤前にゴミをゴミ捨て場に出しに行く。うちのあたりでは火曜日と金曜日が可燃ゴミ、第1・第3木曜日が金属やガラスなどの資源ゴミ、水曜日がプラスチックゴミなどと決まっている。今日は可燃ゴミの日だったが、ゴミ捨て場の引き戸を開けたら、大量のゴミ袋がうずたかく積み上がっていた。そういえば昨日の資源ゴミの日も、普段よりずっと多い量のゴミでゴミ捨て場がぎっしりと埋まっていた。連休中はゴミの収集がお休みだったし、みんな出かけずに家にいたはずなので、ますますゴミがたまりやすかったのだろう。

今日もオンラインセミナー中にネットワークが切れるトラブルがあったが、これは自分の機器のローカルな問題で、やり直したらすぐ復旧した。週明け月曜日に2コマ連続で授業をしなければならないので、そこをトラブルなく切り抜けられるかどうか。何か起きる可能性は否定できないが、少なくとも自分のミスで問題が起きることはないように心がけたい。

普段の年なら、連休が終わった次の日は非日常から日常へとガラッと世界が変わるように感じられるのだが、今年は毎日が非日常の連続のため、いつものような感覚がない。むしろ、連休中の方が普段の休日と近く、日常から非日常へと変化したかのような気すらしてしまう。

今日は一応出勤したのだが、午後3時過ぎあたりから大規模なネットワーク障害が発生し、全くネットにつながらなくなってしまった。しばらく待っていたが復旧せず、夕方にやむなく引き揚げる。今は普段以上に仕事全体がネットワークに依存した形で行われており、ここがダウンしてしまうとほとんど何もできなくなってしまう。来週からもトラブルが発生しないか、少々心配ではある。

帰宅して今日のネットワークトラブルの話を妻にしたところ、実は家でもネットにつながらなくなったとのこと。調べてみると、確かに一部の機器が不通になっていた。不可解なのは、正常に稼働していた機器もあったこと。無線LANの再接続やルータの再起動をあれこれやっていたらやがて復旧したが、何が起きていたのかどうもよく分からないままだった。今日はどうもネットワークトラブルの日らしい。

今日も、午前中に買い物に出たほかはずっと家で過ごした。一昨日バターが品薄と書いたが、近くのスーパーに今朝行ってみたら店頭に数個並んでおり、無事買うことができた。連休が終わりに近づいたところで在庫が戻ってきたということは、みんなお休みの間に家でお菓子でもつくろうとしていたのではという推測も、見当外れではないのかもしれない。

午後は少し来週から始まる授業の準備をする。まだいろいろ手探りの状態だ。うまくいくイメージを早く何とか構築して落ち着きたい。

Napolitan.jpg今日は午後から詰備会に参加した。といっても、今のこの状況で、いつものような詰将棋の会合が開けるわけもない。オンラインの会合である。自分がいたのは2時頃から2時間くらいだけだったが、オンライン会合の独特の雰囲気を味わえた。もっとも、普段の会合とやっていることは同じで、誰かが自分の新作なり、過去の名作を出して、その場に居合わせた人がああでもない、こうでもないと言って解き合う。このところ詰将棋の会合は欠席が続いていたが、久しぶりの参加がこういう形のものになるとは思いもよらなかった。参加者の一人のマイクから幼児の声が始終鳴り響いていたのは、オンラインならではのできごとだった。

夕飯はまた台所に立った。今日はナポリタン。につくったのは5年前で、これもずいぶん久しぶりだ。加えた具はタマネギ、ピーマン、ウィンナー、ニンニク。基本的には切ってケチャップと一緒に炒めるだけだから、そう難しいところはない。よく火を入れて焼き炒める感じでやるのがいいと聞いていたので、心持ち時間をかけてじっくりといったつもり。まあまあの味のものができて、ひとまず満足。

5連休の二日目。といっても、相変わらず一日のほとんどの時間を家で過ごすことに変わりはない。

朝方に、外の空気を吸うことも兼ねて一人で近くのスーパーへ出かけた。このところバターが品薄で、店に行っても空っぽの陳列棚をよく見る。午前中ならと思って行ってみたがダメだった。小麦粉もほとんど置いていないことが多い。みんな連休中は家でお菓子作りでもしようということなのかもしれない。一方、長らく完全に店頭から消えていたマスクは、ごくたまに一部の店で入荷することも増えてきたようだ。私と入れ違いに別の店へ買い物に出かけた妻が、ドラッグストアで売られているのを見かけたとのこと。ようやく状況が変わってきたのかもしれない。

CurryBase.jpg今日は久しぶりに、インドカレーをつくるうえで便利なカレーベースをつくってみた。長い時間をかけてタマネギを炒め、トマト缶を少し加えて酸味もつけたものだ。これを元にカレーをつくると、かなり本格的なインドカレーができる。ただ何しろ時間がかかるので、もう長いことやっていなかった。につくったのはもう6年も前のことだ。

本来なら色が黒くなるまで炒め続けるのだが、時間が足りなくなって早めに切り上げたために、明るい色の仕上がりになってしまった。まあこれでも何とか使えるだろう。今日は作業はここまで。いったん冷蔵庫に保存しておき、日をあらためてカレー作りに使うことにする。

Ooba0502.jpgPlanters0502.jpg今日は予定通り、食品トレイで育成していたバジルと大葉の芽をプランターに移植する作業を行った。すでにバジルはまいた種のほとんどが発芽して双葉をつけており、押し合いへし合いして窮屈な状態になっている。この中から元気のよさそうなものを8本選び、プランターに慎重に移し替えた。続いて大葉も移植作業を実行。こちらはバジルほど葉は大きくなっていないが、一部はすでにごま粒のような本葉が見え始めており、プランターに移すのが早すぎるということはなさそうだった。こちらは6本を選んで移植。問題は、これらがちゃんと根づくかどうかだ。移植して数日は葉の生長が止まっていることが多く、うまくいくのか心配になる。連休中は水やりとともに観察を怠らないようにしよう。

また今日は、小さいプランターにイタリアンパセリの種もまいた。イタリアンパセリは移植を嫌うそうなので、いつもプランターに直接種をまいている。イタリアンパセリは芽が出るのが遅く、2週間くらいは待っていないといけない。こちらも毎日状態をチェックしよう。

大波乱の4月が終わり、今日から5月。今月も異常な状況は続く。もうこれが新たな日常になりつつある。

今日はだいぶ暖かくなった。時間によっては暑いと感じるほどだ。昨日までは最低気温は10度を下回っていたのに、今日からの天気予報では、月が変わるのに合わせたかのように気温が二桁の数字になっている。今までは冬物の衣類や下着も着られるようにしていたのだが、この分だともう必要になる日は当分来そうにない。衣装ケースの中身を入れ替え、夏物の服を出してきた。半袖が当たり前になる日も近そうだ。

明日から連休だが、今は平日でも出勤しない日もあるし、休日だからといって遠出することもできないから、何だかあまり特別な時期という気もしない。淡々と過ごす毎日になりそうだ。

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、2020年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2020年4月です。

次のアーカイブは2020年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07