プランターの様子

| コメント(0) | トラックバック(0)

Ooba0514.jpgPlanters0514.jpg今月2日、ベランダのプランターにバジルと大葉の芽を移植してから、今日で12日が経過した。植え替え直後はそれぞれの株がちゃんと根づくかちょっと心配だったが、幸いどの株も少しずつ葉が大きくなってきており、何とかうまくいっているようだ。バジルも大葉も、一対の本葉の間から次の葉が顔をのぞかせ始めているのが確認できる。ここから先は、いかに害虫による食害を食い止めるかだ。去年のように、コガネムシの幼虫に根を食い荒らされることだけは防ぎたい。

一方、同じ日に種をまいたイタリアンパセリは、今日の時点でもまだ芽を出した種はない。2週間以上はかかることが普通だからまだ分からないが、全く変化がないとやはりちょっと心配になる。実は今回は古い種を再利用してしまったので、新しいものより発芽率は落ちているはずなのだ。それでも何とか頑張ってくれないかと期待している。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://monsieur.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3293

コメントする

2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、natsuoが2020年5月14日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「代数と靴」です。

次のブログ記事は「イタリアンパセリも発芽」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07