2020年6月アーカイブ

荒れ模様の天気

| コメント(0) | トラックバック(0)

夜明け前にかなり強く降ったようで、朝もまだときおりザーッと降り込んできていた。出かけるころには少し落ち着いてきているように思えたが、雨が小康状態になっても風がやまず、かなり荒れ模様の天気。夕方までずっとこの調子だった。天気予報を見ると、2日ほど曇りの日が続いたあとはまた雨続きになるらしい。今年の梅雨は全然手を抜かない。

今日で6月も終わり。2020年の前半は、年頭には想像もつかないようなことになった。次の6か月でいったい何が起きるのか。いろいろ穏やかでない事態が発生するのは間違いない。何とか世の中が落ち着くころまでやり過ごしたいものである。

また月曜日が巡ってきた。今期は火曜日から木曜日くらいまで授業準備を必死にやり、翌週の月曜日にそれを一気にはき出すというサイクルを繰り返している。授業の準備も、結局どこまで頑張るかは自分の裁量の部分もあり、あまり細かいことまでこだわらずあっさりした資料にすれば、もう少し余裕ができるのかもしれない。しかし実際に作業を始めると、なかなかそうもいかない。

2コマ分やって、今日もぐったり疲れた。実は先週中程から、舌に口内炎ができており、ずっと痛みを感じている。金曜日、土曜日あたりがピークで、食べるときなどはかなりきつかった。今は峠を越えているが、まだ完治はしていない。今日も舌をかばいながらしゃべっていた。まあだいぶよくなってきたので、あと数日で何とかなるだろう。

OrigamiSamuraiHelmetBeetle2.jpgOrigamiSamuraiHelmetBeetle1.jpgまた折紙を折ってみた。今回は久しぶりに、王道ともいえるRobert J. Lang氏の昆虫ものに挑戦。題材として選んだのはカブトムシである。35cm×35cmのビオトープと呼ばれる紙を用いた。

実は、本作はずいぶん前に一度挑戦している。11年前のに意を決して折り始めたのだが、途中で折図と形がずれてきてしまい、暗礁に乗り上げてしまったのだ。きっとどこかで間違えたはずと思いつつも、ずっとそのままになっていた。今回はそのときの轍を踏まぬよう、折図をよく見て慎重に折っていったつもりだったが、やはり中盤までさしかかると、折図の絵と実際の紙の形状が微妙に違っているように見える。また失敗したか......と不安がよぎったが、適当に調整しつつ先を進めていくと、何とか終わりまでたどり着くことができた。実は細かいところでは少し折図と違ったままのところもあるのだが、全体としてカブトムシの形にはなっているように見えるし、今回はこれでよしということにしたいと思う。

これまで折ってきた複雑系折紙の作品の中では、Robert J. Lang氏によるものがダントツで多い。精緻でリアルな造形でありながらバランスの取れたデザインは、やはり魅力的だ。またそのうちとりあげてみたいと思う。

(折紙モデル:「カブトムシ」 "Samurai Helmet Beetle", Robert J. Lang 「折紙図鑑・昆虫II」 "Origami Insects II"(おりがみはうす)所収)

ShrimpCurry2.jpgShrimpCurry1.jpg先月、タマネギを大量に炒めて3回分のカレーベースをつくり、月末にそれを1つ使ってキーマカレーをつくった。残り2回分のカレーベースは冷凍してあったが、今日はそのうちの一つを解凍し、エビと合わせてエビカレーをつくってみた。カレーベースがあると、あとは具材とスパイスを用意するくらいで、やることはそれほど多くはない。しかも今回は、エビの殻むきを上の娘が全部引き受けてくれた。レシピでは殻付きのまま使うことになっているのだが、だいぶにこれをレシピ通りにやったときは、少々食べにくく感じたのだ。

使ったスパイスは、クミン、コリアンダー、ターメリック、レッドペッパー、パンチフォロン、ガラムマサラ、アムチュール。パンチフォロンというのは5種類くらいのスパイスを混ぜたスパイスで、このエビカレーをつくるときくらいしか使わないから、ずっと前に買ったものが余っている。5種類のうちの一つがカロンジと呼ばれる黒い粒状のスパイスで、これができあがりにも黒ごまのように散らばっていた。

子どもも食べるから、スパイスは控えめにしたつもりだった。ただ、食べてみるとそれでも辛みがじわじわ利いてくる。レッドペッパーやショウガの千切りはもっと減らすべきだった。カロンジも少し辛みを感じるのかもしれない。また、エビも少し火を入れすぎて固くなったようだ。おいしいことはおいしいのだが、もう少しマイルドにつくればよかったなというのが今日の反省点だった。

Fruitings.jpgMiniTomatoFlowers.jpgミニトマトの花は、一つの側枝に10個くらいの花がつく。第一グループの花がそろそろ終わりに近づき、今は第二グループの花が咲き始めたところだ。第一グループの枝を見ると、主枝に近い方ではすでに花びらが落ち、あとからいよいよミニトマトが着果していることが確認できた。一番大きなものでもまだ直径1センチ程度だが、もうトマトらしさを感じさせる丸みを帯びている。ここまで、支柱を立てたほかは水やり程度で特に何もしていないのだが、そのわりには背丈も1メートルほどに達し、比較的順調に育ってくれているように思う。

ただ、心配なのは、これからの季節は虫害がひどくなることだ。毎年、ハーブはコガネムシだのアザミウマだのにやられて痛い目に遭っている。薬剤をまけば虫を防ぐことはできるが、できればミニトマトではあまり強い薬は使いたくない。収穫まではあと2週間くらいはかかるだろうが、何とかそれまで無事に育ってほしいものだ。

梅雨ふたたび

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日までずっと青空の広がる天気が続いていたが、今朝起きてみると厚く雲が垂れ込め、しとしとと雨が降っている。部屋が薄暗くて、しばらく電気をつけていなければいけないほどだった。天気予報によれば、今日から傘のマークがついている日が多い。新型コロナウイルスはいつ第2波が来るかという話になっているが、梅雨については今日からが第2シーズンということになるかもしれない。

午前中、学生とリモートで面談をする。その後は来週の授業の準備。毎週準備にどうしても多大な時間を割かねばならなくなる。2時から学生とセミナーをし、4時半頃からは準備の続き。帰るころに、ようやくだいたいのものができる。外に出ると、雨はもうやんでいた。

昨夜、さあもう寝ようというときに事件が起きた。妻が「出た、出た!」という突如慌てたような口調で叫ぶ。何かと思ったら、天井に近い壁にアシダカグモが這っているのである。この家では、ときどきこの蜘蛛に遭遇する。はじめて出くわしたのは8年前で、このときはベランダの扉から勝手に出て行ってくれた。次は6年前で、このときは2匹出てきた。3回目は2年前。そして昨日である。どうも2年に1回のペースで遭遇することになっているらしい。いずれも時期は6月から7月で、ちょうど今ごろだ。

さて、見つけてしまった以上は排除しなければならない。準備をしているうちにいったん姿を見失ったが、やがて和室を歩いているところを見つけた。しかしちょっと近づこうとしただけで気配を感じ取られ、凄まじい速さで電子ピアノの後ろ側に逃げ込まれてしまった。しばらく待ってみたが、攻撃できるようなところに出てくる様子がない。もう夜も遅く、眠くて仕方がなかったので、追跡をあきらめて寝室に撤退した。

朝になり、もうあれに遭わずにすめばそれが一番よいが、と考えながら、台所で娘の飲むお茶を準備しようとしていた。そしてふと床を見ると、あの蜘蛛がゆっくりと台所から居間に歩いて行こうとしているのである。いくらでも隠れている場所はあるのに、まるで見つけてもらいたいとでも考えているかのようだった。慌ててまた捕り物の準備をする。今度は広い場所にいてくれたため、昨日用意したガムテープつきの棒でうまく仕留めることができた。しかし、朝から緊張を強いられてくたくたである。もう今年はこれで終わりにしてほしいものだ。

少々寝不足気味

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も晴れ。ただ天気予報によれば、好天は明日までのようだ。明後日からはまた梅雨前線の下に入るらしい。

上の子が小学校に行くようになり、家族がそれに合わせて起きるようになった。9時頃までに行けばよかった保育園時代とは1時間以上早い。にもかかわらず、就寝時間は前とそれほど変わっていない。加えて下の子が夜中に一度か二度は起きて泣くので、最近は少々寝不足気味。長い時間寝続ける術を身につけてくれれば楽になるのだが、今の様子ではもう少しかかりそうだ。

折り返し点

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も天気は晴れ。金曜日から雨は降っていない。梅雨に入ったといっても、実際はこうやって中休みの時期が結構ある。おそらく、来月にまた大雨の日があるだろう。

月曜日なので、また線形代数学の講義と演習の日。幸い、大きなトラブルもなく終わった。これでほぼ半分を消化し、折り返し点のあたりまで来たことになる。まだまだ気が抜けないが、何とか頑張っていこう。

今日もよい天気。11時に車のディーラーのところまで赴き、6か月点検を受けてくる。上の娘は子ども向けの絵本やおもちゃが接客スペースに置いてあることを知っており、それを目当てについてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止を理由としてそういうものはすべて撤去されてしまっていた。今はどこもこんな感じだ。

TarakoPasta.jpgEclipse.jpg夕方、部分日食があった。日食といえば、東京で金環日食が見られた8年前を思い出す。今回はあのときと比べれば欠け方は少ないが、ベランダでお隣との間を仕切るボードに小さい穴がたくさんついており、そこを通った日光がみんな欠けた形になって並んでいた。

今年はプランターの大葉の生育状況は今ひとつだが、それでも葉が少しずつ増えてきたので、このへんで摘芯を行うことにする。葉が十数枚収穫できたので、いつものようにたらこパスタをつくった。和えるだけで実に簡単なのに、これがかなりおいしい。たっぷり山盛りにして、きれいに平らげてしまった。

三次に行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も好天に恵まれる。東京では相変わらず感染者が数十名報告されており、収束したとはとても言えない状況だが、昨日からは遠方への移動も許されるようになった。広島では長い間感染者は出ていないことになっているものの、まだ心配が全くなくなったわけではない。いろいろ考えて、三次まで久しぶりに足を伸ばしてみることにした。去年の7月以来で、ほぼ1年ぶりである。

Mirasaka2.jpgMirasaka1.jpg午後から出発し、2時半頃に現地に到着。まず三次ワイナリーに立ち寄ってジャムなどを買う。店の中は、以前よりやや少ないかなという程度で、それなりに買い物客で賑わっていた。そこから三良坂フロマージュへ。去年行ったときは店の脇のケージにアヒルがいたが、今日は真っ白な仔牛がのんびりしていた。ヤギのチーズを買い、ソフトクリームをその場で食べる。感染拡大防止のため、ソフトクリームを店内で食べることはできなくなっていた。

最後にみよし運動公園へ。妻が下の娘を抱えてトレッタみよしで買い物をしている間、上の娘を公園の遊具で遊ばせる。去年来たときは娘はここで転倒して泣きべそをかいていたが、今日は心ゆくまで遊べて満足したようだった。

5時過ぎに帰路に就く。久しぶりの遠出だった。

ItalianParsleyFlowers.jpgTomatoFlower.jpg朝起きてみると、もう雨はやんでいた。雨雲の分布を調べると、四国や九州ではまだ大雨が降っているが、広島は雲の通り道から外れたようで、もう大丈夫そうだった。実際、午後からは日差しが出てきた。

ベランダでは、今年からミニトマトの栽培も試みている。1年目にしてはなかなかうまくいっており、背丈も相当高くなってきた。数日前からは、黄色い花が咲き始めている。花びらが外側に反り返ったような形をしており、中央に吸い口のようなものが細長く伸びている。どうもこの中におしべとめしべが格納されているらしい。あとはこれが着果するかどうかだ。

去年に種をまいたイタリアンパセリも、少し前から花が咲き始めている。こちらはもっと小さくて華奢な花だ。このところ、イタリアンパセリはうまく採種することができないでいる。

最近のニュース

| コメント(0) | トラックバック(0)

しばらく晴れた日が続いていたが、今日はまた梅雨空が戻ってきた。一日中降り続き、ときどき雨脚が強くなる。夜もかなり降っていたが、どうやら峠を越えたようだ。

先週、一つ歳をとってから10日ほど経つ。46から47になったわけだが、最近のニュースを見ていると、このあたりの年齢の人物がやたらに登場するように思えるのは気のせいだろうか。アメリカで警官に首を押さえつけられて亡くなった男性は46歳だったし、不倫で騒動になっているお笑い芸人も47歳、咽頭がんで休養することになったお笑い芸人もやはり47歳ということだった。そして今日逮捕された政治家夫婦も、妻の方は46歳である。元々第2次ベビーブームまっただ中の世代で人口が多いのは確かだが、それにしても何だかよく出てくる気がする。自分はこの1年、穏やかに過ごしたいものである。

Genovese.jpgBasilLeaves.jpgベランダのプランターで育てているハーブのうち、バジルがかなり大きくなってきた。何本かは、花芽のようなものができかけているのが見える。そろそろ摘芯の頃合いだ。普段なら週末まで待つところだが、このところいろいろなアクシデントが起きて予定通りにハーブが育たないことが増えている。バジルは今のところまあまあ順調ではあるものの、ある日突然病気か害虫にやられてすっかりダメになることもないとはいえない。確実に収穫を得るべく、今日摘芯作業を実行してしまうことにした。

摘み取った葉の重さは46グラム。早速これをフードプロセッサーにかけてバジルペーストをつくる。毎年、つくるときはニンニク、松の実などのナッツ類、パルミジャーノチーズを加えている。今回もニンニクは入れたが、ナッツ類とパルミジャーノチーズはあいにく切らしていた。例年と比べるとだいぶあっさりしたものになったが、これはこれでよいだろう。

早速、ジャガイモとインゲンを使ってジェノベーゼをつくってみた。バジルペーストの味はおいしかったが、少し塩味が足りなかったこと、注いだパスタのゆで汁が少なくて水気が足りなかったこと、ジャガイモをゆですぎて形が崩れてしまったことなど、反省点の多い仕上がりだった。次回はこの点に注意してつくろう。

アジサイの季節

| コメント(0) | トラックバック(0)

Ajisai2020-2.jpgAjisai2020-1.jpg昨日までずっと雨が降り続いていたが、今朝は久しぶりに青空が広がった。晴れればそれだけ蒸し暑さが厳しくなるのだが、それでもどんよりした空模様ばかり見ていると、やはり暖かい陽光が恋しくなる。

住んでいるマンションにはあちこちにアジサイが植えられており、今月に入ってから色とりどりの花を咲かせている。特に車で駐車場を出るとき、右にカーブする短い下り道の先にある真っ青なアジサイにはいつも目を引かれる。出勤前に毎日その脇を通過するのだが、今日はその青がひときわ鮮やかなような気がして、思わず停車して1枚撮ってしまった。この色を楽しめるのもあと1週間くらいだろう。

月曜日なので、線形代数学の講義と演習を行った。もうこのオンライン授業も6回目だが、未だに何かトラブルが起きることが多い。ただ今日は幸い、ほぼ予定通りに授業を進めることができた。

EggplantsZucchiniPasta.jpg梅雨前線の勢いは今日も衰えなかった。お昼から午後にかけて、土砂降りになる時間帯もあった。水曜日に梅雨入りしてから、5日間は太陽を見ていない。明日は久しぶりに晴れるという予報になっている。

冷蔵庫にナスとズッキーニがあったので、トマトソースのパスタをつくってみた。ニンニクと野菜を炒めてトマト缶と和えるだけなのでほとんど何の手間もかけていないが、これでも十分おいしい。ナスとズッキーニは同じタイミングでフライパンに投入してしまったが、ズッキーニの方が油を吸ってしんなりするまでに時間がかかるので、少し時間差をつければよかったかもしれない。また、今度やってみるときはショートパスタを使ってもいいだろう。

今日も梅雨雲は活発で、お昼頃はかなり激しく雨が降っていた。午前中に妻の歯医者の予約があり、街中まで車で送る。いったん家に戻ったあと、処置が終わるころにもう一度出かけてデパート地下の駐車場で合流。デパートに行ったのは、その中にある眼鏡店を訪れるためだ。この店でつくってもらったメガネをこの3月からかけているが、長時間かけていると少し耳が痛くなってくる気がしたので、つるの角度を少し調整したかったのである。外出自粛の期間が続いたためしばらく我慢していたが、これでやっとかけ心地がよくなった。

天気が悪いこともあり、夕方に近所のスーパーへ買い物に出たのを除けば、午後はずっと家にいた。

今日も降ったりやんだりの天気。梅雨らしい空模様が続いている。

Planters0612.jpgベランダのプランターで育てているバジル・大葉・イタリアンパセリだが、今年はどれも生育状況がよくない。一番ましなのはバジルだが、それも過去の同じ時期と比べると葉の勢いがあまり感じられない。もっとひどいのが大葉で、葉が大きくならず「大葉」の名折れになってしまっている。例年ならもう摘芯をしていてもいいころだ。いわゆる「うどんこ病」と思われる白い斑点も少し確認できる。

こうなった原因は、ある程度見当がついている。今年の春は、水やりを怠ったことが原因で秋から育てていたルッコラを何本か枯らしてしまった。それですっかり水やりに神経質になってしまい、バジルや大葉に朝だけでなく夕方にも水を与えていた。今から思えば、明らかにこれがまずかった。土が常にじめじめした状況になってしまい、土壌が酸性化したり、根が腐ったりする悪影響が出たと思われる。考えてみれば、キノコが生えてくるなんておかしいのだ。

土壌のpHが改善することを期待して苦土石灰を散布してみたが、効果は限定的だろう。まあ今年は何とか枯らさないように最後まで持って行くことを目標にした方がよさそうだ。

本降りの雨

| コメント(0) | トラックバック(0)

梅雨というものは、最初はただの曇天だったりしとしと小雨が降ったりする程度で、徐々に降り方の激しい日が増えてくるという印象がある。しかし今年は序盤からやる気十分のようだ。上の娘が登校していったときからもう本降りだったが、その後さらに雨脚が強くなり、風も吹いて荒れ模様の天気になる。こんなときに限ってマンションの駐車場が点検作業中で、雨の中を代替駐車場まで歩いて行かなければいけないのには閉口した。強い降りはお昼頃まで続いたようだ。

今日は午後から大学院生とのセミナーだった。来週の授業準備は今日までにだいたい終了。いつも火・水・木で何とかだいたい準備を終え、翌週の月曜日に一気に使い果たすというサイクルになりつつある。自由な時間がもう少しほしいが、しばらくはこの調子でやっていくしかないだろう。

梅雨入り

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日まで青空の広がる暑い日が続いていたが、天気予報の通り、今朝は起きてみるとどんよりした曇り空。ほどなくしてポツポツと降り始めた。やはり今日から梅雨入りということになったようだ。いつも自分の誕生日前後に入梅となることが多いが、今年もその通りだった。

昨日からマンションの駐車場が使えなくなっているので、行きと帰り、スーパーの駐車場まで歩く。幸い、どちらもちょうど雨がやんでいる時間帯で、傘は差さずにすんだ。

また一つ

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も晴れて暑い一日だった。勤務先ではずっと来週の授業の準備をしていた。今日からしばらくマンションの駐車場が使えないので、帰りは近所のスーパーの駐車場に車を止め、歩いて帰宅。

今日でまた一つ、歳をとった。もうだいぶ前から、誕生日といってもほとんど何も変わらない日常が続くのが当たり前になっていたが、今年は非日常な方が毎日続くという不思議な世界になってしまった。勤務先で学生も含めて誰とも実際に対面せず、授業すら自室でタブレットに向かって行うことになるとは、全く想像もできないことだった。

帰宅すると、妻と娘がお祝いをしてくれた。いつもより豪華な夕飯をいただき、自家製ティラミスも味わい、プレゼントももらった。やはりこういう非日常の方がよい。今日からの1年も、何とか頑張ってやっていこう。

今日も暑くなった。しかし天気予報を見ると、明後日から傘マークが連続している。梅雨入りは近い。

月曜日なのでまた線形代数学の講義と演習。今日で5回目となり、さすがにもう慣れてきたから大丈夫と思ったら、そうは問屋が卸さなかった。冒頭でちょっと自分の顔を見せて挨拶したあと、用意した資料に画面を切り替えることにしている。ところが今日は、いつもの操作をしても切り替えがうまくできない。これまでとは違うダイアログが表示され、そのままだと何も起きないのだ。生放送の進行中に想定外のことが起きると動揺してしまう。しばらくはどうしたらよいか分からず、途方に暮れてしまった。どうやらこの1週間のうちにアプリがアップデートされ、画面切り替えの手順が少し変わったのだ。そのことを把握して正しい操作を行い、無事資料を表示させるまでに3分か4分はかかっただろうか。とんだ時間のロスだった。予告なしにアプリの仕様を大きく変更するのは勘弁してもらいたいものだ。

その後は特に大きな問題はなく終了。7時頃帰路に就いたが、帰宅前にマンションの管理事務所に立ち寄り、近所のスーパーの駐車場にずっと車を止められる駐車カードを受け取る。実は明日からマンションの立体駐車場が4日間の点検作業に入るため、その間スーパーの駐車場に車を置いておかなければいけないのである。家から駐車場までは150メートルくらいだろうか。間の悪いことに、この点検作業の期間中に梅雨入りするだろう。

今日も料理の日。状況が幾分緩和されたとはいっても、遠出をするのは相変わらずはばかられるので、ごく近所に出かけるのでない限り、土日でもどうしても家にこもった生活になってしまう。そんなときは下手な料理でもしているしかない。

Gyoza.jpgVongoleRosso.jpg昼はボンゴレロッソをつくってみた。アサリを使ったパスタは、3月にボンゴレビアンコをやったものの、ロッソは1年以上もご無沙汰だった。アサリはかなり好きな食材の一つ。もう旬はそろそろ終わりだが、本格的な夏が始まる前に一度食べておきたかった。

夕飯はまた餃子である。先週やったばかりなのだが、そのときに使い残した餃子の皮が、以前の使い残しとも合わせるとかなりの枚数になってしまい、近いうちに消化する必要があった。妻も娘も、また餃子でかまわないという。そこで前回の合挽肉とネギではなく、豚挽肉とキャベツを使う定番のレシピで行くことにした。キャベツを使う場合、水分を抜き切ることが難しく、どうしてもベチャッとして鍋にひっつきやすくなる。今日もいろいろ工夫してみたが、何個かは鍋からはがすときに崩壊してしまった。それでも味はいつも通りで、まあまあうまくいった方かもしれない。少なくとも、具を包んで餃子風の形に整形する作業は、場数を踏んだのでずいぶん慣れてきたように思う。自分で包んだのが30個、娘が5個で、計35個もつくったが、3人で簡単に平らげてしまった。

Poles.jpg朝はどんよりとした曇り空。午後になると晴れ間が出てきて暑くなった。そろそろ梅雨入りが近いかもしれない。

ミニトマトの苗はどんどん大きくなってきていて、最近では頭が重くなって傾くようになってきた。栽培について調べてみると、こういうものには支柱を立てる必要がある。そこで今日は用意してあった1.5メートルの支柱3本を立てる作業を行った。3本は先端部で交わらせ、プラスチックの細い糸でよく縛っておいた。やってみると安定感もあるし、なかなかさまになっている。ただ、支柱は片方だけ少しとがった形をしており、そちらを土の中に刺さなければいけなかったのだが、うっかり反対に差し込むというミスをしてしまった。まあこれで支障はなさそうなので、このままで様子を見ようと思う。

アサガオも近いうちに支柱を立てる作業をする必要がありそうだ。

今日は歯医者に2回も行った。一度目は朝、自分の歯のクリーニングで、もう一回は夕方、上の娘のクリーニングの付き添いである。

に行ったときも受付で手をアルコール消毒するように求められたが、今日はもう一つ警戒レベルが上がっていた。例のピストル状の体温計測器を額に向けられ、熱がないかを確認されたのである。もちろん、夕方に行ったときに娘も計測を受けていた。さらに処置室に入ってからも、何らかの薬剤を渡されてまずうがいをするように求められた。歯科衛生士の人はマスクに加えてフェイスシールドをつけていたし、やはりかなり気にしているらしいことがうかがえた。人の口の中を覗き込むのだから、無理もないだろう。

自分も娘も、特に歯に異常なところはなし。だからというわけでもないが、よく行く洋菓子屋でケーキを買ってから帰宅した。

6月になり、上の娘は毎日学校に通うようになっている。まだ給食は始まっておらず、お昼前には戻ってきているようだが、ともあれやっと学校生活の体験が少しずつ積み重なってきた。同じマンションに住む子と仲良く登下校しており、学校でも楽しく過ごせているようだ。ただ、このままこれがずっと続くとは考えにくい。きっとまたどこかのタイミングで休校しなければならないことになるのではないか。そうでなくても、たとえば給食は同じ方向を向いて無言で食べるとか、どんなに暑くてもマスクは外さないとか、以前を知る人間から見たら妙に不自然な生活をすることになるに違いない。仕方がないこととはいえ、ちょっと気の毒になってしまう。

今日は午後に、東京で行われた研究のセミナーにリモートで参加してみた。参加している人の名前を見ると、大御所から若手まで、国外も含めてあちこちに住んでいる人が見に来ているのが分かる。50人弱くらいはいただろうか。オフラインなら集まることは到底不可能な顔ぶれで、何だか新鮮だった。ウィルスの流行がやがて下火になっても、こういう形式のセミナーは続いていくことになるのかもしれない。

AsagaoTomato.jpg今シーズンはハーブ以外にアサガオを3鉢にミニトマトも始めており、ベランダがだいぶ賑やかなことになっている。アサガオは先月9日に種まき、ミニトマトは植え替えを行い、以来水やりをしながら様子を観察している。ミニトマトは最近目に見えて大きくなってきており、葉も増えてきた。そろそろ支柱を立ててやらないといけない。質のよいミニトマトをたくさん収穫するには、脇芽を少し摘み取って数を調整してやる方がよいという話も聞く。育て方をちゃんと調べておこう。

アサガオの方は、3つのうち2つは順調に育っているが、最後の一つはここまで苦労が続いている。根っこが生えてくるという異常な状態になったので新しい種をまき直したのだが、何とこちらも根っこが出てきてしまったのだ。どうもアサガオの種は平たい方を下にして埋めるということになっているようで、それを確認しなかったために同じ失敗を繰り返すことになってしまった。3回目の挑戦でやっとまともな葉が出てきたが、兄弟2人と比べて大きな出遅れだ。何とか花が咲くところまで行ってほしいものである。

今日からいよいよ6月。いよいよ本格的な夏がやってくる。そろそろ生活全般を夏仕様に切り替えなくてはいけない。この週末はソファの布を綿素材から麻製へ張り替える作業をした。また、暑い暑いと言うことが増えた上の娘の髪を少し短めに切った。そして今日の出勤からは自分も半袖で出かけることにした。今日のように曇り空だと、朝は半袖ではまだ少し肌寒いかもしれない。しかし日中はもうこれくらいがちょうどよいようだ。

今日はまた線形代数学の講義と演習。だいぶ慣れてはきたが、こういつときが一番トラブルが起きやすい。今日も急にタブレット用のペンが反応しなくなったり、マイクが作動しなくなったりとあれこれ問題が発生した。何とか解決はしたが、どうもハラハラしていけない。そのうち大きな失敗をやらかしそうで、ちょっと心配ではある。

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、2020年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2020年5月です。

次のアーカイブは2020年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07