日常・雑記の最近のブログ記事

夜から雨

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日、今日と天気は快晴。勤務先ではまだ嵐の前の静けさという感じで、それほど忙しくはない。しかし、徐々に来月からいろいろな予定が入り始めた。またあの慌ただしい日々が始まると思うと、少々気が重い。

夜になって雨が降り始めた。木曜と金曜は一転してずっと雨が続くらしい。気温もぐっと下がるようだ。もうすぐお彼岸、いよいよ秋がやってくるということだろう。

今日はどんよりとした曇り空。午後からまとまった雨になるという予報だったが、幸いそれほど強く降ることはなく、たまにパラパラと落ちてくる程度だった。空気もひんやりしていて過ごしやすかった。アサガオは、昨日が11輪、今日が9輪とまだまだ咲き続けている。

妻は今日から土曜日まで出張で不在。家で夕飯をつくるつもりでいたが、外食にしようと娘が主張するので、近所のうどん屋ですませてしまった。明日は何かつくることにしよう。

アサガオは一昨日、昨日と花の数が少なく、さすがにそろそろ終わるだろうと思っていたのだが、今朝見たらまた10輪も咲いていた。どうも花の数には波があり、力を蓄えては一気に放出するということを繰り返しているように見える。それにしても、先月下旬に初めて開花してから、いったい何輪咲いただろうか。出張していた期間があるから正確な数字は分からないが、少なくとも50は下らないはずだ。一つの株からこんなに花が咲くものだとは知らなかった。

今日もひんやりして過ごしやすい気温の一日だった。来月に非常勤講師でH大へ行くことになっているので、勤務先ではその講義ノートの準備をしていた。

手首の痛み

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も一日中雨が降り続いていた。こんな天気では行楽に出てもしかたがないので、ずっと家にこもって過ごしていた。

先月末くらいから、左手首に痛みが生じるようになっていた。手首を回転させるようにひねると、外側がずきっとくるのだ。運転中、ハンドルを大きく切ったときに痛みを感じるのでちょっと困っていた。手首を固定していれば大して何も感じないのだが、何せ利き手なので無意識のうちにどうしても動かしてしまう。出張中も痛みが引かないので、湿布を貼って過ごしていた。広島に帰ってからも湿布を貼っていたが、今日になってやっと具合がよくなってきたように思う。まだ痛みは感じるが、前に比べるとだいぶ引いてきたようだ。この感じなら、もう数日で治るだろう。

いわゆる腱鞘炎なのだろうと思うが、どうしてそうなったのかよく分からない。もしかして、携帯電話のいじりすぎなのだろうか。それほどさわっていたつもりはないが、そうだとしたらちょっと反省しないといけない。どうせなら、ピアノとか折紙のしすぎで腱鞘炎になりたいものだ。

今朝のアサガオは3輪だった。今度こそ、昨日が開花のピークだったのかもしれない。まだつぼみはあるようだが、さすがにもうそうたくさんは残っていないだろう。

今日もぐずついた天気の一日だった。気温が一時期に比べるとかなり下がっており、半袖で外に出るとだいぶひんやり感じられる。先月までは考えられなかったことだ。近所のスーパーに行ったら、こんな日でも冷房をガンガンかけていて、思わず腕をさすってしまった。この低い気温と雨は明日も続くらしい。就寝時はずっとタオルケットだけをかけていたのだが、今日からは久しぶりにちゃんとした掛け布団を用意した。

VongoleBianco.jpgMorningGloryFlowers3.jpg出張前に花をたくさん咲かせていたアサガオは、出発前日にはもう数が減り始めていたので、ピークは過ぎたとばかり思っていた。ところが、今朝起きてみたらまたたくさんの青い花が咲いているではないか。数えてみたら何と13輪もあった。出張中にどれだけ咲いていたかは不明だが、自分がチェックした中では今日が一番多い。アサガオが、一つの株からこんなに咲くとは知らなかった。

今日の広島は、朝方こそ青空も少し見えていたが、お昼ごろには雲が厚くなり、やがて雨が降り始めた。特に4時頃は、30分ほどバケツをひっくり返したような土砂降り。風も強く、かなり荒れた天気だった。

夜は、リクエストされてついこの間やったばかりのボンゴレビアンコをもう一度つくる。今回はアサリがさらに多くなったが、唐辛子の在庫がなかったため見た目としてはやや地味な仕上がりになった。クリーム系以外のパスタは、赤と緑が入っていた方がやはり彩りがよい。味は前と変わらずまあまあだった。

広島に帰る

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝起きてすぐ、北海道の地震を知る。今年は天災が多い。6月に大阪で地震、7月に西日本で豪雨、そして今月は台風に北海道地震だ。地震も台風も毎年発生するが、死者が多数出るようなレベルの災害がこれだけ立て続けに起こるというのは、そうはないことのように思う。まだ広い地域で停電が続いているようで、現地にいる人はさぞ大変だろう。

代数学シンポジウムは最終日。今日も講演が5つ組まれていた。最後の講演が5時に終了すると、すぐ駅へ向かう。品川駅まで移動して新幹線に乗り換えたが、珍しく今日は電車の接続があちこちでうまくいき、予想していたより2本も早い新幹線に乗ることができた。一昨日の台風による影響もなく、9時半前には広島駅に到着。ちょうどカープの試合が終わったころで、駅はいたるところ赤い服を着た人たちが歩いていた。

10時過ぎ、雨の中を歩いて自宅に到着。台風に地震と、相次ぐ災害をすり抜けるような出張だったが、何とか無事に帰ってこられてホッとした。

TK大で行われている代数学シンポジウムに出席。午前に2つ、午後に3つの講演があり、そのすべてを聴講した。午前中のM先生とT先生、それに午後最後のY先生の講演はなかなか興味深く、よい勉強になった。お昼はT大のNさんとラーメン。小さい娘がいる親同士ということで、子育て話を楽しんでしまった。

明日はシンポジウムを最後まで聴講した後、その足で広島へ帰る予定。新幹線が平常通り運行されていることを祈りたい。

TK大で昨日から代数学シンポジウムが行われており、明日と明後日に講演を聴きに行く予定にしていた。今日は移動日で、当初は午後にゆっくり行くつもりだった。しかしそれができそうもないことは、数日前から天気予報を見て分かっていた。あんな巨大な渦が来れば、電車の運行が取りやめになるのは明らかだ。問題は、台風が近づく前に出発してしまうか、通り過ぎるのを待ってから出かけるか。決めあぐねていたが、新幹線が広島を朝8時35分に出る便を最後にストップするというニュースが流れ、腹は決まった。7時頃に家を出発し、8時前に広島始発で出る新幹線に乗車。風雨が本格的に強まる前に関西を通り過ぎることに成功し、無事お昼ごろ東京に到着した。我ながら、よい判断だったと思う。台風が通過したあとだったら、今夜はおろか、明日の朝も移動は難しかったかもしれない。

せっかく早く着いたので、白山の「おりがみはうす」に赴い折紙本をまとめ買い。帰ったらじっくり眺めよう。

あとから台風の被害の様子を見たが、やはり今回の荒れ方は並ではない。広島でも以前、非常に強い台風に襲われてトラックが横倒しになったり信号がひしゃげたりしたことがあったが、今日の大阪もかなりひどい。今年は極端な天気の日が多いが、これからはもっとこういう年が増えていくのかもしれない。

台風接近

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝の開花しているアサガオは5輪だった。先月29日に初めて花が咲いたが、花の数は1, 0, 5, 12, 5と推移している。やはり昨日がピークだったのだろう。まあ思いつきで植えたにしてはかなりうまくいった方だと思う。今後も水やりは忘れないようにしよう。

また台風が近づいている。広島は進路の左側に位置しているのでそこまでひどい天気になることはなさそうだが、問題は火曜日を東京出張の移動日にしようと考えていることだ。今の予報では、新幹線と台風のルートがクロスするのは間違いなく、火曜日のどこかのタイミングで新幹線は運行を取りやめるのではないかと思われる。台風が近づいて運転ができなくなる前に、向こうにたどり着くことができるだろうか。それとも、火曜日の移動はあきらめるべきだろうか。どうするかは、当日の朝に決めることになるだろう。

VongoleBianco.jpg今月上旬にオープンキャンパスのため休日出勤したので、今日はその代休という形で仕事はお休みした。午前中は家で原稿を書くなどして過ごす。お昼から街中に出て、午後の仕事を休みにした妻と本屋で合流。少し遅いお昼を食べて戻った。本屋を出たときに夕立に遭ったが、食べ終えて店を出たときはもう雨はやんでいた。

夕飯はボンゴレビアンコをつくった。夏はアサリの旬ではないのだが、スーパーに行ったらそれほど悪くなさそうなアサリが売られていたのである。アサリを使ったパスタというとボンゴレロッソをやることが多く、ボンゴレビアンコはおそらく昨年の以来。トマト缶を使わない分、ボンゴレロッソよりもっと簡単ともいえる。仕上げにベランダで育てているイタリアンパセリを散らした。久しぶりではあったが、まあまあおいしくできたように思う。

強風の日

| コメント(0) | トラックバック(0)

台風は夜明け前に日本海へ抜けるということだったので、朝には落ち着いているのではないかと高をくくっていた。ところが起きてみると、窓の外はときどきビューッと音を立てて突風が吹き荒れている。ベランダを見たら、ブルーベリーとオリーブの鉢植えがなぎ倒されてしまっていた。昨日、念のためにアサガオとバジルを玄関に待避させておいた判断は正しかった。

風は結局、日が高くなっても落ち着かなかった。おそらく、もう一つの台風がまだ韓国のあたりを動いていて、それに向かって吹き込んでいるのだろう。玄関のプランターはもうしばらく置いたままにしておくことにした。

台風接近

| コメント(0) | トラックバック(0)

少し暑さが和らいだと思っていたのに、このところはまたどうも蒸し暑い。日中はだいたいエアコンのかかっているところにいるからいいが、うちは寝室にはクーラーがないので夜の寝苦しさが応える。早く涼しくならないものか。

台風がまた近づいてきている。1つ目はだいぶ西側にそれて影響がほとんどなかったが、2つ目が暴風域に入る可能性もあるということで、今日は早めに勤務先から引き揚げることにした。保育園に行く前にいったん家に帰り、ベランダで育てている植物を玄関側に待避させる。今回は丈の高いバジルとアサガオだけを移した。

夜になったが、さほど風が強くなった気もしないし、雨も降っていない。気象情報を調べると、雨が激しく降っているのは主に岡山県から東側で、このへんは心持ち風が強くなった程度のようだ。まあ明日にはプランターを元の場所に戻そう。

成績判定会議

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝、いつもより早めに出勤。まず、解析学の成績判定会議に臨む。それが終わると、しばらく間を置いて今度は線形代数学の成績判定会議。これでやっと成績が固まり、4月から担当していた講義と演習に関わるすべてのタスクが収束した。毎年やっていることとはいえ、ここまで来るとやはりホッとする。

午後は「数学セミナー」に連載中の記事を少し書き進めたりしていた。6時頃帰路に就く。

黒後家蜘蛛の会

| コメント(0) | トラックバック(0)

天気はよかったが、すぐ近所で買い物をしただけで、ずっと家でのんびり過ごした。日中はまだまだ暑いものの、朝晩は日陰にいるとずいぶん涼しくなったように思う。夜の寝苦しさもなくなって過ごしやすくなってきた。

このお盆休みはアシモフの「黒後家蜘蛛の会」を読んでいた。1編が短いから、ちょっとした空き時間に少しずつ読んでいける。こういう安楽椅子探偵ものは、細かい状況設定をはっきり整理せずに読み進めていっても、話がこんがらがる前にさっさと事件が解決してしまうから、気楽な気分で読める。「隅の老人」や「九マイルは遠すぎる」も昔読んだが、「黒後家蜘蛛の会」はさらにあっさりしたテイストだ。お話によってはちょっと無理があると感じるものもなくはないが、どれも面白い。かつて愛読した「鏡の国のアリス」や「指輪物語」をネタにした短編もあるとは知らなかった。

安楽椅子探偵ものというジャンルを確立したのは、やはり「火曜クラブ」が最初なのだろうか。そうなると、やはりアガサ・クリスティは偉大だなと思う。

今日は午後のある時間帯、かなり激しく雨が降った。雷がゴロゴロと鳴り、瞬間的に電圧が落ちて明かりが暗くなることもあった。このところただただ暑いだけだったから、こんな雨の降り方は新鮮だった。

帰宅後、そろそろ夕飯を食べようとしていたときだった。何の前触れもなく、突然居間の明かりがふっと消えてしまった。日中に職場で瞬電があったばかりだが、今度は電圧が下がったわけではない。天候は夕方には回復していたし、何よりほかの電気はちゃんとついている。どうやら単にシーリングライトの寿命が来たらしい。電灯がつかなくなるというのはよくあることだが、初めての経験だったのは、今回寿命が来たライトはLEDだったということだ。蛍光灯なら、寿命が来るとチカチカと不規則に明滅するものだが、LEDは電球のようにある日突然つかなくなるものらしい。しかし、蛍光灯よりずっと長持ちするのがLEDの長所ではなかったのか。もしかしたら、電灯部分とは別の箇所が故障したのかもしれない。それこそ、日中の雷のせいということもあり得る。

ともあれ、居間のライトがつかないのは困るので、急いで近くのホームセンターに行って新しいシーリングライトを買ってきた。次はもう少し長持ちしてほしいものだ。

ひどい暑さが連日続いていたが、今日は久しぶりにどんよりとした曇り空。ときおり雨も降り始めた。それでも蒸し暑いことに変わりはないが、あの刺さるような日差しがないだけでもだいぶ違う。

今日も夕方に買い物に出たほかは家でのんびり過ごした。これでお盆休みも終わりで、明日からは自分も妻も通常通り出勤する。プールにも行ったし川でも遊んだし花火もしたし、今年はお盆の期間だけでもずいぶん夏らしい活動ができた。

2日続けて水遊びに出かけたので、今日はのんびり家で過ごしていた。お盆明けまでにやっておかなければいけない仕事があるので、今日のお昼はそれに時間を使った。

夕方に近くのホームセンターへ行って少し買い物。その後アウトレットに行ってまた少し買い物をする。本当はそのままそこで夕飯にするつもりだったが、食堂街は大勢の客でごった返しており、時間がかかりそうだったので引き返した。結局、家から車で数分のところにあるうどん屋に入った。

夕飯がすんだあと、自宅に戻ってからもう一度出かける。実はホームセンターで花火セットを買ったので、近くの公園でちょっとやってみようということになったのである。娘は打ち上げ花火を見たことはあるが、自分で花火を持つのは初めての体験。予想通り楽しかったようで、帰るときはもっとやりたかったとしきりにこぼしていた。線香花火はつまらなかったと言ったのも予想通り。あれがよいと思えるようになったら、もう大人だろう。

今日からは束の間の休息期間。お盆休みには、どちらかの実家へ行こうか、それとも泊まりの旅行でもしようかとあれこれ話をしていたのだが、結局話をしているだけで何も具体的な行動は起こさないで来てしまった。まあ家でのんびりしているのが一番休息になるのは間違いない。今のような酷暑では、日中に外出するだけで結構エネルギーを消耗してしまうだろう。

家にいるのなら少しでも実のあることをしておこうと思い、残してあった期末試験の採点を片づける。まだ全体をもう一度見直す必要があるが、これで基本的な作業は終わった。

夕方から街中へ出て買い物。本屋で何冊か書籍を購入。娘に「ふたりはともだち」を買った。帰宅してすぐ読み聞かせをして思ったが、この絵本のストーリーの語り口は落語のそれに非常に近いものを感じる。「かえるくん、きみ、ひどく顔が青いよ」「いつだって青いんだよ、かえるなんだもの」というようなくすぐりがところどころに入れてあるし、二人の登場人物の会話が主体なので、読んでいると自然に落語調になってしまう。こういうのは読み聞かせている方も楽しい。

今日も暑かったが、全国で40度を超えるような地点が続出するような日を経験してしまうと、最高気温が34度くらいでは暑さが一段落したような気がしてしまう。感覚が麻痺してきているらしい。

勤務先に行ってみると、同僚のうちの何人かはもう休暇をとっているようだった。お盆休みに入ったようだ。かくいう自分も今日は短縮営業ということにして、残っていた仕事を少し片づけてからお昼過ぎに戻ってきてしまった。13~15日はすでに休みを入れてあり、次は16日に出勤の予定。

セミナーと採点

| コメント(0) | トラックバック(0)

午前中は4年生のセミナー。前回は健康診断の直後で調子が出なかったが、今日は比較的順調に進めることができた。来週はお盆のためお休み。今月と来月は、2週間に一度くらいのペースになりそうだ。

午後は主に昨日の期末試験の採点。一気にやってしまうつもりだったが、採点基準を決めるのに手間取ったうえ、計算を追っかけるのが大変な答案も少なくなく、予定の半分も進めることができなかった。まあ基準は固まったので、明日以降はもう少しペースを上げられるだろう。

今日も暑かったが、夕方に保育園へ行ったときは、心なしか暑さが若干緩んでいるように感じられた。涼しいと形容できるレベルではないが、ムワッと来る熱気がほんの少し和らいでいるような気がした。ただ、まだこれは一過性のものだろう。

今日も暑い。関東の方では台風が近づいていて天候も気温も下り坂のようだが、ここ広島は昨日も今日も天気は快晴、気温は36度。そろそろ涼しくなってきてほしい。

今日は線形代数学の期末試験。本来なら講義日の月曜日に行われるはずだったが、昨日が8月6日という特別な日だったので、翌日にずらされたのである。試験中に鼻血を出した学生が1名、トイレに行きたいと中座した学生が1名いたが、そのほかは特に何事もなく終了。回収した答案を整理し、採点を担当する教員と交換し合う。さあ、あとはこれを片づければ、前期の作業は実質的にはほとんど終わりだ。何とかもう一踏ん張り、頑張ろう。

日曜日だが、休日出勤の日。勤務先でオープンキャンパスがあるためである。今日もただただ暑い。

金曜日のうちにポスターなど展示内容はすべてセットしていたのだが、今朝行ってみると、ポスターが剥がれて落下していた。テープの強度が足りなかったらしい。お客さんが来る前にあわてて貼り直した。9時半を過ぎると、ポツポツと来場者がやってくる。高校生が何人かで訪れる場合もあるし、親子連れでお見えになるときもある。誰かが来るたびに、用意した説明をしゃべるということをひたすら繰り返した。普段の年なら、お昼にいったん客足が途絶えるのでそのすきに急いでお昼を食べてしまう。ところが今年は、正午を回ってもぽつりぽつりと見学者がやってくるので、なかなか部屋を空けることができない。結局、自室に戻ったのは1時半頃だった。1回10分程度の説明を10回くらいはやっただろうか。さすがにちょっと疲れた。

結局、昼食をすませたあとには来場者は現れなかった。3時頃に研究室紹介はすべて終了。部屋を片づけ、30分後には帰路に就いた。いったん帰宅して一服した後、夕方から家族で買い物に出る。豚トロを食べたいという娘の主張が通り、夕飯は焼肉になった。

期末試験

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は解析学の期末試験。特に混乱もトラブルもなく、予定通りに終了した。回収した答案用紙を、問題番号ごとにまとめて束をつくる。これを各クラスの担当教員が持ち寄り、それぞれが採点する答案束を交換し合う。さあ、あとは一気に採点するだけだ。来週は火曜日にもう一つ期末試験があるので、できればそれまでになるべく進めておきたい。タスクが終わらないうちに次のタスクが積み上がるとげんなりしてしまう。

この土日はゆっくりしよう、と言いたいところだが、日曜日にはオープンキャンパスがあるので休日出勤しなければならない。明日だけが束の間の休息日だ。

今日も暑かった。もっとも、こんな気温ではエアコンをかけっぱなしの部屋でずっと過ごすことになるので、一日の中で暑さを実感する時間帯はあまりない。暑さとまともに戦わなければいけない瞬間は、車に乗ろうとするときだ。夕方、もう日が落ちてきたころであっても、車に乗り込むときはあまりの熱気にむせそうになる。まるでサウナだ。駐車している車の中は、どうしてこうも暑くなるのだろう。

今日はTR大のI先生が久しぶりにお見えになったので、研究のことなどいろいろお話しした。次にいらっしゃるのは今月下旬になりそうだ。

健康診断

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝、何も食べず、何も飲まずに出勤する。勤務先で健康診断を受けるためである。昨年は期末試験の実施日と同じだったため、試験監督の最中に下剤が効いてきたらどうしようとひやひやしたが、今年はその意味では少し気が楽だ。とはいえ、毎回健康診断には消耗させられる。採血担当の方が新人のようで、血管にうまく針を刺せなかったり、針の抜き方が悪くて血がドクッと出てきたりということはあったが、それはまあよい。バリウムを飲まされる胃部X線検査、あれがなければどれほど楽だろうか。あの検査方法は、もう何十年も続いているのではないか。もう少し負担の軽いやり方が開発されないものかと思う。

検査が終わると、下剤を渡される。前に人間ドックに行ったときは、特に便秘体質でないなら1錠でよいと言われたように思う。しかし今日は2錠渡され、必ず飲むように念を押された。気が進まなかったが言いつけを守ったところ、果たして数時間後に腹痛でかなりつらい思いをする羽目になった。午後から4年生のセミナーをしていたのだが、痛いのをこらえながら話を聞いていたため、「先生、今日はツッコミが甘いですね」と言われる始末。やはり下剤は1錠にしておけばよかった。

前期講義終了

| コメント(0) | トラックバック(0)

娘は昨日は39度を超える熱を出していたのに、今朝は平熱に戻っていた。さすがに今日はまだダウンしているだろうと思っていたのに、なかなかの回復力だ。自分が子どものころよりタフな気がする。

今日は線形代数学の講義と演習の最終回。今期は今月上旬の豪雨の影響でずいぶんバタバタしたが、何とかここまで着た。これで講義の類いはやっとすべて終了。あとは期末試験を残すのみだ。

台風は拍子抜け

| コメント(0) | トラックバック(0)

ちょうど1週間前の日曜日に風邪をひいてしまい、数日体調が万全でない状態が続いていた。木曜日あたりにはだいたいよくなったが、入れ替わりに妻の調子が少し悪くなった。それが昨日までにはほぼ回復したと思ったら、今日からは娘の番である。熱を出してぐったりとしてしまった。朝食べたものをお昼にもどしてしまい、だいぶつらそうにしていたが、しばらく寝てからは気分がよくなったようで、おどけてみせてけらけら笑ったりもするし、夕飯もそれなりにちゃんと食べていた。まだ熱は高いので、明日の朝また様子を見よう。

今日は台風が襲来するということで、いったいどんな風雨に見舞われるのかと思っていたら、ちょっと雨が降っていた時間帯があったという程度で、あっけないほど何もないまま過ぎて行ってしまった。台風が東から西へ抜けていくというのは初めての経験だったが、ここへ来るまでに雨をあちこちで降らせて勢いが衰えていたのかもしれない。先日のすさまじい豪雨を考えれば、拍子抜けしてしまう軽さだった。

補講を二つ

| コメント(0) | トラックバック(0)

いつもより早く家を出た。本来なら今日は特に予定もない日のはずだったが、先日の豪雨の影響で、補講を2つしなければいけなくなったのである。あの日は解析学の講義だけ行い、演習は全学的な措置で休講になった。しかし急いで帰宅したために講義も受講できなかった学生がいたため、同じ内容の講義をもう一度今日の午前中に行った。そして夕方からは演習の補講を実施。ようやく、これで前期の授業を全部終えたことになる。あとはいよいよ期末試験を残すのみだ。

風邪の症状はほぼ治まり、普段通りの生活が送れるようになったが、入れ違うようにして今度は妻が調子を崩してしまった。症状を聞く限り数日前の自分と似ているので、うつしてしまった可能性が高い。まあ今週はひたすら堪え忍ぶ週のようである。

今日は午前中に4年生のセミナー、お昼を挟んで午後からは長い会議というメニューだった。会議は3時間くらいかかり、終わったときはもう夕方である。ぐったりしているから、残りの時間も大したことは何もできない。まあこういう日は、とにかくやるべきことをやったからよしとしなければならない。

朝起きたときは鼻水がまだひどかったが、セミナーをしている間にはあまり出なくなり、午後の会議のときにはほとんど気にならなくなっていた。まだ鼻がむずがゆくはあるが、どうやら峠は越えたように思える。これで、明日にはすっかりよくなっていることを期待したい。

演習の採点

| コメント(0) | トラックバック(0)

扁桃腺の腫れは、徐々に鼻水に移ってきた。 これが治まればだいぶ楽になるだろう。

今日は昨日実施した演習の答案を採点して過ごした。4月から続いた演習答案の採点もこれで終了。演習の時間はまだ解析学も線形代数学も1回ずつ残っているが、最終回は答案を回収することはしないので、採点作業としては今日やった分が最後になる。毎年、これが終わるとようやく一仕事終わった気になる。もちろんまだ期末試験が残っているが、やっと終わりが見えてきた。

朝、まだ扁桃腺が腫れている。あまり本調子とはいえないが、出かけるのを躊躇するほど具合が悪いわけでもない。実際、勤務先に着いてからも予定していた仕事はこなせた。ただ、やはりまだちょっと変な感じはある。今日は早めに休もう。

扁桃腺の腫れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

日曜日。こう暑いと海にでも行くのがよいとも思うが、これまでよく訪れていた蒲刈・能美・倉橋などの周辺は、未だに断水が続いている地域が一部残っているようで、まだ完全に元通りという状態ではないと思われる。また、呉方面に行くときは必ず通っていた広島呉道路も、完全復旧は11月くらいになる見込みらしい。時間がかかるのを覚悟で国道31号を通れば行けないことはないだろうが、やはりもうしばらくは様子を見た方がよいだろう。

今日は何だか朝から少しのどに違和感があり、午後になってそれが少しずつはっきり感じられるようになってきた。どうも扁桃腺が腫れてきているようだ。幸い、発熱などほかの症状は特にない。本当は夕飯にエビチリでもつくろうという予定でいたのだが、あまり無理をしてはいけないということで、惣菜を買ってくるだけの簡素な夕飯になってしまった。明日は休めない講義もあるので、今夜よく寝て何とか治そう。

夕方から街中へ

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も暑い。夏は毎年暑いものだが、今年の夏はとりわけ厳しいような気がしてしまう。そういえば、1月から2月にかけては毎日のように雪が降り続いたし、先日の梅雨シーズンは大災害になるような豪雨になった。天気がどんどん極端な方向に走って行くように感じられる。

娘と二人で留守番していたが、一日中閉じこもっているのもつまらないので、夕方にぶらっと街中まで出た。仕事を終えた妻と本屋で合流。カレー屋に行きたいと4歳の娘が主張するので、子ども向けの辛くないメニューがあることを確認したうえで、最近オープンしたインドカレーの店に入ってみた。娘はカレーが好きというよりナンが好きなのである。結構大きなナンをきれいに平らげていた。

そういえば、以前は家でもインドカレーをつくっていたのだが、ここ数年は全然やっていない。手間がかかるうえ、あまり辛くすると娘が食べないので、どうしてもパスタとか中華に流れてしまう。まあもうしばらくは、こうやって外で食べることになりそうだ。

忙しい金曜日

| コメント(0) | トラックバック(0)

金曜日はいつも忙しい。今日は朝から会議があり、いつもより早めに家を出た。会議の後は、線形代数学の担当教員で集まって期末試験に関する打ち合わせ。そろそろ試験の日程が間近に迫ってきた。これからお盆前後までは、期末試験の実施と採点、成績処理作業などが一気に押し寄せてくる。しばらくは気が抜けない。

午後は解析学の講義と演習。本当なら今日で全部終わるはずだったが、豪雨の影響で演習が1回分休講になってしまったので、来週に補講をしなければならない。月曜日の線形代数学は、再来週が最終回だから、まだ2回分残っている。それでも、とにかくもう少しというところまで来た。

今週も疲れた。暑さのせいで眠りが浅いせいか、疲れが倍増している気がする。この土日はゆっくりしよう。

後輩の来訪

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も暑かった。まだ7月中旬、暑さが和らぐのはいったいいつになることか。

夕方、懐かしい人が訪ねてきてくれた。学生時代に所属していたピアノサークルの後輩で、今は新聞社で記者を務めるM君である。他学部の先生に話を聞くため、うちの大学まで来たということだった。今日のうちに東京に戻らなければいけないということなので、車で広島駅までお送りし、駅ビル内の喫茶店に入る。新幹線の最終便は8時頃で、それまでいろいろお話しして過ごした。最初はお互いの近況やピアノサークルのかつてのメンバーのその後などを話していたが、途中からは彼の取材している社会問題の現状や記者という仕事の実態など、普通にはなかなか知る機会のない話を聞かせてもらうことができた。自分と全く違う世界で仕事をしている人の話を聞くのは面白い。

8時少し前に彼と別れてから帰路に就いた。

中編名作選

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は妻が祝日出勤することになっており、保育園もお休みのため、子どもの面倒を見るべく家で留守番をしていた。昨日のうちに東京から戻ってきたのはこのためである。今年の詰将棋全国大会が蒲田という飛行機利用に最適な場所での開催であったのに、豪雨の影響で早めに帰らざるを得なくなってしまい、懇親会に出られなかったことは残念だった。

帰宅後、会場で購入した「中編名作選」を眺めている。どこを開いても唸らされる作品ばかりで、飽きることがない。初めて目にするものも少なくなく、こんな作品があったのかと何度も感心させられた。「短編名作選」のときはありがたいことに2作も選んでもらったが、今回はもちろん自作は収録されていない。中編作はそもそもあまり創っていないのだが、創ってもどうも今ひとつのものばかりで、このようなアンソロジーに収録されるレベルのものは到底できそうにない。どうも、短編に分類される15手か17手あたりが、自分にとっては相性がよいようではある。とはいえ、こういう名作の数々を鑑賞すると、少し自分も頑張らないとなという気にさせられる。

詰将棋全国大会

| コメント(0) | トラックバック(0)

詰将棋全国大会に参加するため、朝に実家を出て蒲田へ向かった。今日も外は炎天下だ。お昼を手早くすませてから会場入りしたら、後ろから声をかけられる。見るとN社のIさんだった。会場にはずいぶん余裕を持って着いたような気がしていたが、それは自分の勘違いで、席についてからほどなくしてプログラムが始まってしまった。てっきり1時からだと思い込んでいたのだが、お昼からだったのだ。遅刻しないでよかった。今回の参加者は確か130名くらいと言っていたように思う。東京での開催にしてはそれほど多くないな、という印象も受けた。

看寿賞授賞式や10回参加者の表彰、握り詰の作品紹介などは例年通り。休憩時間中、今回のお目当てである中編名作選も無事購入することができた。第2部のアトラクション、恒例の早解き競争は、今年は1~5手詰が順不同で登場することになっており、例年以上に手強く感じた。ただ、採点してみたらいつもよりはできていたように思う。正解は2点、無解答は0点、誤答は-1点というルールなので、ちょっとでも自信が持てなかったら何も書かないというのが大事だ。その後に続いて行われた詰パラクイズもなかなか面白かった。

残念ながら懇親会はキャンセルしてしまったので、大会終了後はすぐ会場を後にした。Iさんと京急蒲田駅そばの喫茶店に入り、しばらく雑談。飛行機の時間が近づいてきたので駅でお別れし、羽田空港に向かった。帰りの飛行機も機体整備に手間取っているとかでフライトが遅れ、搭乗口前でだいぶ待たされる。結局、行きと同じく40分遅れで離陸。今回の移動は、交通機関についてはいろいろと遅れがちだった。

10時頃、自宅に到着。15回目の詰将棋全国大会参加も無事終了した。

実家に移動

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は飛行機で東京に移動する。昨日まで、山陽道は広島ICから東側が通行止めになっており、2号線も激しい渋滞が続いていた。このような状況で広島空港に行くためには、中国道で三次まで北上し、そこから375号線を南下するしかないだろうと考えていた。時間はかかるが仕方がない。ところが朝起きて道路状況をチェックしてみると、山陽道の通行止めマークが消えているではないか。何と今朝6時に通れるようになったとのこと。これでこの1週間、ずっと気をもんでいた問題が解決した。お昼ご飯を食べてから出発したが、渋滞するようなこともなく快調そのもの。1時間程度で無事広島空港に到着した。途中、山肌があらわになり、その下では木や岩が山のように積み重なっているようなところが何カ所もあった。

問題は広島空港に着いてから起きた。フライトに使う飛行機の到着が遅れるため、出発時間が40分遅れると告げられたのである。さらに困ったことに、空港内のすべてのレストランや売店は、豪雨の影響で営業を休止していた。喫茶店で暇をつぶすこともできず、出発ロビーの片隅にある椅子に座ってずっと時間が過ぎるのを待つことになってしまった。

フライト自体は順調だった。客席がガラガラだったのは、山陽道の通行止めを理由にキャンセルした人が多かったからかもしれない。

羽田空港に到着したのは17時45分頃。今日は実家に泊めてもらうのだが、普段ならここからは電車を乗り継いで実家の最寄り駅まで移動することになる。しかし今日は急に思い立って、最寄り駅まで行くというリムジンバスを初めて利用してみることにした。乗り換えの手間もなく、のんびり座っていられるというのは魅力だったが、今日に限ってはあまり賢い選択ではなかったかもしれない。事故渋滞に巻き込まれてしまい、なかなか動いてくれなかったのである。結局、電車で行った場合と比べて実家到着が1時間くらい遅くなってしまった。

BasilFlowers.jpgPlanters180713.jpg昨日、帰宅してからベランダに出てみたら、8株のうち2株でバジルが花をつけていた。一晩寝て朝に再度確認してみたが、さらに花が増えてきている。例年、7月中は花芽が出てもすぐ摘んでしまっていたのだが、今年はもうだいぶ葉も収穫したのであえてそのままにしておいた。あまり花芽を摘んでばかりだと、花が終わってから種ができる前に涼しくなってきてしまい、十分な量の種を採ることができない。今年はこのままやってみて、確実に種の収穫につなげることを目指そうと思う。

大葉は毎日弁当などで数枚ずつ消費しているが、続々と次の葉が大きくなってきてくれているので、一向に尽きることがない。今年は、実はここまで摘芯をしないで来ている。脇芽の葉がかなり大きくなってきている株があるので、そろそろ上部を切り取ってしまってもよいかもしれない。今の調子ならまだまだ葉はつきそうだ。

さて、明日は東京に移動する。道路の状況はだいぶよくなってきているようだが、相変わらず山陽道は通行止めが続いているようだ。2号線も渋滞がひどいようなので、北側から回り込む形で空港に向かおうと思っている。

朝方に届いたメールで、週末の計画が大きく狂うことになってしまった。航空会社から、7月15日に搭乗予定だった羽田発広島行きの同日最終便が欠航になったと知らせてきたのである。ちょうど山陽自動車道の復旧にめどが立ち、日曜日には通れる見通しだという発表があったばかりで、何とかなりそうだと思っていた矢先のことだった。いくら道路が通っても、飛行機が飛ばないのではどうしようもない。

今回の東京行きは、15日に行われる詰将棋全国大会に顔を出すのが目的である。最近は本当に行くだけになってしまっているが、1年に1回でもこういう場に行くと、また少し刺激を受けて詰将棋を楽しもうという気分になる。家の都合でどうしても日曜日のうちに帰らなければいけないため、当初は懇親会に出ることはあきらめていた。しかし今回の会場は、かつてチェスの大会に出たときにも行ったことがある場所。京急蒲田駅のそばだから、電車に乗れば10分程度で羽田空港に着ける。これなら、懇親会まで出ても最終便に間に合うではないか。これはツイている、と思った。ところが今回の未曾有の豪雨で高速道路が寸断され、それが復旧しそうになったら、今度は欠航である。うまくいかないものだ。

日曜日は6時半過ぎの便は飛ぶようなので、やむを得ず振り替えの手続きをした。懇親会はあきらめ、全国大会が終了したところで失礼することにしよう。これ以上はもう状況が変わらないことを期待したい。

梅雨明け

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝起きると、青空が広がっていた。おそらく先週の月曜日以来、ちょうど1週間ぶりだが、本当に久しぶりにこの青を見た気がする。これでやっと雨の季節が終わりかなと思っていたら、果たして梅雨明け宣言が発表された。いよいようだるような暑さの日々が始まる。

まだ道路や鉄道が寸断されたままの状況だったが、授業に来ていなかった学生はほんの数名だった。ただ妻の話では、夕方に近くのスーパーに行ってみたら、普段は山積みになっている卵や牛乳が全く置かれていなかったらしい。こんなところにも影響が出てきている。しばらくはまだいろいろあるだろう。

今日も雨降り

| コメント(0) | トラックバック(0)

あれだけ雨を降らせた雨雲がようやく東に去って行った。これで今日は少し持ち直すかもと期待していたが、起きてみるとまたしても雨。午前中はときおり激しく降ることもあった。午後になって少し落ち着いたものの、夕方までずっと降ったりやんだりが続く。もう長いこと、太陽を見ていないような気がする。最後に晴れたのはおそらく今月2日で、その前も何日かずっと天気は崩れていた。ひどい暑さの夏もうんざりするが、さすがにこの梅雨は早く明けてほしい。

今日は夕方に買い物に出かけたほかは自宅で過ごした。広島県内の大学は、明日は授業を行うところも全学休講にするところもあり、対応が分かれているようだ。うちは前者だが、しばらくは混乱が続くだろう。

道路の通行止め

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は未明まで強い雨が降っていたようだったが、朝にはほとんどやんでおり、やっと少し落ち着いた天気になった。とはいえ、からっと晴れるわけではなく、いつまた降り出しておかしくない空模様だ。街中へ出るバスが運休していたので、仕事に出る妻を車で送る。本来なら長いトンネルの自動車専用道を通るのが一番早いが、そこは通行止めになっており、やむを得ず大回りしていった。街中での道路状況は、少なくとも自分が通ったところについては、落ち着いているように思われた。

天気は小康状態だが、こんな日に出かけても仕方がないので、ずっと家で娘と過ごしていた。バスもトンネルの道も夕方までには復旧したので、帰りは迎えに行かずにすんだ。

今ちょっと気がかりなのは、来週のことだ。7月15日に詰将棋全国大会が蒲田で行われるため、今年も顔を出すだけ出してみようと思っている。今回は会場が羽田空港からかなり近いので、前日に飛行機で東京へ移動して実家に一泊、当日は懇親会終了少し前くらいに会場を失礼して広島への最終便に乗る、という計画でいる。問題は家から広島空港へのアクセスだ。車で行けば1時間程度だから楽だと思っていたが、今回の大雨で山陽自動車道が完全に止まってしまった。道路にあふれた土砂や泥水の量が尋常ではなく、数日で復旧するとはとても思えない。また、2号線も土砂の流入や道路の損壊があちこちで起きているようで、いつ通れる状況になるのか見当もつかない。1週間で道路が少しでも復旧してくれることに期待するしかなさそうだ。

大雨特別警報

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日も雨は激しく降り続ける。お昼ごろから午後にかけてはいよいよひどくなり、坂道では流れ落ちる雨水が川のようになっていた。金曜日なので4コマ目から解析学の講義と演習が予定されていたが、講義室に向かっている途中、自分や周りの学生の携帯電話が一斉に鳴り始める。一帯の土砂災害警戒区域に避難勧告が発令されたという知らせだった。やがて、JRがまもなく可部線の運行を止めるという情報も入ってきた。帰れなくなるといけないので、今日は自分の判断で帰ってよい、と伝えてからとりあえず授業を始めた。説明していると、ときどきまた学生の携帯電話が一斉に鳴り始める。そういえば、昨年の代数学シンポジウムでもこんなことがあった。しばらくして事務方から、5コマ目の時間は休講とするとの連絡が届く。そこで講義もやや内容を切り詰め、少し早めに終わらせた。非常事態だからやむを得ない。

夜になっても雨は続く。すでに広島市内のあちこちで土砂崩れや河川の氾濫が起きているようだ。警報も特別警報になり、避難勧告も避難指示に切り替わった。うちのあたりは大丈夫だろうと思うが、地域によってはかなり危険な状況が続きそうだ。

降り止まぬ雨

| コメント(0) | トラックバック(0)

台風は去ったが、天気予報の通り、まるで天候は回復しない。今日も朝から雨で、それも昼過ぎからは土砂降りと形容した方がいいような降り方になった。夕方、保育園に娘を迎えに行くころは幸い少し降りは弱まったが、それでも傘に当たる雨音はバラバラと大きかった。予報では、明日も一日中雨、明後日も一日中雨になっている。年によっては、雨季といっても普段とそれほど変わらないと感じることも多いのだが、今年の梅雨はまさに雨季らしい降り方だ。地域によっては土砂崩れなどが起きかねない雨量で、それが心配ではある。

昨日と今日は授業も会議もなく、抱えていた仕事を少し進めることができた。明日はまた解析学の講義と演習。あと3回というところまで来た。何とか頑張ろう。

夜半の暴風雨

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨夜は、そろそろ寝ようかというころから風が非常に強くなった。ときおりゴーッという音とともに、激しい風がぶつかってくる。雨もやみそうにない。このままではベランダのハーブが倒されてしまうのではないかと思い、急遽バジル・大葉・イタリアンパセリの3つのプランターを家の中へ運び入れた。

翌朝、ベランダの様子を見ると、家に入れなかったオリーブやブルーベリーの植木鉢は、みんな無残に倒されていた。やはり前の晩に無理をして避難させたのは正解だったようだ。やはり台風の風は並ではない。特に、今回のように台風の進路の右側にいる場合は、かなり警戒した方がよさそうだ。

雨と風は朝にはもう弱まっており、夕方はすっかり穏やかな天気になっていた。しかし台風一過とは行かず、明日はまた雨がひどくなるらしい。今週いっぱいは梅雨空が続きそうだ。

大葉の天ぷら

| コメント(0) | トラックバック(0)

OobaTempura.jpg昨日、雨雲が去ったと書いたら、まだ終わったとはいわせないとばかりに今日は朝から雨。梅雨どころか台風が近づいているようで、降り方も夕方になって急に激しくなってきた。娘を保育園に迎えに行き、チャイルドシートに座らせてから自分も運転席に乗り込むのだが、傘を閉じてから車に飛び込んでドアを閉めるまでのほんの1秒程度の間に、すっかりずぶ濡れになってしまった。こういう土砂降りのときに、ぬれずに傘を閉じて車に乗り込む方法を誰か考えてほしいものだ。

プランターの大葉がその名の通りすっかり大きくなり、数もだいぶ増えたので、一気に消化しようと妻が天ぷらにしてくれた。使ったのは10枚くらいだが、何しろ1枚1枚が大人の手のひらと同じくらいの大きさになっているので、結構食べ応えがある。一口さくっとかじると、大葉の香りがさっと口から鼻に抜ける。ほかに鶏肉やエビや舞茸の天ぷらもあり、全部は食べきれなかったので、残りは翌日の弁当に回ることになった。

夏の暑さ

| コメント(0) | トラックバック(0)

雨雲はようやく去り、今日は朝から晴れて暑くなった。まだ梅雨明けというわけではないようだが、7月にもなり、いよいよ夏がやってきた感じである。

月曜日なので線形代数学の講義と演習。講義ノートを見返していたら、予定していた部分まで説明するには時間が足りないような気がしてきたので、急遽講義内容とレポート課題を少し修正する。直前にあれこれ変えるとボロが出るものだが、今日に限ってはこの変更はよかったようで、余裕を持って説明をすることができた。月曜日の授業は、今日を入れてあと4回。もうひとがんばりだ。

まだ6月なのにもう関東地方で梅雨が明けたことになったらしいが、こちらはまだ梅雨真っ盛りとでもいうべき天気。明け方から雨が降り始め、ときおりそれがたたきつけるような強雨になる。今日も洗濯物は室内干しにするしかない。

Planters180630.jpgベランダのプランターで育てているバジル・大葉・イタリアンパセリは、相変わらず順調に葉を増やしている。もちろんこんな天気なら、水やりをすることもない。バジルは2週間前に摘芯をして葉をだいぶ摘み取ったはずのに、たちまち新しい葉が大きくなってきている。それだけならよいのだが、もうすでに花芽が伸び始めている株が目立つようになってきた。このまま放っておくと花が咲いて今年の収穫は終わりになってしまう。また収穫をしてよいのだが、前につくったバジルペーストがまだだいぶ余っているので、今度はどうやって使うか思案している。

大葉は弁当などで日に1枚か2枚くらいのペースで摘み取っている。今年は実は摘芯作業をしていないのだが、もう今のままでも十分な量を収穫できているので、今年はこのままいった方がいいかもしれない。イタリアンパセリもかなり葉が増えた。せっかくなので、何かたっぷり使える料理はないかと考えている。

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日常・雑記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは旅行・行楽です。

次のカテゴリは詰将棋・将棋です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07