日常・雑記の最近のブログ記事

今日は夕立が来ることもなく、朝から晩までひたすら暑い、夏らしい一日だった。天気予報によれば、幸い明日も晴れるようだ。

明日と明後日は、1泊2日で県北部の宿泊施設に泊まってくる予定。山中なので、天気がよければ久しぶりに少し山登りもしたいところ。ただ子どもがいるので、無理はしないでおこうと思う。

泊まり先はネットワークがつながらないかもしれない。その場合は、次の更新は明後日以降になる。

激しい夕立

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝は青空が広がって暑い夏の日になると思ったが、午後になって一天にわかにかき曇り、やがて激しい夕立になる。気温もそれに合わせて少し下がった。雨は30分ほどでいったんやみ、また日射しが戻ってきたが、暗くなるころはまた降ったりやんだり。安定しない天気が続いている。もっとも、東京は今月はずっと雨続きらしいから、それに比べればまだましな方かもしれない。

今日は採点をすませた答案用紙を教員の間で受け渡しし、点数をファイルに入力した。今期も採点作業が多くて大変だったが、ここまで来れば何とかホッと一息というところ。

BlueberryIcecream.jpg夜明け前にかなりまとまった雨が降ったようで、朝はベランダが床部も欄干もじっとり濡れていた。日中もどんよりとした曇り空が続く。もしかしたら、今年はもう一番暑い時期は終わってしまったのかもしれない。

昨日収穫したブルーベリーを使って、妻がアイスクリームをつくってくれた。アイスクリームメーカーがあるので夏にときどきやるのだが、ブルーベリー味は初めてだ。なかなかおいしい。ただ、ぺろっと食べてしまってもうおしまいなのが残念ではある。

さて、お盆休みも今日で終わり。明日からはまた通常営業である。

家で過ごすお盆

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日と明日は平日だがお盆休み。寝正月ならぬ寝盆で、日が高くなるまでごろごろしていた。天気が悪くなることが分かっていたので、行楽に行く気もなかった。実際、昼過ぎから雨が降ってきて、夕方にはそれが強くなった。どうやら明日もぐずついた空模様が続くらしい。結局、今年のお盆は特に何をするというわけでもなく、ひたすらのんびりするだけで終わりそうだ。その代わりというわけでもないが、次の週末は泊まりの旅行にでも行こうかということになった。

妻がまたベランダでブルーベリーを大量に収穫していた。先月初めて収穫し、そのあと先月末か今月頭にもう一度摘んでジャムをつくっていた。今日で今年3回目の収穫になる。ワンシーズンにこれだけ採れるとは思わなかった。

採点作業一段落

| コメント(0) | トラックバック(0)

雲はところどころ出ていたが、今日も概ね晴れて暑い一日。日中は残っていた採点作業を終わらせた。まだいろいろしなければいけないことはあるのだが、とりあえず最低限やっておかなければいけない仕事がこれで一段落した。

今日は東京で詰将棋の会合があり、そこで詰将棋とコンピュータに関わる講演が予定されていると聞いていたので、ちょっと気になっていた。雑誌の連載のための取材に行くことも考えたのだが、こちらでしたいこともあるし、結局見送ることにした。何しろ東京は遠い。

採点の日

| コメント(0) | トラックバック(0)

台風の影響もすっかりなくなり、今日は朝から晩までひたすら暑い一日だった。

試験の類がようやくすっかり終わったので、あとは採点するだけ。それも先週までに実施した分はあらかたやってしまったので、今日は昨日の試験をずっと採点して過ごしていた。まだ道半ばだが、何とかお盆前にだいたいやっつけてしまいたい。

朝起きてみると、やはり雨が降っている。しかし、風はそれほど大したことがない。気象情報を確認してみると、台風はだいぶ南側の進路を通ったようだ。広島県西部には特に警報も発令されていないし、この分なら今日の期末試験が中止になることはないだろう。ひとまずホッとした。

実際、雨はお昼頃にはあがり、やがて晴れ間が覗いてきた。試験は14時40分頃から予定通り実施。欠席や遅刻もなく、全員試験を受けていた。終了後、答案を問題番号ごとにまとめ直してから、それぞれを採点する教員に受け渡す。あとはこれをやってしまえば、やっと採点作業は一段落だ。もう一息、何とか頑張ろう。

台風の進路

| コメント(0) | トラックバック(0)

このところ睡眠不足気味で少々疲れていたので、今日は夕方にちょっと出かけたほかはずっと家で過ごしていた。日中は主に一昨日実施した期末試験の採点。この2日間頑張ったので、だいたい終わらせることができた。

さて、気がかりなのは台風だ。明日も自分の担当科目の期末試験があるが、もし朝の10時の段階で大雨か暴風の警報が発令されていると、試験自体が中止になってしまう。おそらくその場合は翌日に試験をすることになるだろうが、これからお盆まではギリギリの日程でいろいろな予定があるため、突然日程が変わると結構困ったことになる。何とか予定通り行われることを祈るばかり。

何も食べない朝。勤務先に着くとすぐ健康診断の受付に向かった。ゆっくり行くと長い行列につくことになってやたらに待たされるから、健康診断はとにかく早く行くのが大事だ。以前、万全の状態で臨もうとトイレに行ってから受付に赴き、「ではまず尿検査ですね」と言われて愕然としたこともあった。何事も経験である。

すべての検査を終えて自室に戻ってきたのは11時頃だった。バリウムを出すため、すぐ下剤を飲む。この胃部X線検査さえなければ健康診断もずっと気楽な気分で受けられるのだが、まあ仕方がない。

2時40分頃からは解析学の期末試験。試験監督中に下剤が効いてきたらどうしようというのが心配だったが、何とか無事に終わった。月曜日にもう一つ別の期末試験があるので、今日の分の採点はなるべく早く片づけてしまうつもり。

明日は健康診断

| コメント(0) | トラックバック(0)

ここ数日は雨も降らず、とにかく暑い日が続いている。最高気温は連日、35度前後まで行っている。まさに夏本番である。南の海上をうろついている台風の動きが気がかりなところだ。

普段は就寝前のひととき、このブログを書きながらお菓子の一つも食べたりすることもあるが、今日は何も口にしていない。それどころか、明日の朝も何も食べない。健康診断があるためである。ちょっと何か口にしたいところだが、今夜は我慢。

昨日の代休

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日は休日出勤をしたため、今日はその代休をとる形で家にいた。昨日の昼までは休みを翌日にとるつもりはなかったのだが、昨夜になって娘が体調を崩して熱を出したため、今日は留守居役をつとめることに決めたのである。午前中のうちに医者に連れて行き、薬をもらってきた。夕方にはもう熱は下がって元気そうにしていたので、もう峠は越えただろう。

今日はお昼過ぎまではギラギラと真夏の太陽が照りつける夏らしい天気だったが、3時くらいから急に空が厚い雲に覆われてにわか雨が降ってきた。幸い、うちのあたりはちょっと降っただけで終わったが、すぐ近くの地域では避難勧告が出るくらいの豪雨が降ったところもあるようだ。8月もまだこんな日がきっとあるだろう。

SeaUrchinPasta.jpg日曜日だが、オープンキャンパスがあるので朝から家を出て勤務先へ。すでにポスターなどの準備はしてあったので、来客を手ぐすね引いて待ち構える。9時半を過ぎるころからポツポツと部屋を訪れる人が現れ始めた。10時半から11時半あたりが一番忙しく、何度も同じ説明を繰り返す。お昼過ぎにやっと一息ついた。弁当をすませたあと、午後も2組ほどの来場者にポスター内容を説明。やっとそれで研究紹介の時間が終わった。

5時半頃帰宅。家族で近くのスーパーに買い物に行くと、珍しくウニが半額で売られていた。この店でそんなことは滅多にない。せっかくだからということで買って帰り、久しぶりにウニクリームパスタをつくった。ニンニクで風味を出してからタマネギを炒め、頃合いを見て白ワインと生クリーム、パルミジャーノチーズを加える。これをパスタと和え、最後にウニを絡める。今回は仕上げにネギを散らしてみた。パスタのゆで汁をもう少し足した方がよかったかもしれないが、味は悪くなかったと思う。

前期講義最終日

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日の頭痛は朝には治まっていた。ただ、また鼻水がぶり返してきて、鼻がむずがゆくて仕方がない。くしゃみも出やすいのでマスクをして出かけた。幸い、勤務先に着いたあとは急に状態がよくなり、鼻水もくしゃみもほとんど出なくなった。このままよくなってほしいものだ。

今日は前期の講義の最終日。今年はいろいろバタバタしてしまって反省点も多かったが、何とか最終回までこぎ着けた。しかし、これからまだ期末試験がある。今日は演習のテストもしたので、まずはその採点だ。そして来週の金曜日に解析学の期末試験、さらに翌週の月曜日に線形代数学の期末試験と続く。この採点週間を乗り切ればやっと一息つける。もう一踏ん張りだ。

少し風邪気味

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日は一日中、鼻水とくしゃみが出て仕方がなかった。今朝になって鼻水は少し治まったが、代わりにちょっと頭が痛い。どうも少し風邪気味のようだ。幸い今日は会議も講義もなかったので、したことといえば、今度の日曜日に行われるオープンキャンパスの準備と、期末試験を控えて質問に来た学生への対応くらいだった。明日は講義と演習があるので、何とか頑張ろう。

最近読んだ本

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日の天気予報では今日は好天になるということだったが、朝になってあらためて予報を確認してみると、いつの間にか曇り一時雨になっている。回復が当初の見込みより遅れるらしい。実際、夕方までほとんど太陽は出てこなかった。湿度は相変わらずで、蒸し暑い。

最近読んだ本の話。少し前だが、サラ・ウォーターズの「半身」を読んだ。元々は、同じ作者の「荊の城」を探しに書店へ行ったものの在庫がなく、その代わりに買ってきたもの。19世紀の英国に実在した監獄を舞台にした本格ミステリ。監獄の陰惨な環境の描写や霊媒師が出てくる妖しい雰囲気などが魅力的で、一気に読んでしまった。

もう1冊、つい先日読んだのがウンベルト・エーコの遺作「ヌメロ・ゼロ」。新しい新聞を創刊すべく、パイロット版(ゼロ号=ヌメロ・ゼロ)を準備する記者たちが登場する。しかし編集会議では、いかに情報を操作して真実をゆがめ、新聞の出資者が望んでいる内容にするか、ということばかりが話し合われる。あくまで新聞としてニュースをただ伝えているという体を装いながら、特定の個人の社会的な信用をおとしめるためにはどういう記事を書けばよいか、などという話も出てくるのだ。昨今の日本の状況にもつながるものがあるように思う。エーコの先見の明に感心した。

蒸し暑い日々

| コメント(0) | トラックバック(0)

ここ数日、梅雨が戻ったかのようにどんよりした空模様が続いている。今日はお昼頃に雷雲がやってきて、10分くらい土砂降りになった。午後にも一度通り雨があり、夜になってまたざあっと降ってきた。天気予報によれば、明日は少し回復するようだ。

降っていないときもどうにも蒸し暑いから、運転中はずっとエアコンをかけっぱなしである。窓を閉め切っていれば快適だ。ところが、車から降りて湿度も温度も高い外に出ると、瞬間的に眼鏡が曇ってしまう。突然視界が磨りガラスで覆われたようになってしまうのだ。眼鏡がなくてもそこそこ見えてはいるので、ジメジメとした日は眼鏡を外していた方がわずらわしくなくていいかもしれない。

梅雨明け

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝方はまだ曇り空だったが、日が高くなるにつれて雲が切れ、青空が見えるようになった。そして気温がぐんぐん上がる。これはそろそろかな、と思ったら、やはり梅雨明けの発表があった。これでいよいよ、一番暑い時期がやってくる。これから1ヶ月半くらいは、あのうだるような熱気に耐えなければいけない。

今日は午後に会議が一つあっただけで、来客もなく静かな一日だった。

セミの声

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝から会議があり、いつもより早めに家を出た。まだ梅雨は明けていないことになっているが、ここ数日は雨もなく暑い日が続いている。昨日あたりからはセミの声が聞こえ始めた。いよいよ本格的な夏である。

金曜日なので午後は講義と演習。終わると保育園に慌ただしく直行する。いつも金曜日が終わるとどっと疲れる。講義は今月いっぱいまでで、その翌週が期末試験。それが終わるまで、もう少し頑張ろう。

野球観戦に行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

DeNA_vs_Carp.jpg今日は仕事を終えると急いでバスに乗って街中へ向かった。学生時代の同期で今はH大に勤めるT君から、カープ戦のチケットが手に入ったので一緒に観戦しないかと誘われたのである。かつての旧広島市民球場に行ったことは何度かあるが、実はマツダスタジアムはこれが初めて。ついに訪れる機会が巡ってきた。

球場に着いたのは7時近くで、もう試合は始まっていた。ちょうどカープが先制点を入れたところで、応援席はすっかり盛り上がっている。今年もカープは絶好調だから、この分ならこの後も得点シーンが見られるだろう......そう思っていたのだが、ここから急に風向きが変わってしまった。ヒットを打たれたりエラーを連発したりでDeNAが逆転。カープは今日はヒットが全く出ない。それでも終盤に逆転するのではとみんな期待していたが、結局そのまま見せ場もなく終わってしまった。昨日だったらすごい盛り上がりに遭遇できたはずだったのだが、どうもツイていない日に来てしまったようだ。まあ仕方がない。それでも、マツダスタジアムの熱気を生で体感することができてなかなかよかった。

今日も梅雨空

| コメント(0) | トラックバック(0)

相変わらずの梅雨空。九州では集中豪雨で大変な被害が出ているようだが、うちのあたりはそれほどでもない。とはいえ、先日の台風が通過したあとも、ずっと降ったりやんだりが続いている。まさに雨季という感じである。

今日は午後から解析学の講義と演習があった。1週間の出勤日の最後にこれが待ち構えているので、終わると1週間分の疲れをもらってきた気分になる。明日は少しゆっくり寝ていられるのがうれしい。

午前中、先週訪れた街中の病院へまた赴く。抜歯したときに傷口を縫合していた糸を抜いてもらうためである。特に問題はなく、順調に回復しているということだった。これでこの病院にかかるのは終わり、また近所の歯医者に行くことになる。

病院のあとは勤務先へ。今日は台風が近くを通過しており、お昼頃までは雨脚が強かったが、3時くらいに雲が去ったようで急に天候が回復した。風はほとんど強くならず、雨も先日の雷雨のときに比べればそれほどのものでもなかった。

昨日実施した演習の採点を終わらせたところで帰宅。

休息日

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日もどんよりと雲が広がる梅雨空の一日。ここしばらくは、娘の体調不良や自分の抜歯など、健康面でいろいろなことがあって少々疲れたので、今日は休息日ということにしてのんびり過ごしていた。夕方に近場で買い物。そろそろ夜が寝苦しくなってきたので、娘が使うタオルケットを新たに買った。

花芽をつけ始めたバジルが増えてきたので、まとめて摘み取って妻がつくったピザに散らした。おいしくいただいた。

昨夜の雷雨

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨夜の雷雨はかなりのものだった。10時頃までは遠くでゴロゴロ聞こえているだけだったが、日付が変わるころになって音が大きくなり、雨も激しい降り方になってくる。一度寝室に入ったものの、カーテンの隙間から見える木々が風雨に打たれて激しく波打っているのが目に入り、ベランダのプランターが心配になってまた起き出した。春に天気が荒れたとき、ベランダのプランターをそのままにしていたら、真っ直ぐ伸びていたルッコラがぐにゃぐにゃに折れ曲がってしまったことがあったのだ。妻にも手伝ってもらい、プランターを風雨の当たらない玄関側に移した。その作業中、「バーン!」という凄まじい音が鳴り響いた。かなり近くに落ちたのだろう。

朝方には雨はやんでいた。勤務先に行くと、水道の調子がよくない。蛇口をひねっても、いつもより少ない量しか出てこないのである。やがて事務方からメールがあり、昨夜の落雷で水を高所へくみ上げる機器が故障したために水道が使えなくなっているとのこと。もしかしたら、夜半に聞いたあの落雷の音がそれだったのかもしれない。幸い、水道は夕方までには復旧した。

キジを見かける

| コメント(0) | トラックバック(0)

Kijis.jpg勤務先は標高400メートルくらいの山の中腹にあり、周りは自然が豊かである。ときおり小動物を見かけることもある。クマはさすがにいないだろうが、イノシシはずいぶん前に一度遭遇したことがある。

今日は道端に、キジが2羽いるのを見かけた。キジを目撃するのは初めてではないが、たいてい茂みの中にいるのを一瞬目にするだけであり、こんなふうにはっきり、それも2羽同時にいるところを見たのは記憶にない。どちらも派手な色合いなので、2羽ともオスのようだ。キジというと気性が荒いイメージがあるが、今日見た2羽は激しく喧嘩をしているという感じでもなく、縄張りについて話し合いでもしているように見えた。こちらがちょっと近づくと、そそくさと奥の茂みに消えていった。

抜歯翌日

| コメント(0) | トラックバック(0)

抜歯から一日経って、やはり顔の片側がぷくっと腫れてきた。唾を飲み込むとときおりかすかに血の味がする。しかし、これはつらいと感じるほどでもない。反対側の親知らずを抜歯したときのことを考えれば楽なものだ。お昼少し前に昨日と同じ病院を再度訪れ、傷口の様子をチェックしてもらう。特に問題はないようだった。今は傷口を縫合しており、来週に糸を抜くためにもう一度受診することになっている。

その足で勤務先に回り、コンビニで買ってきた小さな弁当でお昼をすませる。噛む場所は気をつけなければいけないが、ゆっくり食べれば何とかなりそうだ。午後は昨日できなかった採点の作業をしていた。

6時過ぎに勤務先を出る。近所でJリーグの試合をしていたせいで道が少し混雑していたが、何とか保育園の送迎時間に間に合った。

親知らずを抜く

| コメント(0) | トラックバック(0)

保育園に娘を送ったあと、バスで街中の病院へ向かう。親知らずの抜歯をするためである。処置は11時半で、昼食はそれより前にすませておくようにとのことだったので、病院内にある食堂でカレーを食べる。トイレでよく歯を磨いてから、いよいよ口腔外科に向かった。

かつて反対側の親知らずを抜いたときは、処置にも時間がかかったうえに出血量がひどく、結構大変だった。担当した若い医師が、処置中に先輩らしき医師を呼んできてアドバイスを求めていたことはよく覚えている。二人してこちらの口の中を覗き込み、「あそこ砕いてからこっち側に引っ張りゃいいだろ」「え、これですか」「いやいや、このへん」などとやりとりをしているのを、口を開けて聞いていなければならなかった。あのときよりは簡単に終わってほしいというのが唯一の願いだった。

11時35分から麻酔を打って処置が始まったが、いくつかに砕いて歯を取りだし、傷口を縫合するところまでやって、全部終わったのが12時5分。30分で片がついてしまった。あのときのように大量に出血することもなく、落ち着いた気分で帰路に就く。さすがに麻酔が切れると痛みが増してきたが、痛み止めを飲めば十分耐えられる。夜になって少し腫れてきたので、数日間は顔の輪郭が少し変わるだろうが、前回の抜歯のことを思えばこれくらいは何でもない。想定していたより、だいぶあっさりすんでよかった。

抜歯後の状態を確認してもらうため、明日もう一度病院に行くことになっている。そこで大きな問題がなければもう大丈夫だろう。

自転車操業

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はTR大のI先生がお見えになったので、研究のことに関していろいろお話をした。その後、講義の準備をしたり、先週の演習の採点結果をファイルに入力したり、細々とした作業を大急ぎでやる。すべきことがギリギリで何とか終わると、すぐに線形代数学の講義と演習へ。自転車操業だったが、何とか無事に終わった。

明日は病院で親知らずを抜く予定。講義や会議の予定もないので、一日休暇をとることにした。

VongoleRosso.jpg朝から曇り空。夕方には雨が降り出し、やがて雨脚が強くなった。やっと梅雨らしい天気になってきた。

一昨日ペペロンチーノをつくったばかりだが、今日は妻がアサリを買ってきてくれたので、それを使ってボンゴレロッソをやった。もともと、一昨日これをつくるつもりだったが、たまたまアサリが全く売っていなかったのである。今は旬ではないから、入らない日があっても不思議ではない。

アサリを使ったパスタというと最近はボンゴレビアンコの出番が多く、ロッソは昨年の8月以来だった。トマトソース系は失敗することはまずなく、だいたいおいしくできる。今日もなかなかよいできだった。

Peperoncino.jpg今日はずっと先週の中間試験の採点をして過ごしていた。夕方になり、もうひと頑張りと思っていたところで保育園から電話。また熱が出たとのことで、すぐ迎えに行く。その足で医者に行って薬ももらってきた。まあ今の時期は、まだこういうことの繰り返しになるのは仕方がない。

夜、ありあわせのもので夕飯をつくることになり、ベーコンと舞茸のペペロンチーノをつくった。昨日ベランダのプランターで育てているイタリアンパセリを見たら、古い葉から黄色くなり始めていたので、完全に枯れてダメになる前に使ってしまいたかった。ペペロンチーノ自体は、実は週末になるとよくつくっていて慣れている。今回もまあまあのできだったかと思う。

久しぶりの雨

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝方、歯の定期健診に行く娘を歯医者まで送ったあと、10時から4年生のセミナー。ところが、学生が一人現れない。どうやら明日と勘違いしていたようで、1時間以上遅れてやってきた。まあ、たまにはそういうこともある。来週の火曜日は自分が抜歯をすることになっているため、次回のセミナーは木曜日に行うことになった。

午後から雲が厚くなり、やがて雨が降り始めた。本当に久しぶりの雨である。もしかしたら、今日からが本格的な梅雨になるのかもしれない。

Ajisai2.jpgAjisai1.jpg夕方、買い物の帰りに、マンションのすぐ裏に咲いているアジサイを見に行こうということになった。ベッドのある部屋から下を見下ろすと、建物に沿うように植えられたアジサイが咲き乱れているのが見えており、ちゃんと間近で見ようと家族で話していたのである。もう日が落ちかけていて少し薄暗くなっていたが、青や紫や白のアジサイが咲いていて、思っていた以上に美しかった。アジサイに関しては、どこか遠くまで見物に行かなくても、この時季に家の裏手に行けばもう十分なようだ。ちょうど我々が見に行ったときは、花の下でネコが身を休めていた。ネコとアジサイというのも、なかなか絵になるものである。

少し枯れかけている花もあり、楽しめるのもあと少しのようだ。来週の土日ではもう遅かっただろう。よいタイミングで訪れることができた。

朝から会議があり、いつもより早めに家を出た。今日も外は快晴。会議は幸い、それほど長い時間かからずに終わった。午後は解析学の中間試験。特にトラブルもなく終了。続いて解析学の演習があり、その答案も回収する。これから、試験と演習の答案を両方採点しなければならない。しばらくは空いた時間を全部費やさないといけないだろう。

金曜日は忙しいことが多く、終わると1週間の疲れがまとめてやってきたような気になる。明日はゆっくりしよう。

空梅雨?

| コメント(0) | トラックバック(0)

珍しく講義も会議も採点の作業もなかったので、研究で出てくる計算を少し進めていた。こういうものはまとまった時間がないとなかなかできない。今は、そういう時間がとれるとしたら水曜日か木曜日しかない。貴重な時間を無為に過ごすことのないようにしなければいけないと思うのだが、木曜日が終わると、もっと時間を有効に使えたのではないかという気になる。

今日も朝から青空が広がり、一日中よい天気だった。確か先週の水曜日に梅雨入りしたことになっているはずなのだが、それ以降で雨や曇りだった日は、梅雨入りした日のほかにもう一日あっただけだったと思う。それ以外はずっと好天ばかりだ。昨日も快晴だったし、一昨日も晴れていた。明日の天気予報も晴れだ。これで雨季というのはさすがに無理があるだろう。実のところ、日本の梅雨というのはこんなもので、雨の季節というわりには、何となく雨の日が少し多かったりそうでもなかったり、というような漠然とした降り方のことが多いように思う。去年の今ごろは珍しく連日雨ばかりで、雨季らしい雨季だなと思ったものだが、今年はまたいつもの空梅雨に戻ってしまったようだ。

連載記事の原稿

| コメント(0) | トラックバック(0)

午前中は、先々週実施した中間試験の答案の受け渡し。担当教員がそれぞれ採点した答案を持ち寄り、自分が受け持っているクラスの分を受け取った。自室に戻ると早速得点をファイルに入力する。今年はできが悪いのではないかとちょっと心配していたのだが、幸いそれほどでもなかったようだ。午後は昨日の演習の採点をしていた。

帰宅後、先週届いたS誌をパラパラ見ていた。今号もなかなか面白い記事が多い。もっとも、自分の連載記事は面白いかどうかといわれると微妙なところである。まあ何しろこの雑誌においてこの内容は異質だから、購読者の中でこのページに目を通している人はほんの一部だろう。

毎月やってくる締切よりはだいぶ早く原稿を仕上げていくつもりでいたが、最近は時間がとれなくてあまり余裕がなくなってきている。ギリギリになって大慌てで書くような事態は避けたい。もしブログを更新しない日が増えることがあったら、原稿に追われているのだろうと思っていただきたい。

だいふくもち

| コメント(0) | トラックバック(0)

一昨日の誕生日に合わせて実家からいろいろ送ってきてくれたものの一つに、自分が子どものころに読んでいた絵本があった。「だいふくもち」(田島征三作・福音館書店)。そうそう、そういえばこんな本があったなあ、と懐かしく思い出した。

この本、子供にとってはちょっとショッキングな内容である。何しろ終わり方がゾッとするし、全編を通して絵のタッチもどこか不気味だ。トラウマになる、というほどでもなかったが、ラストの絵はやはりかなり印象が強かったようで、はっきり記憶の片隅に残っていた。

ただ当時全く認識しておらず、今回読み直して初めて気づいたことは、この絵本が土佐弁で書かれているということだった。「おまん、どうしたぜよ」とか、「なんちゃあこたえざった」とか、幕末もののドラマでも見ていればすぐ出てくるような言い回しが随所に現れる。それによって物語に何とも言えない味が生まれているのである。これは40年近く前の自分には分からなかった。時間をおいて読み直すと、こんな絵本でも思わぬ発見があるものだ。

絵本が届いてから、早速娘にせがまれて何度も読み聞かせをしているが、自分がこわいと感じる絵になると、朗読を耳で聴きながら絵から目を背けてしまう。それでも興味はそそられるようで、終わるとすぐまた読んでくれと言う。こわくても何となくまた見たくなるという魅力が、やはりこの絵本にはあるのだろう。

今日でまた一つ、年をとった。金曜日なので午後から解析学の講義と演習。学生には誕生日がどうとかいうことはもちろん言わなかったから、勤務先では普段と全く変わらぬ一日だった。帰宅してから、妻が買ってきてくれた小さなチーズケーキを家族で食べる。娘も歌を歌ったりしてお祝いしてくれたが、ケーキは甘すぎたらしく、あまり口をつけなかった。まあ3歳なら、甘いものが大好きというよりはこれくらいがいいのかもしれない。

そういえば以前、「ぞろ目」の年齢になった、と書いたのだった。あれから11年、再びぞろ目の年である。今から11年後の誕生日には、まだ生きているとして、どこで何をしていることか。

今日は午前中、街中のH病院に行った。先月末に行った歯医者で、ここへ行って親知らずを抜いてもらってきてくださいと紹介状を渡されていたのである。総合窓口で最初の受付をすませてから口腔外科へ行く。今日のところは歯の様子を確認する診察だけだったが、レントゲンを見ながら説明してくれた医師によれば、親知らずが横向きになって埋まっているうえ、根っこが神経と交差しているようなので、抜歯の難易度は高いとのこと。確率は高くないが、感染症だの麻痺だのの可能性もないわけではないと言われる。まあこの期に及んでじたばたしてもしかたがない。実際に歯を抜くのは今月の下旬ということになった。

今度抜く親知らずは左の下側だが、右の下側はすでに昔抜いている。おそらくもう15年以上前のことだ。あのときは、抜糸が終わるまでやたらに時間がかかったうえに出血がなかなか止まらず、病院からの帰り道に電信柱の陰でときどき血を吐きながらトボトボ歩いた記憶がある。今日の話だと、少なくともまたそれくらいのことにはなると思っていた方がよさそうだ。

昨日までは天気がよかったが、今日は午後から次第にどんよりとした曇り空に変わってきた。気象情報を見ると、九州と山口県は今日梅雨入りしたとのこと。県境の向こうとこちらで梅雨入りが違うというのも妙な気がするが、確かに今日は雨は降らないで終わった。しかし天気予報によれば、明日はほぼ間違いなく雨になる。きっと明日から広島も梅雨入りということになるのだろう。

再び歯医者へ

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝、すっかり元気になった娘を保育園に送り届けたあとで歯医者へ。先週見つかった虫歯を治療してもらう。とりあえずの処置はしてもらったが、歯医者の先生が言うには、虫歯になった歯の隣にある親知らずを残しているとすぐまたやられてしまうから、先のことを考えるなら抜いてしまった方がよいとのこと。下側の親知らずのうち、右側は20年くらい前にすでに抜歯しており、今は左だけが残っている。そのうちこちらも抜かないといけないだろうと思いつつ先延ばししてきたが、とうとう年貢の納め時が来たようだ。来月、大きな病院の口腔外科に行くことになった。

その後は勤務先へ。お昼を食べるとき、まだ口の左側に麻酔が効いており、食べるのにちょっと苦労した。咀嚼自体は問題なくできるのだが、痛覚がなくなっているため、唇を噛んでも全く分からないのである。自分が気がつかないうちに唇を噛み切ってしまうのではないかと心配だった。

午後は一昨日実施した中間試験の採点。採点基準などはだいたい固まったので、明日は一気に進めたい。

朝方、昨日実施した中間試験の答案を担当教員で持ち寄った。採点の分担を決め、それぞれに答案の束を渡す。これから空いた時間になるべく早くやってしまわないといけない。

お昼を挟み、午後は数学教育に関する学内向けの報告会で発表。毎年実施しているもので、発表者を務めるのもだいぶ慣れてきた。今年も何とか無事に終了。

今日は終わると早めに帰路に就いた。今日も保育園を休んだ娘の面倒を見るためである。幸い、今朝から熱は平熱に戻ったので、順調なら明日からは普段通りの生活に戻れるだろう。

忙しい毎日

| コメント(0) | トラックバック(0)

娘は今朝も調子がよくないようだったので、保育園はお休みした。自分もそうだが、4月から5月にかけては体調を崩しやすい。気温の上下が激しいこの時季は、体調管理が難しい。

今日は午前中に4年生のセミナーをしたあと、先週実施した演習の採点結果のファイル記入、午後に行われる中間試験で使う解答用紙の準備など、いろいろな作業を急いでこなした。線形代数学の中間試験は2時40分過ぎから。幸い、受講者は全員出席して試験を受けてくれていた。

試験の終了後もいろいろたまっている事務作業を大急ぎですませる。どうもこのところ、平日になるとバタバタしている。明日は数学教育に関する学内向けの報告会で発表もしなければいけない。それがすめば、今度は今日の試験の採点だ。忙しい毎日が続く。

金曜日はいつも忙しいが、今日はとりわけ慌ただしかった。朝早くから会議があり、いつもより早めに家を出る。日中は講義や演習の準備をしたり、提出されたレポートのチェックをしたりして過ごし、2時半過ぎから夕方までは解析学の講義と演習。普段の演習は同僚の先生とTAも加わった3人体制で行っているが、今日はお二人とも学会出張でご不在。ピンチヒッターで代わりの学生がTA役をしてくれたが、やはりいつもより忙しかった。また、線形代数学の中間試験が近づいているため、演習終了後に質問をしてくる学生も多く、対応に時間を取られた。自室に戻ったのは、演習が終了してから20分後。大急ぎで荷物をまとめて飛び出し、何とか保育園のお迎え時間に間に合った。

明日はやっと休んでいられる。少しゆっくりしよう。

体重減少?

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近、体重が気になってしきりに体重計に上がってみていた。というのも、今月になって久しぶりに体重を量ったら、以前の体重からずいぶん落ちていたのである。元々太っている方ではなく、ダイエットしているわけでもないのに、なぜこんなに減ってきているのだろうか。見た目では以前と大して変わらないような気がするが、もしかして身体に深刻な変化が起きているのではないだろうか。あまり減るようなら、医者に診てもらった方がいいのかもしれないと考え始めていた。

どうして体重が減ったのか、真相が今日やっと分かった。先月、水漏れの修繕工事を行うため、洗面所に置いてあったいろいろなものを寝室や廊下に一時的に移動させた。その一つが体重計である。そのとき以来、体重計はカーペットが敷かれた廊下の上に置かれていた。何となく体重を量って数字が少ないのにびっくりしたのも、それから毎日のように数値の推移をチェックし続けていたのも、いつもそのカーペットの上にある体重計で測定していたのだ。今日になって、もしかしてと思い体重計を洗面所に戻して測定したところ、以前の体重とほぼ変わらぬ数値になった。要するに、置いた場所がいけなかったという、それだけのことだったのである。心配して損をした。

それにしても、堅い床に置かないと、測定結果が1キロ以上も違ってくるとは思っていなかった。測定条件がしっかりしていない測定結果に意味がないというのは、理科の基本だ。よい勉強になった。

歯医者に行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

午前中は歯医者に行く。数ヶ月に一度歯のクリーニングに行っていて、今日もそれだけで終わりのつもりだったのだが、クリーニング後のチェックで虫歯になりかかっているところがあると言われてしまった。とりあえず、また来週に診療の予約をする。さっさと治してしまわないといけない。

歯医者が終わるとその足で勤務先に赴き、同僚の先生と打ち合わせ。来週数学教育についての報告会が行われることになっており、そこで使用する資料の内容について協議していた。午後は、打ち合わせの内容に基づいて資料の修正作業。それから、演習問題の解答例の作成などに時間を費やした。

ここ1週間くらいはずっと好天が続いているが、保育園に夕方行ったときは空が雲に覆われ始めていた。そろそろ明日あたりからは天気が崩れるのかもしれない。

衣替え

| コメント(0) | トラックバック(0)

先週まで、長袖にジャケットというスタイルを堅持していたのだが、さすがにもう暑くなってきた。研究室でじっとしていてもじんわりと暑いし、まして講義などをしているときは上着など着ていたら汗が止まらなくなってしまう。結局、ジャケットはほとんど脱いで過ごすことが多くなっていた。これではもう着ていく意味がない。そこで今日は、今シーズン初めて半袖で出かけた。快適である。もっと早く切り替えればよかった。

中学生のころ、制服には「冬服」と「夏服」があり、その切り替えは原則として6月頭だったように記憶している。当時はだいたいそれを遵守していたような気がするのだが、5月いっぱいまであんな厚手の制服をよく着ていたものだ。それとも、30年前と比べて、少しずつ温暖化が進んでいるのだろうか。何にしろ、今日から10月までは夏服で過ごすことになりそうだ。

階段上り

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日もよい天気の一日だった。午前中は4年生のセミナー。学生の説明に質問を挟んでいたら、予定していたところまで進まなかった。午後は昨日の演習の採点をすませ、その後は再来週に行われる数学教育に関する報告会の資料作成をしていた。

ここ数日、運動になるかと思って勤務先の一番下の階から自室のある一番上の階まで階段を使って上がってみている。うちの建物はちょっと変則的で、ほかの建物と階の数字を合わせた関係で、一番下の階が2階になっている。それで最上階は8階なので、7階分の階段を上ることになるわけだ。これくらい上ったからといってそれほど効果があるとも思えないが、今日みたいにデスクワークばかりしているような日は、何もしないよりはましだろう。

忙しい月曜日

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日に引き続き、今日も五月晴れ。気温もちょうどよく、日射しが心地よい。こういう日は1年のうちで何日もない。あのジメジメした時季がやってくるまでにこの空気を満喫しておきたいところだが、週明けはいつも慌ただしく過ぎてしまう。

今日も演習問題の採点や作成、講義や演習の準備などであっという間に一日が終わってしまった。金曜日と月曜日は講義と演習があるので、どうしても忙しくなる。特に月曜日は、金曜日に実施した演習の採点と成績評価のファイル入力を終わらせてしまう必要もあるので、限られた時間を有効に使わないと仕事が終わらない。もっとも、だらだらしていられないという意味では、こういう仕事が立て込んだ日がある方がよいと思うこともある。

何とか今日も無事に終わった。明日は4年生のセミナーと、今日回収した演習の採点が待っている。

朝からどんよりとした曇り空。出かけるときにはまだ振っていなかったが、湿っぽい空気からすぐ一雨来ることはすぐに分かった。喉の調子はまだ万全でなく、声も少しおかしい。それでも、昨日のように大声を張り上げなくてはいけない仕事はないからだいぶ気が楽だ。

午前中は4年生のセミナー。お昼を挟み、午後は昨日実施した演習の採点。それが終わると、たまっているデータ処理の仕事を少し進めていた。いろいろやらなければいけないことがたまっているのだが、時間がとれなくてなかなか前に進まない。まだ咳が止まらず本調子にはほど遠いが、それでも朝に比べると、帰るころにはだいぶよくなってきたように思う。

夕方、果たして雨が激しく降っていた。これだけ降るなら、明日はハーブに水遣りはしなくてもよさそうだ。

喉の調子

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日からはまたいつも通りの日々だ。熱はもうすっかり元通りなのだが、痰がからんでまだ喉がいがいがする。声もやや出しにくい。今しばらくは控えめに動くのがよさそうだ。念のためマスクをして出かけた。

月曜日なので、線形代数学の講義と演習が午後にあった。あまり声を張り上げずにやろうと思っていたが、あれも説明しておかないと、ここも強調しておかないと、とやっているうちに、結局普段と大して変わらない感じでしゃべってしまう。終わったあとはまた喉が痛くなってしまった。

明日は講義の類はないので、少し喉を休められるだろう。

連休終了

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日までの3日間、熱と頭痛が少しあってどうも体調が優れなかった。昨日の夜にはほぼ熱は下がり、今日も朝から36度台。もう峠は越えたようだ。ただ喉にまだ違和感があり、痰がからんで声が少々出しにくい。今日が講義の日だったら発声に苦労したかもしれない。風邪をひいたのが連休中でまだよかった。

この連休は天気のよい日が多かったが、体調のこともあり、詰備会に行ったほかはあまり遠出することもなく終わった。今日も夕方にちょっと買い物に行っただけ。食料品や娘の衣類などを買っただけで戻ってきた。

さて、これで連休も終了。明日は講義をしなければならないが、喉の調子が今日よりよくなっていることを期待したい。

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日常・雑記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは旅行・行楽です。

次のカテゴリは詰将棋・将棋です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07