日常・雑記の最近のブログ記事

回鍋肉をつくる

| コメント(0) | トラックバック(0)

Hoikoro.jpg昨日は天気こそよかったが、風が強くて妙に肌寒かった。今日はだいぶましになったものの、数日前の蒸し暑さに比べればまだ涼しく感じる。だからというわけでもないが、今日は特に遠出もせずのんびり過ごした。夕方に近所を散歩。娘のシャボン玉づくりにつきあった。

夕飯に何かつくろうかと思い立つ。何にしようかなかなか決まらないでいたとき、冷蔵庫の中にキャベツがあるから回鍋肉はどうと妻に提案される。なるほど、その手があった。甜麺醤もネギもちょうどまだあったから、豚肉を買ってくればいいだけだ。料理の手順も比較的簡単で、それほど時間もかからない。それでいて、まあそこそこにはおいしくなってくれるのである。本当は唐辛子を入れて辛味をつけるともっとおいしくなるのだが、娘がいやがりそうなのでやめておいた。気兼ねせずに唐辛子を使えるようになるのはいつごろだろうか。

回鍋肉は1月以来だった。またキャベツがあるときにやってみよう。

土砂降りの夕方

| コメント(0) | トラックバック(0)

このところ、晴れの日、雨の日というように、日によって天気がきれいに切り替わることが続いていたが、今日は違った。朝のうちはどんよりとした曇り空だったが、5時頃から雨が降り始め、1時間もしないうちに土砂降りになる。解析学の講義と演習を終え、急いで保育園に向かうころは、ワイパーが追いつかないほどの豪雨になった。雷鳴も轟き続ける。短時間とはいえ、これだけ激しく降るのは久しぶりだ。

雨は8時頃まで激しく降っていたが、その後ぱたりとやんだ。明日はまた晴れるようだ。

勤務先では、今もお昼をすませたあとにエスプレッソを飲むのを日課にしている。クレマの浮かんだ濃い一杯をきゅっと飲み干すと、お昼休みの終わりに句点を打ったみたいな心持ちになる。これで午後に向けて気分を切り替えられるのだ。

ただ、このところエスプレッソマシンの調子があまりよくない。エスプレッソの抽出を開始すると、ホルダーの脇からお湯が漏れ出してくるようになってきた。実は数年前にもこういう症状が頻発したことがあったが、ホルダーをきつく閉めたり、カフェポッドをずれないようにセットすることで何とか持ち直していたのだ。しかし、ここ1週間くらいはどう頑張ってもダメ。特に今日は大量にお湯漏れが発生し、ほとんどクレマのない、さえないエスプレッソになってしまった。

ホルダーに装着されている、ガスケットと呼ばれているゴムパッキンが劣化していると、お湯漏れが起こるようになるらしい。もう何百何千杯とエスプレッソをつくっているから、ダメになっていてもおかしくない。とりあえず、新しい部品を注文してみた。これで何とかなることを期待しよう。

新たなる殺意

| コメント(2) | トラックバック(0)

今日は朝から4年生のセミナーをすることになっていたが、約束した時間になっても2人いる学生の片方が現れない。電話をしてみたら、寝坊して今起きたところだという。至急来るように伝えた。

待っている間、もう一人の学生としばらく雑談。彼が少し将棋を指すことは聞いていたが、詰将棋も短手数のものならできるようだったので、「すごい3手詰があるんだよ」といってあの「新たなる殺意」を紹介してみた。こうやって、詰将棋が少し分かるという人にこの作品を見せるということを、ずいぶん前からやっている。3手詰でありながら、詰将棋の奥深さ、面白さをこれほど端的に表現してくれている作品はなかなかない。今回も彼は見事に最初は偽作意を読まされ、ずいぶん考えたあとについに作意を見つけてかなり感動していた。期待通りの反応である。発表されたのはもう30年前になるが、今なお色あせることが全くない名作だなとあらためて実感した。

掘り返された土

| コメント(0) | トラックバック(0)

相変わらず、日によって空模様がきれいに入れ替わる天気が続いている。昨日は雨の日だったが、今日と明日は晴れの日のようだ。気温もどんどん上がり、日中は長袖では暑さを感じるようになってきた。半袖にいつ切り替えるかをそろそろ考えておいた方がよさそうだ。

帰宅してからちょっとプランターの様子を見に行ったら、イタリアンパセリを植えているプランターの土が一部掘り返されたようになっている。朝見たときは何も異常がなかった。どうもこれは、日中に何か虫がやってきて卵を産み付けていった可能性が高い。一昨年は、コガネムシの幼虫と思われる白い虫が土中で蠢いているのを見つけてびっくりさせられたが、今回もまたそうだろうか。とりあえず薬剤をまいてみたが、こんなことならもっと早く対処しておくのだった。

今日もよい天気。普段の土曜日は前日の演習で回収した答案用紙を持ち帰って採点していることが多いのだが、今日は珍しくのんびり過ごした。昨日は保育園のお迎えを妻に頼み、勤務先に残って採点を一気にやっつけてしまっておいたからだ。

夕方は床屋に行く。この間の連休中に行くつもりだったが、詰備会萩旅行で先延ばしになっていた。だいぶ髪が伸びてきていてうっとうしかったが、やっと少しすっきりした。

6時過ぎにまた近くのアウトレットモールへ。これくらい遅く行くと、それほど待たずに駐車できる。店内は相変わらず盛況だったが、それでも先月のオープン直後よりは少し落ち着いているようだった。

NiraChilipeppers.jpg数日続いていた雨がようやく終わり、今朝は青空が広がっていた。この春は日ごとに天気ががらっと変わると先日書いたが、相変わらずその現象が続いている。

少し前に、冷蔵庫に余っていた材料でニラの唐辛子漬けをつくってみた。うちの近くにあるラーメン屋に行くと、机に置かれた小さな壺の中にそういうものが入っている。チャーハンなどにちょっと取って食べてみると、これが結構おいしいのである。うちでもあれを再現できないものかと思ってやってみた。つくるといっても、ニラを切って豆板醤と和えただけだ。あとはおろしたニンニクとごま油、それに牡蠣醤油もほんの少し加えてみた。豆板醤をたっぷり入れているので、かなり辛味は強い。しかし、これが食欲をそそってなかなかいける。今日もつけ合わせに食べたが、この分だとつくった分はすぐなくなってしまいそうだ。

雨続き

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は曇りから晴れるという予報だったはずなのだが、晴れるどころかぐずつく方向にしか行かなかった。午後からはずっと雨である。連休中はよい天気の日が多かったが、少なかった雨量を取り戻すかのように、一昨日からはぐずついた空模様が続いている。

今日は昨日の演習で回収した答案を採点し、その後は締切の迫った仕事をいくつか片づけていた。今週は締切週間で、ここ数日のうちに提出しなければいけない書類がいくつもある。明日も、学生のセミナーをすませたあとはその手の仕事に追われることになりそうだ。

金曜日の授業日

| コメント(0) | トラックバック(0)

ずっとよい天気の日が続いていたが、今日は朝から一日中雨。ときおり降りが強くなる。どうもこの春は、今日は晴れの日、今日は雨の日と色分けされたような天気が多い。

ずっと使っていた傘が先日壊れてしまったので、携帯用の傘で出かけた。本来なら、水曜日は講義が何もなくてゆっくりできる日のはずなのだが、曜日の日程調整のために今日は金曜日の授業をすることになっており、解析学の講義と演習をしなければならない。連休の谷間だし、天気は悪いし、イレギュラーな曜日だし、今日の出席者はかなり少ないのではとふんでいたが、ふたを開けてみたら再履修している上級生が数名来ていなかっただけで、1年生はだいたい出席していた。

6時半過ぎに帰宅。夜になり雨はやんだ。

詰パラ五月号

| コメント(0) | トラックバック(0)

早いもので、今日からもう5月。今年の3分の1はもう終わってしまったわけだ。どんどん時間が過ぎていく。今年の冬は、少なくとも1月下旬から2月にかけては毎日のように雪がちらついていたはずだが、何だかあれは別の世界のできごとのようだ。今や遠くの山々の青さはまぶしいほどだし、近くに目をやればいたるところツツジが満開である。

帰宅すると、詰パラの5月号が届いていた。結局4月号はほとんど解くことができずに終わってしまった。せめて今月号は......と思うが、時間を捻出することが今の生活ではなかなか難しい。それでも一桁手数のものくらいは見ておきたいものである。

SeaUrchinPasta.jpg一昨日、うちから車で10分くらいのところに、中四国最大規模という触れ込みの大型アウトレットモールがオープンした。手つかずの山林だったエリアを大規模に切り開き、何年も工事していた建物がついに完成したのである。昨日の夕方、どんなものかと思って偵察がてら出かけてきた。すでに一日の混雑時のピークは過ぎていて渋滞はさほどでもなかったが、それでも数千台収容できるという駐車場はびっしりと埋まり、中は家族連れなどでごった返していた。

さて、そのモールのスーパーで、オープンセールに閉店近くの値引きが重なってかなりの安値になっていた生ウニを買ってきた。ウニが手に入ったときは、いつもクリームパスタをつくることにしている。前にやったのは、おそらく昨年の。今回も普段通りにやってみた。ニンニクとタマネギを炒め、白ワインを入れて風味をつけてから生クリームを加える。バターや塩コショウも入れてからパスタと和える。ここにメインのウニを加えて混ぜればできあがり。本当はパルミジャーノチーズをパスタ投入前に入れるつもりだったが、うっかり忘れて仕上げに散らしたため、雪山のようになってしまった。それでも味はなかなかのものだった。

あのアウトレットモールには、近くに住んでいるというメリットを利用して、ほかの人たちが帰る夕方か夜に行くのがよいかもしれない。それでまたウニが安く売っていたら買ってこよう。

明日から連休

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝方は曇り空で少し肌寒く感じたが、その後は日が出て気温も上がった。金曜日なので解析学の講義と演習。演習中は質問を受けつけるが、今日もあちこちから手があがって大忙しだった。

明日から連休に入る。来週の金曜日は休日だから、次の解析学の講義は2週間後かと思いきや、そうではない。曜日の調整が行われるため、5月2日の水曜日は金曜日の講義が行われることになっている。ということは、そのときまでに演習の採点を終えなければいけないわけで、いつも以上にこの週末は大変そうだ。

傘の骨

| コメント(0) | トラックバック(0)

先週は好天の日が続いたが、昨日は雲が広がって空気も湿っぽく感じた。そして今日は朝から土砂降りの雨。こんな降り方は久しぶりだ。午後になっても一向に弱くなる気配がなく、ざあざあと降り続いていた。

夕方、保育園に着いて車から降り、傘を差して下駄箱まで歩いて行く。そこで傘を閉じようとしたら、いつの間にか骨が1本折れているのに気づいた。少しいじってみたが、もう直せるものではなさそうだ。過去の日記を調べてみると、この傘は8年前の夏に購入したらしい。折りたたみでない傘で大きくて丈夫なものをと思い、少し値の張る物を思い切って買った記憶がある。まあ8年使えば元は取れたかとも思う。

夜も更けたころ、ようやく雨はあがった。

車への落とし物

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日、今日と、雲一つない快晴の天気が続いている。気温もぐっと上がり、日中は暑さを感じる陽気だ。やっと寒気が完全に消え去った。

金曜日なので解析学の講義と演習。今年の1年生は、いつもより場になじむのが早い気がする。普段の年なら、4月のうちはまだ比較的おとなしい雰囲気だったように思うが、今日の演習の時間はもう結構わいわいがやがやという感じだった。まあ活気があるのは悪いことではないと思う。

演習の時間が終わり、急いで保育園に行こうと駐車場に行くと、車のフロントガラスの上に鳥の糞がべっとりとついていた。一昨日洗車したばかりだというのに、何ともまあタイミングの悪いこと。また洗ってもすぐ黄砂か鳥の糞がつきそうで、ガソリンスタンドに行くのを躊躇してしまう。次に雨が降るときまで放っておいた方がよいだろうか。

黄砂の季節

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝、車に乗り込んでみると、窓ガラスが妙に汚い。薄汚れた小さい斑点が無数に突いている。昨日の雨の跡が残っているのである。この時季は黄砂がひどく、雨が降るとすぐこんな状態になってしまう。実は先週も車が斑点だらけになり、ガソリンスタンドに洗車に行ったのだった。翌日にまた少し雨が降ったら、もう窓ガラスは模様入りである。これではいくら洗ってもきりがない。

天気予報を見ると、今日から数日はよい天気の様子。これならきれいな状態がしばらくもつだろうと思い、あらためて洗車に行ってきた。来月になれば、少し黄砂の飛散も少なくなるだろう。

二の腕の痛み

| コメント(0) | トラックバック(0)

ときおり小雨が降る、肌寒い一日だった。桜が散ってかなり経つというのに、なかなか本格的に暖かくならない。

数日前から、左の二の腕のあたりが何だか変だ。重いものを持ち上げたり、肘を後ろ側へ持ち上げたりすると痛くなる。どうも筋肉を傷めているらしい。おそらく、娘をだっこするときに無理な力がかかったのだろう。そろそろだっこをする時期も終わりかもしれない。

増えていく仕事

| コメント(0) | トラックバック(0)

金曜日は解析学の講義と演習がある。今日が第1回だが、月曜日の線形代数学の初回よりは少し落ち着いた気分でできたように思う。それでも、やはり新年度最初の講義というのは独特の緊張感がある。学生の方も最初は少しかたくなっており、お互いにそのぎこちなさが伝播するのかもしれない。

さて、これで授業期間の最初の1週間が終わった。新しい年度に入り、あれやこれやの書類作成の締切を知らせるメールが次々に舞い込んできている。こういう仕事を、空いた時間に少しずつ進めていかなくてはならない。当分はまた自転車操業の日々になりそうだ。

授業期間開始

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨夜、珍しくはっきり揺れを感じる地震があった。もう日付が変わって1時半くらいになっていたが、夜更かししてまだ起きていたところに携帯電話が緊急地震速報を知らせる音を鳴らし始め、それとほぼ同時にぐらぐらっと来た。うちのあたりは震度3くらいで大したことはなかったが、島根の方はかなりの揺れだったようだ。

さて、今週からいよいよ授業期間開始である。初日の今日、いきなり線形代数学の講義と演習があった。もう何年もやっているとはいえ、初回はどうもペースがつかめない。何しろ相手はまだ先月まで高校生だった人たちだ。授業内容だけでなく、講義や演習がどうやって行われるのか、どう勉強していくべきなのかというようなことに一通り言及しなければいけない。お互いに授業というシステムに慣れてきて感覚がつかめるのは、たいてい大型連休明けくらいである。

今日は早速、演習答案の束を持ち帰った。これからしばらくは、採点の仕事がひっきりなしに降ってくる。何とか頑張っていこう。

昨日からぐっと気温が下がり、今朝は先月末の暖かさが嘘のような冷え込みだった。寝室の窓にもびっしりと結露がついていた。

Gratin.jpgRigatoni.jpg今日はリガトーニというパスタを使って、挽肉とベーコンのトマトソースパスタをつくってみた。少し前に食料品店でリガトーニを買ってみて以来、どうやって使おうと考えていたのだが、どうもこれはミートソースのような味の濃いソースと相性がよいらしい。それで、トマトソースに挽肉を加えて少し重い感じにしてみた。さらに今日はつけ合わせとして、よくつくるジャガイモのグラタンもやってみた。どちらも大きく失敗するような可能性はほとんどないから安心してつくれる。白ワインと一緒においしくいただくことができた。

リガトーニは500g入りの袋からちょうど半分だけ使った。残り半分はどういうソースと合わせたらよいだろうか。クリームを入れたものでやってみてもおいしいかもしれない。

一昨日も早く出かけたが、今日はさらに早く家を出た。朝から新入生のためのキャンパス・ウォーキングという催しが行われるため、8時半には出勤せよと言われていたからである。保育園に立ち寄るまではまだ余裕があったが、やはり朝は道が混雑しており、到着はぎりぎりになってしまった。

キャンパス・ウォーキングは、入ってきたばかりの新入生にキャンパス内の施設を見せて回る企画である。20人くらいの班ごとに、ここには語学センター、あちらには事務室、などと案内していく。チューターの役目が回ってくる年は引率の仕事を引き受けることになるが、普段全く足を運ばない他学部の施設なども見学できるので、これはこれでちょっと面白い。ただ、今日は天気がひどかった。一昨日まではあれほどよい天気が続いていたのに、今日に限ってザアザア降りの雨である。ウォーキングなら、もうちょっとよい天気のときにしたかった。

もう1週間以上好天が続いていたが、今日は久しぶりにぐずついた空模様になった。サクラはすでにかなり散ってきているが、今日の雨で残っている花びらもほとんど落ちただろう。

午前中は勤務先の自室の片づけをしていた。この1年でたまった授業の資料やら演習の解答用紙の余りやら、開けもせずに放っておいたダイレクトメールやらが、机のあちこちに山をつくっている。それらを一つ一つ仕分けし、ほとんどはゴミ箱に持って行った。例年なら、こういう整理は3月の最後の週に行っている。今年は東京出張が重なってしまい、作業が新年度にずれこんでしまった。来週はもう授業が始まるし、今日明日が最後のチャンスだったのである。やっとこれで、新年度を迎える態勢ができた気がする。

午後は2年生のガイダンスに出席。その後は自室で原稿書きの仕事などをし、夕方いつもの時間に帰路に就いた。

今朝は普段より早く出かけた。朝から新入生ガイダンスがあり、チューターとして出席するためである。チューターとしての最初の仕事は、ガイダンスが行われる大教室の入口付近に陣取り、新入生にガイダンスの資料や学生証や在学証明書を渡すこと。名前を聞き、学生証に印字された名前と生年月日に間違いがないか確認してもらう。新入生はそれらを手にガイダンス会場に入ることになる。

作業をしていてちょっとびっくりしたことがあった。名前が完全に同じ学生がいたのである。名字も下の名前も、漢字まで完全に同じである。名字も下の名前もよくある名前ではあるが、それでも完全に一致した二人が同じ大学の同じ学部に同期として入学するというのは、特にうちのような小規模な大学ではかなり珍しいことに違いない。幸い、生年月日までは一致していなかったので、それが個人を特定する重要な情報になった。

ガイダンスは11時半頃に終わった。明日は2年生のガイダンスがあり、明後日は新入生がキャンパス内を一通り歩く催しがある。そして来週からは授業開始だ。いよいよまたあの忙しいサイクルが始まる。

白雪姫

| コメント(0) | トラックバック(0)

2017年度最後の日。どんなふうに過ごそうかと思っていたら、娘が熱を出してしまった。秋から冬にかけてはほとんど体調を崩すことがなかったが、こうやって暖かくなってきたときの方がやられやすいのかもしれない。自分自身も、4月から5月にかけては調子が悪くなることが多いと感じる。

ともあれ、午後から医者に連れて行ったりしたほかは、ケーブルテレビのチャンネルで放映されていたディズニーの「白雪姫」を娘と見たりしてのんびりしていた。それにしてもこの映画、1937年制作とのことで、つまりつくられたのは80年以上前なのである。そこまで古かったのかとちょっと驚いてしまった。

年度末

| コメント(0) | トラックバック(0)

いよいよ年度末も押し詰まってきた。月曜日に広島を発つときはまだほとんどつぼみの状態だったサクラは、今朝はもうほとんど満開である。ここ数日の陽気で、開花が一気に進んだらしい。この週末は花見日和になりそうだ。

娘の通う保育園では、年度が替わる時季を迎えてバタバタと新しい体制への準備が進んでいる。今年度でほかの保育園に異動される先生が一人、また退職される先生が一人おられるということで、今日はその離・退任式があったようだ。この保育園が開園したのは17年か18年くらい前で、最初は今回職を離れるお二人と3人の園児だけでスタートしたらしい。お世話になった方がこうしていなくなるのは、やはりちょっと寂しいものである。

シンポジウム最終日。今日も暖かく、歩いていると汗ばむほど。サクラはどこも満開だった。午前中は大御所M先生の講演の続き。昼食は昨日一昨日とは別の店に行った。午後はYさんの連続講演の最終回と、N大のMさんの講演。これでシンポジウムのプログラムがすべて終了した。今回は始めから終わりまで全部講演を聴いたが、勉強になることも多く、なかなか有意義だったように思う。自分の講演だけはどうも感心しなかったが、反省しつつ頑張っていくしかない。

全部の講演が終わると、大急ぎで駅に戻り、帰路に就いた。東京駅で駅弁を買う予定だったが、買いたかった弁当屋ですぐ前のお客が買う弁当を迷いに迷ってなかなか決めてくれない。18時10分発の便にはどうしても乗りたかったので、あきらめてホームへ向かった。車内販売を待っていたがなかなか現れず、豊橋を過ぎたあたりでしびれを切らして自分から買いに行く。7時半頃にやっと夕飯にありつけた。

11時頃帰宅。今年度最後の出張も何とか終わった。

シンポジウム三日目。午前中にまず大御所M先生のご講演。相変わらずのパワフルな講演だった。お昼はみんなで昨日と同じ中華料理屋に赴く。午後はまずK大のYさんの連続講演があり、そのあとに自分の出番が来た。毎度のことながらどうもパッとしない感じではあったが、とにかくこれで終わってホッと一息。

夕方にみんなで柏に移動して懇親会。総勢10名でアットホームな雰囲気だった。M先生とKG大のM先生がお帰りになったあと、残りの8名で2次会に行き、さらにもう少しあれこれ歓談。日付がそろそろ変わろうというころに店を出て散会した。

CherryBlossoms.jpgシンポジウム二日目。今日はホスト役のTR大の先生たちに会議の予定があるとかで、午後2時半までのプログラムだった。終わるとすぐ会場をあとにする。帰る前に喫茶店で少し明日の準備をした。

午前の講演が終わり、参加者みんなで中華料理屋に行ってお昼ご飯をすませたあと、キャンパス内のサクラを見に行った。昨日広島を出るときに見たサクラはまだほとんどつぼみの状態だったが、東京のサクラはもうほぼ満開に近い。気温も暖かで過ごしやすく、花も気持ちがよさそうに見える。このあとも当分よい天気が続くらしいから、今年は雨に花を散らされることがない分、少し長く楽しめるかもしれない。

今日から東京出張。7時過ぎに家を出る。8時少し前に広島駅から新幹線に乗ったが、新大阪あたりまではかなり混雑していた。天気は快晴で、新富士駅を通過するころは富士山をきれいに眺めることができた。

シンポジウム会場のTR大に着いたのは1時過ぎ。今回はシンポジウムといっても内輪の勉強会のようなもので、講演者と聴講者を合わせても10人しかいないこぢんまりしたもの。K大のYさんの連続講演を中心に、一つ一つの講演時間が通常より長めに設定されている。今日はYさんとK大のMさんの講演を聴講した。

初日の講演が終わったあと、みんなで柏に移動して夕飯。9時半頃散会した。

明日から出張の予定だが、何だか少し風邪気味。のどの違和感といい鼻水といい、まだ大したことないが、これからもっと悪くなる兆しなのではないかという気もして少々心配だ。1月末の東京出張では鼻水がひどくて散々な目に遭った。どうしてこうもタイミングが重なるものか。まあ今回はあまりひどくならないでいてくれることを願う。

今日は、夕方に買い物に出たほかはずっと家で過ごした。詰将棋解答選手権チャンピオン戦の様子もときおりチェックする。もう藤井聡太六段は一人だけ突き抜けた世界に行ってしまっているようだ。対抗できるとしたらWさんだったかもしれないが、今回は参加を見送られたようで残念。それにしても、こんなことになるなら、6年前の詰将棋全国大会で見かけたときに一言くらい話しかけておくんだった。羽生さんのタイトル獲得数に迫ることができる棋士はもう現れないのではとも思っていたが、藤井六段のこの強さを見ていると、もしかしてこの人ならという気になる。

さて、明日より出張。日程がタイトでちょっと大変だが、何とか頑張ろう。帰宅は木曜日の予定。

賑わう公園

| コメント(0) | トラックバック(0)

週の前半の悪天候が嘘のような青空が、昨日今日と広がっている。来週の天気予報を見ても、傘のマークが全く出てこない。気温も日を追うにつれて上がりそうだ。サクラは今はまだほころんだつぼみが少しあるくらいだが、この数日で一気に花が開くだろう。

娘が公園の遊具で遊びたいというので、お昼ご飯のあとに車で出かけた。最初は大きな遊具のある公園まで足を伸ばしたのだが、着いてみると駐車場が完全に埋まっている。本格的に春が訪れた土曜日の昼下がりでこの陽気ときては、公園で子どもを遊ばせる親が増えるのも当然だろう。あきらめて、もう少し近所にある小さな公園へ移動する。こちらは人が少なかったが、ブランコやすべり台で遊んでいるうちに徐々に家族連れが増えてきた。うちと同じように、大きな公園に入りきらなかったグループなのかもしれない。そろそろ潮時と思い、3時くらいに自宅へ戻った。

学位記授与式

| コメント(0) | トラックバック(0)

勤務先では今日、卒業式が行われていた。その後は学科ごとに分かれて学位記授与式。わいわいがやがやいう中、「学位記、某、以下同文です」が繰り返され、流れ作業のように学位記が渡されていく。何十人もいるから、こんな感じになるのも致し方ない。自分のことを思い返してみると、博士課程の学位記授与式は記憶にあるが、学部卒業のときはどこでどんなふうにいただいたのだったか、どうもよく思い出せない。21年前のこととなると、いろいろな記憶がだいぶ色あせてきてしまっている。

夕方、T大のT君より電話。12月にK先生の古稀を祝う研究集会を行うつもりとのこと。これでまた出張の予定が一つ決まってしまった。

3日続いた雨がようやくあがり、今日は久しぶりに日が差した。朝方はまだ雲が多かったが、午後にはそれも消えて青空が広がる。ただ気温はまだ低くて、外に出るときはコートかジャンパーを着ないと少し肌寒い。それでも、これでやっと春が本格的にやってきたという気がする。折しも、今日は広島でサクラの開花宣言があったようだ。月末には見頃を迎えているだろう。

今日も研究室にずっと逼塞していた。来週に講演しなければいけないことになっているので、その準備である。東京や大阪で講演するときには毎度のことだが、今回もまた新幹線の中で必死にあがくことになりそうだ。

雨続きの日々

| コメント(0) | トラックバック(0)

一昨日は一日中雨、昨日も一日のほとんどの時間帯で雨がぱらついていた。そして今日も、朝から晩まで全く降り止まず。3日連続で雨というのは、梅雨の時季でもそう多くはない。しかも今日はかなり強くザアザアと降ることもあった。気温も低くて肌寒い。もっとも、関東の方では雪が降ったらしいから、それに比べればまだましかもしれない。

夕方に将棋センターに赴き、詰将棋解答選手権について現在の参加申込者数を確認する。ほぼ例年と同じくらいの人数は集まりそうだ。

雨の一日

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨夜は娘を寝かしつけに行き、そのまま眠り込んでしまった。ちょっと疲れがたまっていたのかもしれない。

今日は朝から雨だった。夕方になるころには、さらに降りが強くなっていた。天気予報によれば、今週は天気が悪い日が多いようだ。広島ではまだサクラは開花していない。暖かいところではもう咲き始めたそうだから、月末にはきっとこのへんでも見られることだろう。

寒の戻り

| コメント(0) | トラックバック(0)

やはり今朝はまだ天気が悪いままだった。保育園での小遠足はやはり中止になっていた。たとえ雨がやんだとしても、足下がぬかるんでいるから、座って弁当を食べたりするのは難しかっただろう。

午後になったら晴れるのかと思っていたが、夕方になっても陰鬱な空のままだった。気温がぐっと下がり、2月上旬に戻ったのかと思うような寒さ。風も強く、ときおりビューッという音が聞こえる。本格的な春が到来するまでは、ときどきこういう寒の戻りがあるのだろう。

下り坂の天気

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日はよい天気だったが、今日は朝から曇り空。夕方までは何とかもったが、夜になって雨が降り始めた。天気予報によれば、明日の朝までは続くようだ。娘の通う保育園では、明日は近くの公園まで行ってお弁当を食べる小遠足が予定されているのだが、出発前までに雨がやんでくれるだろうか。

今日はずっと勤務先の自室で研究に関する計算などをして過ごした。この時期は講義も会議もなく、束の間の安息期間というところ。来月になればまた自転車操業の日々がやってくる。今のうちにやるべきことを少しでも進めておかないといけない。

週末、実家に帰っていたとき、押し入れの中に古いフォトアルバムがあるのを見つけた。アルバムといってもバインダースタイルの立派なものではなく、カメラ屋で現像してもらったときにおまけでつけてもらう小冊子のそれである。中を見ると、撮影されたのは1987年の夏で、海やプールで泳いでいる様子が写されていた。

懐かしいなと思って見ているうちに、あることに気がついた。自分が写っている写真は、すべて両手に腰を当てたポーズをとっているのである。庭であろうが海岸であろうがプールであろうが、どこで撮られた写真であっても、1枚の例外もなく、腰に手をやっているのだ。どう考えても、これは意識的にやっている。つまりこのころの自分は、この格好が「決まっている」と思っていたようである。30年経った今から見ると、何とも滑稽でしかない。

1987年といえば、当時中学2年生。確かに、かっこつけたくなる年頃ではある。いつの間にか、ずいぶん前のことになってしまった。

広島に帰宅

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝方、母とともに病院へ車で赴き、退院した父を乗せて帰ってくる。何とかこれで一区切りついて一安心というところ。お昼はまたパスタで、昨日買っておいたオリーブなどを使ってプッタネスカをつくった。

1時過ぎに実家を出て広島への帰路に就く。14時半東京駅発の新幹線に乗ったが、もう少し遅い便になっていたらかなり大変な目に遭っていたかもしれない。16時過ぎに静岡と浜松間で停電が発生し、東海道新幹線はそれから2時間くらい運転を見合わせていたらしい。停電の影響を受けてストップしたのは、多分自分たちが乗った便のすぐ後ろからだろう。巻き込まれなくてよかった。

7時半頃帰宅。明日からはまた通常営業だ。

UmeBlossoms.jpgPorciniPasta.jpg現在、実家に滞在中。お昼に何かつくることになり、乾燥ポルチーニが余っているのを見てポルチーニのパスタをつくってみた。ポルチーニのパスタというとこれまではクリームパスタばかりだったが、今日は初めてのオイル系。入れているのはポルチーニとニンニクとパセリだけというシンプルなものである。ポルチーニの香りが立っているので、これくらい簡単なものでもパスタらしくはなっていたように思う。やはりポルチーニの戻し汁が入ることが大きいようだ。

その後、近所の公園を散歩。ちょうど梅の花が見頃を迎えており、あちこちで花を楽しむことができた。

夕方に病院へ赴き、父を見舞う。明日、退院できることになった。

実家に移動

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は自分も妻も休みをとってあった。娘も保育園はお休みし、家族そろってお昼過ぎに家を出て東京へ向かう。実家の父が先月末から体調を崩しており、その見舞いに行くためである。夕方に病院に着き、いろいろと現在の状況について話を聞いた。経過が順調なら近々退院できるとのこと。

見舞いを終えたあと、母も一緒に4人で駅前のイタリアンで夕飯。9時半頃に実家にたどり着いた。日曜日まで滞在する予定。

会場予約

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日に続いて晴天の一日だった。気温は朝のうちはまだ低く、寝室の窓はいつも結露がついている。

今日も日中はずっと勤務先の自室で過ごした。2時頃、広島将棋センターのTさんから、詰将棋解答選手権の会場を無事予約できたと連絡が入る。これでとりあえず一安心。あとは当日に滞りなく会場責任者としての仕事を行うだけだ。昨年から将棋は何かと話題になることが多いので、今年は参加者数にも影響があるかもしれない。

一昨日は夕方まで四国にいたが、ずっと空には雲がなく、気温も高くて素晴らしい天気だった。それが、昨日起きてみると朝から土砂降り。一日中降り続き、車道もところどころに水たまりができてスピードを落とさなければいけないほどだった。そして今朝、起きて窓の外を見るときれいな青空が広がっていた。一日ごとにびっくりするほど天気が変わっていて、まるでオセロのようだ。

今日はずっと勤務先の自室で過ごした。研究に関する計算をあれこれやってみているのだが、時間ばかりかかってなかなか前へ進まない。何とか根気よく続けたい。

朝から会議。それほど議題もなく、比較的早く終了した。その後は自室で研究に時間を費やす。根を詰めて計算していたらちょっと疲れてしまった。

詰将棋解答選手権のチラシが届いたので、夕方に街中に赴き、広島将棋センターに届ける。今年は藤井聡太六段の大活躍もあって全国の会場が増え、実行委員会も準備が大変なようだ。広島会場の責任者として私の名前も印刷されていたが、漢字が「斉藤」になっていた。もうこの間違いはからお約束である。

街中へ出たついでに本屋に立ち寄って数冊書籍を購入。ちょうど仕事を終えた妻をピックアップして帰路に就いた。

土砂降りの夜

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝方はどんよりとした曇り空だったが、夕方からは必ず雨が降るという予報だったので、傘を用意して出かけた。実際、保育園に娘を迎えに行くときはザアザアと雨音がする本格的な降りになっていた。こんな雨の降り方はもう冬のそれではない。

夜になって風も強くなり、ときおりたたきつけるような土砂降りになる。少し雷も鳴っていたようだ。2月が終わると同時に、寒かった冬もこの雨で洗い流されていくのだろう。

詰パラ届く

| コメント(0) | トラックバック(0)

日中はだいぶ暖かくなった。普段と同じ格好で出かけたが、昼間は部屋の中でじっとしていると身体がじんわりと温まってきて、首筋や脇の下に少し汗をかいているのを感じた。そろそろ、着ていくものを一段階薄い方にシフトした方がよさそうだ。

帰宅すると、詰パラの3月号が届いていた。結局2月号は、表紙作品こそ解いたものの、中に掲載されているものはほとんど解かないまま終わってしまった。短手数の作品は、全部解くとは言わないまでもせめて考える時間くらいはとりたいものだ。

十三年目

| コメント(0) | トラックバック(0)

今のブログを始めたのは2010年4月1日だが、その前身となるブログを初めて立ち上げたのが2006年の2月25日だった。ときどき休んでいるとはいえ、丸12年も続けてきたわけだ。一個人のつまらないブログだが、干支一回り分とは我ながらよく続いたものである。12年前のあのころに定期的にチェックしていた個人ブログは、今は更新をストップして野ざらしになっているか、またはもう消滅して見られなくなっているかのどちらかがほとんどだ。

今日から13年目に入るが、これからもあまり気負わず、休むときは休んで気楽に続けていければと思う。

TarakoCreamPasta.jpg今日は、保育園の送り迎えのほかはずっと家で過ごしていた。部屋の片づけもしたしピアノの練習もしたが、研究のための計算にもそれなりに時間を使うことができた。

妻がたらこを買って帰ってきたので、冷蔵庫にあった残り物の生クリームを使ってたらこクリームパスタをつくった。たらこと生クリーム、それにバターをパスタのゆで汁で和え、ボウルの中でパスタとからめただけの、料理ともいえないものである。夏ならベランダで大葉を摘んできて混ぜるのだが、今の時期はそんな気の利いたハーブもない。それでも、たらこの塩味でそれなりにおいしくなる。ただその塩味のせいか、食べたあとにずいぶんとのどが渇いた。

親睦会に行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は、勤務先の親睦会が行われた。街中の居酒屋で行われるため、夕方にいったん家に帰り、車を置いてバスで出かける。6時半からで、終わったのは9時頃。あれこれ楽しくお話しすることができた。アルコールを飲まなかった同僚の先生が車で送ってくれるというので、帰る方向が同じ人たち数名でありがたく乗せていただく。9時半には帰宅できた。

前に休日出勤した分の代休を取れることになっていたので、明日はお休みにした。

追試験の実施

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝はまだ寒いが、日中はだいぶ過ごしやすくなってきた。春は着実に近づいている。

先週は修論発表会や卒論発表会、研究室説明会など行事が目白押しで、これに期末試験の採点なども加わってかなりハードな1週間だった。今週は打って変わってのんびりムードである。昨日こそ研究室見学会があったが、もう大きな催しは何もない。今日は、期末試験週間にインフルエンザで休んでいた学生の追試験を行った。終わるとすぐに採点をしてしまって成績を確定する。これで成績関係も一段落。やっと一息ついた。

午後は研究に時間をあてる。何とか結果を出したい計算があるのだが、あれこれやってもなかなかうまくいかない。明日ももう少し粘ってみよう。

研究室見学会

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は研究室見学会。4年生進級時に各研究室に配属になるので、それぞれの研究室がどのようなところで、卒業研究としてどんなことをするのか、3年生が見て回るのである。学生が6,7人ごとにグループをつくり、それぞれが順繰りに各研究室に訪れるので、そのたびにこちらは研究室の説明をすることになる。卒業研究を終えた4年生にも来てもらっていたので、研究室での生活がどうだったかを後輩に語ってもらった。昼休みを挟み、全部で8回も同じ説明をしたので、少々疲れた。

全部終わったあと、教員と4年生で惣菜などを買ってきて軽く打ち上げをする。自分とは別の先生についていた学生に実家がどこか尋ねたら、神戸にある妻の実家のすぐ近くということが判明。最寄り駅を挟んだ反対側で、びっくりするくらい近かった。世間は狭い。

7時半頃帰宅した。

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日常・雑記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは旅行・行楽です。

次のカテゴリは詰将棋・将棋です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07