日常・雑記の最近のブログ記事

親知らずを抜く

| コメント(0) | トラックバック(0)

保育園に娘を送ったあと、バスで街中の病院へ向かう。親知らずの抜歯をするためである。処置は11時半で、昼食はそれより前にすませておくようにとのことだったので、病院内にある食堂でカレーを食べる。トイレでよく歯を磨いてから、いよいよ口腔外科に向かった。

かつて反対側の親知らずを抜いたときは、処置にも時間がかかったうえに出血量がひどく、結構大変だった。担当した若い医師が、処置中に先輩らしき医師を呼んできてアドバイスを求めていたことはよく覚えている。二人してこちらの口の中を覗き込み、「あそこ砕いてからこっち側に引っ張りゃいいだろ」「え、これですか」「いやいや、このへん」などとやりとりをしているのを、口を開けて聞いていなければならなかった。あのときよりは簡単に終わってほしいというのが唯一の願いだった。

11時35分から麻酔を打って処置が始まったが、いくつかに砕いて歯を取りだし、傷口を縫合するところまでやって、全部終わったのが12時5分。30分で片がついてしまった。あのときのように大量に出血することもなく、落ち着いた気分で帰路に就く。さすがに麻酔が切れると痛みが増してきたが、痛み止めを飲めば十分耐えられる。夜になって少し腫れてきたので、数日間は顔の輪郭が少し変わるだろうが、前回の抜歯のことを思えばこれくらいは何でもない。想定していたより、だいぶあっさりすんでよかった。

抜歯後の状態を確認してもらうため、明日もう一度病院に行くことになっている。そこで大きな問題がなければもう大丈夫だろう。

自転車操業

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はTR大のI先生がお見えになったので、研究のことに関していろいろお話をした。その後、講義の準備をしたり、先週の演習の採点結果をファイルに入力したり、細々とした作業を大急ぎでやる。すべきことがギリギリで何とか終わると、すぐに線形代数学の講義と演習へ。自転車操業だったが、何とか無事に終わった。

明日は病院で親知らずを抜く予定。講義や会議の予定もないので、一日休暇をとることにした。

VongoleRosso.jpg朝から曇り空。夕方には雨が降り出し、やがて雨脚が強くなった。やっと梅雨らしい天気になってきた。

一昨日ペペロンチーノをつくったばかりだが、今日は妻がアサリを買ってきてくれたので、それを使ってボンゴレロッソをやった。もともと、一昨日これをつくるつもりだったが、たまたまアサリが全く売っていなかったのである。今は旬ではないから、入らない日があっても不思議ではない。

アサリを使ったパスタというと最近はボンゴレビアンコの出番が多く、ロッソは昨年の8月以来だった。トマトソース系は失敗することはまずなく、だいたいおいしくできる。今日もなかなかよいできだった。

Peperoncino.jpg今日はずっと先週の中間試験の採点をして過ごしていた。夕方になり、もうひと頑張りと思っていたところで保育園から電話。また熱が出たとのことで、すぐ迎えに行く。その足で医者に行って薬ももらってきた。まあ今の時期は、まだこういうことの繰り返しになるのは仕方がない。

夜、ありあわせのもので夕飯をつくることになり、ベーコンと舞茸のペペロンチーノをつくった。昨日ベランダのプランターで育てているイタリアンパセリを見たら、古い葉から黄色くなり始めていたので、完全に枯れてダメになる前に使ってしまいたかった。ペペロンチーノ自体は、実は週末になるとよくつくっていて慣れている。今回もまあまあのできだったかと思う。

久しぶりの雨

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝方、歯の定期健診に行く娘を歯医者まで送ったあと、10時から4年生のセミナー。ところが、学生が一人現れない。どうやら明日と勘違いしていたようで、1時間以上遅れてやってきた。まあ、たまにはそういうこともある。来週の火曜日は自分が抜歯をすることになっているため、次回のセミナーは木曜日に行うことになった。

午後から雲が厚くなり、やがて雨が降り始めた。本当に久しぶりの雨である。もしかしたら、今日からが本格的な梅雨になるのかもしれない。

Ajisai2.jpgAjisai1.jpg夕方、買い物の帰りに、マンションのすぐ裏に咲いているアジサイを見に行こうということになった。ベッドのある部屋から下を見下ろすと、建物に沿うように植えられたアジサイが咲き乱れているのが見えており、ちゃんと間近で見ようと家族で話していたのである。もう日が落ちかけていて少し薄暗くなっていたが、青や紫や白のアジサイが咲いていて、思っていた以上に美しかった。アジサイに関しては、どこか遠くまで見物に行かなくても、この時季に家の裏手に行けばもう十分なようだ。ちょうど我々が見に行ったときは、花の下でネコが身を休めていた。ネコとアジサイというのも、なかなか絵になるものである。

少し枯れかけている花もあり、楽しめるのもあと少しのようだ。来週の土日ではもう遅かっただろう。よいタイミングで訪れることができた。

朝から会議があり、いつもより早めに家を出た。今日も外は快晴。会議は幸い、それほど長い時間かからずに終わった。午後は解析学の中間試験。特にトラブルもなく終了。続いて解析学の演習があり、その答案も回収する。これから、試験と演習の答案を両方採点しなければならない。しばらくは空いた時間を全部費やさないといけないだろう。

金曜日は忙しいことが多く、終わると1週間の疲れがまとめてやってきたような気になる。明日はゆっくりしよう。

空梅雨?

| コメント(0) | トラックバック(0)

珍しく講義も会議も採点の作業もなかったので、研究で出てくる計算を少し進めていた。こういうものはまとまった時間がないとなかなかできない。今は、そういう時間がとれるとしたら水曜日か木曜日しかない。貴重な時間を無為に過ごすことのないようにしなければいけないと思うのだが、木曜日が終わると、もっと時間を有効に使えたのではないかという気になる。

今日も朝から青空が広がり、一日中よい天気だった。確か先週の水曜日に梅雨入りしたことになっているはずなのだが、それ以降で雨や曇りだった日は、梅雨入りした日のほかにもう一日あっただけだったと思う。それ以外はずっと好天ばかりだ。昨日も快晴だったし、一昨日も晴れていた。明日の天気予報も晴れだ。これで雨季というのはさすがに無理があるだろう。実のところ、日本の梅雨というのはこんなもので、雨の季節というわりには、何となく雨の日が少し多かったりそうでもなかったり、というような漠然とした降り方のことが多いように思う。去年の今ごろは珍しく連日雨ばかりで、雨季らしい雨季だなと思ったものだが、今年はまたいつもの空梅雨に戻ってしまったようだ。

連載記事の原稿

| コメント(0) | トラックバック(0)

午前中は、先々週実施した中間試験の答案の受け渡し。担当教員がそれぞれ採点した答案を持ち寄り、自分が受け持っているクラスの分を受け取った。自室に戻ると早速得点をファイルに入力する。今年はできが悪いのではないかとちょっと心配していたのだが、幸いそれほどでもなかったようだ。午後は昨日の演習の採点をしていた。

帰宅後、先週届いたS誌をパラパラ見ていた。今号もなかなか面白い記事が多い。もっとも、自分の連載記事は面白いかどうかといわれると微妙なところである。まあ何しろこの雑誌においてこの内容は異質だから、購読者の中でこのページに目を通している人はほんの一部だろう。

毎月やってくる締切よりはだいぶ早く原稿を仕上げていくつもりでいたが、最近は時間がとれなくてあまり余裕がなくなってきている。ギリギリになって大慌てで書くような事態は避けたい。もしブログを更新しない日が増えることがあったら、原稿に追われているのだろうと思っていただきたい。

だいふくもち

| コメント(0) | トラックバック(0)

一昨日の誕生日に合わせて実家からいろいろ送ってきてくれたものの一つに、自分が子どものころに読んでいた絵本があった。「だいふくもち」(田島征三作・福音館書店)。そうそう、そういえばこんな本があったなあ、と懐かしく思い出した。

この本、子供にとってはちょっとショッキングな内容である。何しろ終わり方がゾッとするし、全編を通して絵のタッチもどこか不気味だ。トラウマになる、というほどでもなかったが、ラストの絵はやはりかなり印象が強かったようで、はっきり記憶の片隅に残っていた。

ただ当時全く認識しておらず、今回読み直して初めて気づいたことは、この絵本が土佐弁で書かれているということだった。「おまん、どうしたぜよ」とか、「なんちゃあこたえざった」とか、幕末もののドラマでも見ていればすぐ出てくるような言い回しが随所に現れる。それによって物語に何とも言えない味が生まれているのである。これは40年近く前の自分には分からなかった。時間をおいて読み直すと、こんな絵本でも思わぬ発見があるものだ。

絵本が届いてから、早速娘にせがまれて何度も読み聞かせをしているが、自分がこわいと感じる絵になると、朗読を耳で聴きながら絵から目を背けてしまう。それでも興味はそそられるようで、終わるとすぐまた読んでくれと言う。こわくても何となくまた見たくなるという魅力が、やはりこの絵本にはあるのだろう。

今日でまた一つ、年をとった。金曜日なので午後から解析学の講義と演習。学生には誕生日がどうとかいうことはもちろん言わなかったから、勤務先では普段と全く変わらぬ一日だった。帰宅してから、妻が買ってきてくれた小さなチーズケーキを家族で食べる。娘も歌を歌ったりしてお祝いしてくれたが、ケーキは甘すぎたらしく、あまり口をつけなかった。まあ3歳なら、甘いものが大好きというよりはこれくらいがいいのかもしれない。

そういえば以前、「ぞろ目」の年齢になった、と書いたのだった。あれから11年、再びぞろ目の年である。今から11年後の誕生日には、まだ生きているとして、どこで何をしていることか。

今日は午前中、街中のH病院に行った。先月末に行った歯医者で、ここへ行って親知らずを抜いてもらってきてくださいと紹介状を渡されていたのである。総合窓口で最初の受付をすませてから口腔外科へ行く。今日のところは歯の様子を確認する診察だけだったが、レントゲンを見ながら説明してくれた医師によれば、親知らずが横向きになって埋まっているうえ、根っこが神経と交差しているようなので、抜歯の難易度は高いとのこと。確率は高くないが、感染症だの麻痺だのの可能性もないわけではないと言われる。まあこの期に及んでじたばたしてもしかたがない。実際に歯を抜くのは今月の下旬ということになった。

今度抜く親知らずは左の下側だが、右の下側はすでに昔抜いている。おそらくもう15年以上前のことだ。あのときは、抜糸が終わるまでやたらに時間がかかったうえに出血がなかなか止まらず、病院からの帰り道に電信柱の陰でときどき血を吐きながらトボトボ歩いた記憶がある。今日の話だと、少なくともまたそれくらいのことにはなると思っていた方がよさそうだ。

昨日までは天気がよかったが、今日は午後から次第にどんよりとした曇り空に変わってきた。気象情報を見ると、九州と山口県は今日梅雨入りしたとのこと。県境の向こうとこちらで梅雨入りが違うというのも妙な気がするが、確かに今日は雨は降らないで終わった。しかし天気予報によれば、明日はほぼ間違いなく雨になる。きっと明日から広島も梅雨入りということになるのだろう。

再び歯医者へ

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝、すっかり元気になった娘を保育園に送り届けたあとで歯医者へ。先週見つかった虫歯を治療してもらう。とりあえずの処置はしてもらったが、歯医者の先生が言うには、虫歯になった歯の隣にある親知らずを残しているとすぐまたやられてしまうから、先のことを考えるなら抜いてしまった方がよいとのこと。下側の親知らずのうち、右側は20年くらい前にすでに抜歯しており、今は左だけが残っている。そのうちこちらも抜かないといけないだろうと思いつつ先延ばししてきたが、とうとう年貢の納め時が来たようだ。来月、大きな病院の口腔外科に行くことになった。

その後は勤務先へ。お昼を食べるとき、まだ口の左側に麻酔が効いており、食べるのにちょっと苦労した。咀嚼自体は問題なくできるのだが、痛覚がなくなっているため、唇を噛んでも全く分からないのである。自分が気がつかないうちに唇を噛み切ってしまうのではないかと心配だった。

午後は一昨日実施した中間試験の採点。採点基準などはだいたい固まったので、明日は一気に進めたい。

朝方、昨日実施した中間試験の答案を担当教員で持ち寄った。採点の分担を決め、それぞれに答案の束を渡す。これから空いた時間になるべく早くやってしまわないといけない。

お昼を挟み、午後は数学教育に関する学内向けの報告会で発表。毎年実施しているもので、発表者を務めるのもだいぶ慣れてきた。今年も何とか無事に終了。

今日は終わると早めに帰路に就いた。今日も保育園を休んだ娘の面倒を見るためである。幸い、今朝から熱は平熱に戻ったので、順調なら明日からは普段通りの生活に戻れるだろう。

忙しい毎日

| コメント(0) | トラックバック(0)

娘は今朝も調子がよくないようだったので、保育園はお休みした。自分もそうだが、4月から5月にかけては体調を崩しやすい。気温の上下が激しいこの時季は、体調管理が難しい。

今日は午前中に4年生のセミナーをしたあと、先週実施した演習の採点結果のファイル記入、午後に行われる中間試験で使う解答用紙の準備など、いろいろな作業を急いでこなした。線形代数学の中間試験は2時40分過ぎから。幸い、受講者は全員出席して試験を受けてくれていた。

試験の終了後もいろいろたまっている事務作業を大急ぎですませる。どうもこのところ、平日になるとバタバタしている。明日は数学教育に関する学内向けの報告会で発表もしなければいけない。それがすめば、今度は今日の試験の採点だ。忙しい毎日が続く。

金曜日はいつも忙しいが、今日はとりわけ慌ただしかった。朝早くから会議があり、いつもより早めに家を出る。日中は講義や演習の準備をしたり、提出されたレポートのチェックをしたりして過ごし、2時半過ぎから夕方までは解析学の講義と演習。普段の演習は同僚の先生とTAも加わった3人体制で行っているが、今日はお二人とも学会出張でご不在。ピンチヒッターで代わりの学生がTA役をしてくれたが、やはりいつもより忙しかった。また、線形代数学の中間試験が近づいているため、演習終了後に質問をしてくる学生も多く、対応に時間を取られた。自室に戻ったのは、演習が終了してから20分後。大急ぎで荷物をまとめて飛び出し、何とか保育園のお迎え時間に間に合った。

明日はやっと休んでいられる。少しゆっくりしよう。

体重減少?

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近、体重が気になってしきりに体重計に上がってみていた。というのも、今月になって久しぶりに体重を量ったら、以前の体重からずいぶん落ちていたのである。元々太っている方ではなく、ダイエットしているわけでもないのに、なぜこんなに減ってきているのだろうか。見た目では以前と大して変わらないような気がするが、もしかして身体に深刻な変化が起きているのではないだろうか。あまり減るようなら、医者に診てもらった方がいいのかもしれないと考え始めていた。

どうして体重が減ったのか、真相が今日やっと分かった。先月、水漏れの修繕工事を行うため、洗面所に置いてあったいろいろなものを寝室や廊下に一時的に移動させた。その一つが体重計である。そのとき以来、体重計はカーペットが敷かれた廊下の上に置かれていた。何となく体重を量って数字が少ないのにびっくりしたのも、それから毎日のように数値の推移をチェックし続けていたのも、いつもそのカーペットの上にある体重計で測定していたのだ。今日になって、もしかしてと思い体重計を洗面所に戻して測定したところ、以前の体重とほぼ変わらぬ数値になった。要するに、置いた場所がいけなかったという、それだけのことだったのである。心配して損をした。

それにしても、堅い床に置かないと、測定結果が1キロ以上も違ってくるとは思っていなかった。測定条件がしっかりしていない測定結果に意味がないというのは、理科の基本だ。よい勉強になった。

歯医者に行く

| コメント(0) | トラックバック(0)

午前中は歯医者に行く。数ヶ月に一度歯のクリーニングに行っていて、今日もそれだけで終わりのつもりだったのだが、クリーニング後のチェックで虫歯になりかかっているところがあると言われてしまった。とりあえず、また来週に診療の予約をする。さっさと治してしまわないといけない。

歯医者が終わるとその足で勤務先に赴き、同僚の先生と打ち合わせ。来週数学教育についての報告会が行われることになっており、そこで使用する資料の内容について協議していた。午後は、打ち合わせの内容に基づいて資料の修正作業。それから、演習問題の解答例の作成などに時間を費やした。

ここ1週間くらいはずっと好天が続いているが、保育園に夕方行ったときは空が雲に覆われ始めていた。そろそろ明日あたりからは天気が崩れるのかもしれない。

衣替え

| コメント(0) | トラックバック(0)

先週まで、長袖にジャケットというスタイルを堅持していたのだが、さすがにもう暑くなってきた。研究室でじっとしていてもじんわりと暑いし、まして講義などをしているときは上着など着ていたら汗が止まらなくなってしまう。結局、ジャケットはほとんど脱いで過ごすことが多くなっていた。これではもう着ていく意味がない。そこで今日は、今シーズン初めて半袖で出かけた。快適である。もっと早く切り替えればよかった。

中学生のころ、制服には「冬服」と「夏服」があり、その切り替えは原則として6月頭だったように記憶している。当時はだいたいそれを遵守していたような気がするのだが、5月いっぱいまであんな厚手の制服をよく着ていたものだ。それとも、30年前と比べて、少しずつ温暖化が進んでいるのだろうか。何にしろ、今日から10月までは夏服で過ごすことになりそうだ。

階段上り

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日もよい天気の一日だった。午前中は4年生のセミナー。学生の説明に質問を挟んでいたら、予定していたところまで進まなかった。午後は昨日の演習の採点をすませ、その後は再来週に行われる数学教育に関する報告会の資料作成をしていた。

ここ数日、運動になるかと思って勤務先の一番下の階から自室のある一番上の階まで階段を使って上がってみている。うちの建物はちょっと変則的で、ほかの建物と階の数字を合わせた関係で、一番下の階が2階になっている。それで最上階は8階なので、7階分の階段を上ることになるわけだ。これくらい上ったからといってそれほど効果があるとも思えないが、今日みたいにデスクワークばかりしているような日は、何もしないよりはましだろう。

忙しい月曜日

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日に引き続き、今日も五月晴れ。気温もちょうどよく、日射しが心地よい。こういう日は1年のうちで何日もない。あのジメジメした時季がやってくるまでにこの空気を満喫しておきたいところだが、週明けはいつも慌ただしく過ぎてしまう。

今日も演習問題の採点や作成、講義や演習の準備などであっという間に一日が終わってしまった。金曜日と月曜日は講義と演習があるので、どうしても忙しくなる。特に月曜日は、金曜日に実施した演習の採点と成績評価のファイル入力を終わらせてしまう必要もあるので、限られた時間を有効に使わないと仕事が終わらない。もっとも、だらだらしていられないという意味では、こういう仕事が立て込んだ日がある方がよいと思うこともある。

何とか今日も無事に終わった。明日は4年生のセミナーと、今日回収した演習の採点が待っている。

朝からどんよりとした曇り空。出かけるときにはまだ振っていなかったが、湿っぽい空気からすぐ一雨来ることはすぐに分かった。喉の調子はまだ万全でなく、声も少しおかしい。それでも、昨日のように大声を張り上げなくてはいけない仕事はないからだいぶ気が楽だ。

午前中は4年生のセミナー。お昼を挟み、午後は昨日実施した演習の採点。それが終わると、たまっているデータ処理の仕事を少し進めていた。いろいろやらなければいけないことがたまっているのだが、時間がとれなくてなかなか前に進まない。まだ咳が止まらず本調子にはほど遠いが、それでも朝に比べると、帰るころにはだいぶよくなってきたように思う。

夕方、果たして雨が激しく降っていた。これだけ降るなら、明日はハーブに水遣りはしなくてもよさそうだ。

喉の調子

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日からはまたいつも通りの日々だ。熱はもうすっかり元通りなのだが、痰がからんでまだ喉がいがいがする。声もやや出しにくい。今しばらくは控えめに動くのがよさそうだ。念のためマスクをして出かけた。

月曜日なので、線形代数学の講義と演習が午後にあった。あまり声を張り上げずにやろうと思っていたが、あれも説明しておかないと、ここも強調しておかないと、とやっているうちに、結局普段と大して変わらない感じでしゃべってしまう。終わったあとはまた喉が痛くなってしまった。

明日は講義の類はないので、少し喉を休められるだろう。

連休終了

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日までの3日間、熱と頭痛が少しあってどうも体調が優れなかった。昨日の夜にはほぼ熱は下がり、今日も朝から36度台。もう峠は越えたようだ。ただ喉にまだ違和感があり、痰がからんで声が少々出しにくい。今日が講義の日だったら発声に苦労したかもしれない。風邪をひいたのが連休中でまだよかった。

この連休は天気のよい日が多かったが、体調のこともあり、詰備会に行ったほかはあまり遠出することもなく終わった。今日も夕方にちょっと買い物に行っただけ。食料品や娘の衣類などを買っただけで戻ってきた。

さて、これで連休も終了。明日は講義をしなければならないが、喉の調子が今日よりよくなっていることを期待したい。

Carbonara.jpgViewfromPark.jpg今日も体調があまりよくなかったので、ずっと家で過ごしていた。昨日行った公園にまた行きたいと娘が主張するので、夕方になってからまた出かける。この公園は昨日初めて来たのだが、最近造成された高台にあり、ツツジの花壇から遠くの瀬戸内海までが一望の下に見渡せて、なかなかよいところだ。

帰宅後、フジッリを使ってカルボナーラをつくるということをやってみる。加える具材はベーコンと舞茸。カルボナーラ自体なら何度かやったことがあるから何とかなるだろうと思ったのだが、今回ははっきりいって失敗だった。原因は単純で、フジッリを多く使いすぎたのである。お腹が空いているからと思ってたくさん鍋に投入したために、ソースの量が相対的に少なくなりすぎて非常に薄味になってしまった。おまけに食べているうちにお腹がいっぱいになってしまい、最後は苦しくて仕方がなかった。ショートパスタはあまり使わないので、もうちょっと慎重にやった方がよさそうだ。

朝起きると、早速プランターの様子をあらためて確認する。昨日植え直したバジルはしおれてはいないようなので、何とか今の時点では水を吸い上げることができているようだ。

ただこれとは別に、2枚ある双葉の片方を食われている株が2本あるのを確認。特にそのうちの1本は、片方の双葉が7割以上なくなってしまっている。薬剤のおかげでとりあえず被害はそこで止まったようだが、この時期にここまでやられたのは初めてだ。すでにゴマ粒のような本葉が見え始めており、幸いそれは生き残っているように見えた。ただ、双葉を食われた影響でうまく育たない可能性もある。どうするか迷ったが、食品トレイに予備で残しておいた芽がまだあったので、念のためこれも植え替えることにした。今度こそ、これで一段落してほしいものだ。

今日は少し頭痛がしてあまり体調はよくなかったが、天気はよかったので夕方から近くの公園に散歩に行った。ブランコがたくさんできて、娘は楽しめたようだった。

太田川放水路に近いあたりに大型のショッピングモールができ、昨日から営業を始めたというので、見物ついでに足を伸ばしてきた。ものすごい渋滞に巻き込まれないか心配だったが、さすがに駐車場は相当な台数が確保されており、案外スムーズに入ることができた。とはいえ、中はどこも人、人、人。1階のフードコートで少し遅いお昼を食べたが、座席を押さえて、店に注文して、食後に皿を返しに行って、と何かするたびに、人の波をかきわけていかなければならない。もう少し客足が落ち着いたときに来るのがよさそうだ。その後はいくつか店を回ったが、特に大きな買い物はせずに引き揚げる。すぐ近くにある別のショッピングセンターに少しだけ立ち寄ったあとに帰路に就いた。

Paella.jpg夜は、久しぶりにパエリアをつくってみた。前につくったのが去年の4月30日で、ちょうど1年前ということになる。あのときどうやってつくったのかすっかり忘れてしまっていたので、今回はまた手探りでやってみることになった。用意したのは海の幸は、エビ、イカ、アサリ。これにピーマン、タマネギ、ニンニク、オリーブも加えた。また、昨年買っておいたサフランもまだ余っていたので、香りづけに少しだけ使う。ご飯は2合半使った。

正直なところ、途中で加える水の量や火加減などがよく分からず、かなり適当にやってしまったので、きっと失敗したなと思っていた。しかし、食べると思ったよりは悪くない。サフランの香りとレモンの酸味があれば、何となくパエリアらしくなるようだ。もっとも、まだまだ改善する余地はあるので、今回の経験をすっかり忘れてしまわないうちにまた再挑戦したい。

保育園での面談

| コメント(0) | トラックバック(0)

一昨日、昨日とよい天気の日が続いていたが、今日はどんよりと雲が広がった。出勤前に保育園で車を降りたとき、土臭いにおいが何となく漂ってきて、まもなく雨が降るのだなと分かる。果たして、そのあとパラパラと降ってきた。

今日は保育園の先生と保護者面談が予定されていたので、夕方にいったん勤務先を出た。予定では妻が行くはずだったが、家の水回りで発生した水漏れの修繕工事を今日と明日行うことになったため、誰かが家にいなければいけないことになったのである。面談は10分ほどで終わったが、何だかちょっと緊張してしまった。「ご家庭ではどんなふうに過ごされていますか?」とか「お子さんのことで最近気になっておられることはありますか?」などといきなりたずねられると、咄嗟にはなかなか出てこないものだ。もう少し準備をしておけばよかったかもしれない。入社試験の面接を受ける学生の気分が少し分かった気がした。

忙しい月曜日

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日に引き続き、今日も快晴の天気。空のどこにも雲がない。世界の下半分はこれだけ雑然といろいろなものが散らばっているのに、上半分はただ青一色というのは何だか不思議な気もしてくる。

今日は講義や演習、さらに先週の演習の採点などでかなり忙しい日だった。金曜日と月曜日は講義と演習があるため、どうしてもかなり慌ただしくなる。加えて今日の演習では、いつも一緒に演習を担当していただいている先生が急用で来られなくなり、自分とTAの学生だけで対応することになった。演習が終わると、大急ぎで保育園に直行しなければならないので気が抜けない。明日は明日で、今日回収した演習答案の採点だ。毎日が自転車操業である。

アナの利き手

| コメント(0) | トラックバック(0)

今週は娘がしばらく体調を崩していたので、朝から医者に連れて行ったり妻と交代で仕事に行ったりといろいろバタバタしたが、昨日までにそれもすっかり落ち着いた。今日は普段通りの土曜日を過ごす。夕方に公園まで散歩に出かけ、遊具で娘を遊ばせて戻ってきた。

先月、テレビで「アナと雪の女王」が放送されていたが、最近その録画を娘が見たがる。今日も再生していたのだが、一緒に見ていてちょっと不思議に思ったことがあった。映画の中盤で、主人公の女性、アナが雪玉を力一杯投げつけるシーンがある。このとき、アナは左手で雪玉を投げる。そのことには初めて見たときから気づいていたが、左利きという設定なんだろうなというふうにチラッと思ったくらいだった。ところが今日見ていたら、映画の終わりの方でアナが思い切り人を殴るシーンがあり、そこでは右手で殴っているのであることに気づいたのである。どちらの行為も力一杯やっており、利き手でない手を出すのは少々不自然に感じる。何か話の内容に関わる理由があるのかなと思ったが、見ている限りではよく分からなかった。まさか製作者がうっかりしたとも思えないが、実際のところどうなのだろう。

この映画に限らず、誰かが左手で何かを持ったり投げたりするシーンを見ると、おやっと思うことが多い。もしかしたら、自分も左利きだからなのかもしれない。

春の嵐の爪痕

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝は抜けるような青空が広がっているのではないかと期待していたのだが、窓の外を見ると案に相違してどんよりとした曇り空。なかなか雲が抜けきってくれない。それでも、あのひどい風雨がやんでくれてホッとした。

ベランダに出てみると、ちょっと残念な光景が目に入ってきた。今月に入ってからずっと可憐なを咲かせ続けていたルッコラが、無残な姿をさらしていたのである。真っ直ぐ伸びていた茎はいずれもぐんにゃりと曲がり、何本かはぽっきり折れてしまっている。少し立ち直らせようと試みたが、一度曲がってしまったものを元の状態に戻すのはほとんど不可能だ。姿はあきらめるとしても、これでちゃんと種をつけてくれるのかどうか。あと1,2ヶ月しないと分からないが、全部ダメになっていてもおかしくない。こんなことなら、昨日の朝のうちに、ベランダから引き揚げておくのだった。春の嵐を甘く見てはいけない。

お昼近くになってようやく雲が消え、きれいな青空が広がった。明日こそは朝からいい天気だろう。

大荒れの天気

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は一日中、大荒れの天気だった。朝方はまだ、しとしとと雨が降っているくらいだったのだが、やがてだんだんと雨脚が強まり、風も強くなってくる。午後にはもう土砂降りといってもよい状態になっていた。今日は線形代数学の講義と演習があり、暗くなるころに帰ったのだが、傘がもう少しで裏返りそうな風で、建物から駐車場の車まで十数メートル歩いただけでずいぶん濡れてしまった。車に乗ってからも、ところどころで水たまりがかなりの深さになっており、おそるおそる車でかき分けるように通過した。

夜になってからも風雨は続いていたが、11時くらいになって急に外が静かになった。どうやら最後の雨雲が去って行ったようだ。明日は台風一過のような晴天になるだろう。

今日は妙な天気だった。朝方、空が暗くなったかと思うとサーッと音を立てて雨が降ってくる。ところが、10分もしないうちに雨脚は弱まり、やがて晴れ間が覗き始めた。これならと思って洗濯物をベランダに干したら、昼過ぎになってまた雲行きが怪しくなってくる。あわてて洗濯物を取り込むと、果たしてその直後にパラパラと降ってきた。ネットで雨雲の状況を見ると、小さい雷雲が通り過ぎているところである。しばらくするとまた雨はやみ、きれいに青空が広がった。もうこれは大丈夫そうだと思い、また洗濯物を出した。

夕方、娘を連れて公園まで出かける。遊具で遊ばせていると、急にポツポツと顔に当たり始める。しまった、とあわてて撤収して帰宅したが、ベランダに出たときはもう通り雨のピークは過ぎていた。もう洗濯物はほとんど乾いていたのだから、そのまま取り込んでおけばよかったと後悔する。これからの季節は、こういう降り方をするということを忘れてはいけない。

降ったりやんだりが何度も繰り返される、不安定な天気の一日だった。

疲れた一日

| コメント(0) | トラックバック(0)

桜は週末から満開になっているが、今日はどんよりとした曇り空で、かなり寒い。明日はさらに天気が悪くなり、朝方に雨が強く降るようだ。花を散らしてしまうかもしれない。

今日からいよいよ講義が始まった。初日の今日は、いきなり線形代数学の講義と演習。2コマ連続はかなりエネルギーを消耗する。特にシーズン初日は身体がまだ慣れておらず、終わるとかなりぐったりしてしまう。今日はそれだけでも大変だったのに、自宅で水漏れが発生しているかもしれないから至急点検させてほしいという連絡が入ったり、保育園からお子さんの熱が高くなっているようですと知らせが来たり、イレギュラーなことが次々に起きてすっかり疲れ切ってしまった。子どもの体調は帰宅したらすっかり直ってしまったが、水漏れの方は設備の老朽化によるもので何らかの対策を明日以降にあらためて行うことになった。今年度も公私にわたって忙しくなりそうだ。

霧の一日

| コメント(0) | トラックバック(0)

一昨日まで快晴の日が続いていたが、昨日から急に天気が悪くなった。今朝は雨こそ小降りになったものの、濃い霧が発生して視界が悪い。窓からは近くの建物が見えるだけで、あとはどこを見ても真っ白だった。こういう霧は日が高くなると少し薄れるものだが、今日は一日中こんな調子で、夕方に保育園へ娘を迎えに行くときも100メートルくらい先が何も見えない。霧の一日だった。

こんな日だから、湿度も高かった。お昼に弁当を食べたあとにその弁当箱を洗って洗いかごに置いておくのだが、普段なら帰るころにはすっかり乾いているのに、今日はまだかなり水滴が残っていた。つい1ヶ月くらい前まで、就寝時に加湿器をかけていたのが嘘のようである。季節が変わったのだなとこんなところでも実感した。

新年度始動

| コメント(0) | トラックバック(0)

4月は土日から始まったので、今日がいよいよ本格的な新年度始動の日になる。午前中には少しフォーマルな儀式に出ることになっていたので、普段はしていないネクタイを久しぶりにつけて出勤した。天気は雲一つない快晴。空気も昨日に比べるとずいぶんと暖かい。桜もどんどん開いてきており、まさに春が始まったという感じである。

朝の儀式のあとは、続けて線形代数学の担当教員が集まるミーティングに出る。来週から講義が始まるので、まだ少し余裕があるのは今週までだ。午後は、先週やり残していた片づけ作業の続き。大量の書類や段ボールなどを縛って処分する。これでかなり部屋がスッキリした。

新しい年度が始まった。新年度第一日の行事は、保育園の入園・進級式である。娘にぶかぶかの制服を着せて保育園へ向かった。幸い、昨日の雨は夜にはあがり、今朝は雲が少しずつ切れて青空が見えてきていた。

式が終わったのが11時頃で、それから妻は保護者会総会なる集まりに出席し、こちらは娘を連れて医者のところへ行く。といっても、具合が悪くなったわけではない。これまではアレルギー対応で一部の食材を忌避していたのだが、最近の様子を見る限りもうその必要はなさそうなので、医師にゴーサインを出してもらうためである。ずいぶん待たされたのでお昼過ぎまでかかってしまったが、何とか書類を書いてもらうことができた。

午後は家で過ごす。夕方に公園へ散歩に行ったが、日が落ちてきたらまた急に気温が下がってきたので早々に引き揚げた。

年度末

| コメント(0) | トラックバック(0)

あっという間に2016年度最後の日を迎えた。もう桜のつぼみも緩んできているというのに、今日の冷え込みは厳しかった。夜半から降り始めた雨も一向にやまない。夕方に勤務先を出るとき、西側に見える小高い山を見たら、山頂近くにうっすら雪がうっすら積もっているのが見えた。冬将軍の最後の抵抗だろう。

今日はお昼過ぎまで演習問題の作成作業をして、その後はひたすら部屋の片付けをして過ごした。机のあちこちに積み上がった書類の山を分別していく。過去の授業で使った資料の余りなどが多いが、開けもしないで放置してあるダイレクトメールもかなり出てきた。どうせ読まないのなら、届いたそばから捨てていけばよいのだ。新年度は、もう少し意識して部屋をきれいに保つことを心がけよう。

夕方までに、机の上はだいぶ片づいた。まだ少し作業が残っているが、それはまた来週に。

広島に帰宅

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日もS大で行われている学会に行く。少しましな天気になるのでは、という期待は脆くも打ち砕かれた。朝起きてみると土砂降りである。相変わらずひどく寒い。幸い、ちょうど出かけようとしたころに少し降りは弱まったが、それでもザーザーと形容するのがよいくらい降っていた。おまけに、バスがなかなか来ない。来たら来たで、今度は道路が渋滞していてなかなか進んでくれない。バスの中も混んでいて、濡れた傘やカバンを押しつけられそうになるのには閉口した。ようやく駅に着いてからも、電車があちこちで少しずつ遅れていたため、会場到着が予定より大幅に遅れてしまう。やはりS大は遠い。

会場に滞留していた時間はそれほど長くなく、お昼過ぎにはもう引き揚げることにする。駅前でラーメンを食べたあと、再び電車に乗って東京駅へ。3時少し前の新幹線に乗った。何とも皮肉なことに、ちょうど東京を去ろうとするまさにそのタイミングで雨がやみ、雲がようやく切れてきた。どうも明日は平年並みの気温に戻るらしい。新幹線の車内も相当混雑しており、広島に着くまでデッキに立っている乗客がいたようだった。

7時半頃、無事自宅に到着。今回の出張は、とにかく天気に恵まれなかった。

朝早く起きて、日本数学会年会の行われているS大へ向かう。日曜日ということで電車は空いていたが、何しろ寒い。3月も下旬になって、こんな冷たい雨に降られるとは予想していなかった。

会場には予定通りの時間に到着。一般講演をしばらく聴講した後、書籍売場を少し見て回る。お昼はいったん駅前まで戻り、適当に定食屋に入ってすませた。

1時から数学教育学会の分科会に出席。その後代数学分科会に回り、代数学賞の授賞式と受賞記念講演を聴講する。師匠であるK先生の話もしっかり聴くことができた。

終了後、会場に来ていたHくんと駅前のイタリアンレストランで夕飯。学生時代の思い出話に花が咲いた。8時半過ぎに店を出て帰路に就く。最後まで冷たい雨はやまなかった。

東京に移動

| コメント(0) | トラックバック(0)

午前中のうちに買い物へ行く。いったん家に帰り、昼を食べて一服してから1時40分頃に出発。予定していたより1本早い新幹線に乗り、東京へ向かう。車内はそれほど空いてはいなかったが、幸い隣の座席はずっと空席のままだったので、ゆったり過ごすことができた。

実家の最寄り駅にたどり着き、外に出たときにずいぶんと空気が冷たいのにびっくりする。広島ではだいぶ暖かくなってきたので、春分の日を境にコートを着るのをやめていた。東京でも暖かくなってきていたはずだが、ここ数日だけはひどく冷え込むようだ。おまけに、明日は冷たい雨が降るらしい。どうもタイミングが悪いが、仕方がない。

明日と明後日は、S大で行われる学会に赴く予定。

謝恩会に出席

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は勤務先の卒業式と謝恩会があった。卒業式には出席しなかったが、学科ごとに行われる学位記授与式には顔を出してみた。ついこの間、1年生で線形代数や微積を教えたと思った人が、もうリクルートスーツで学位記を受け取っている。サイクルがどんどん早くなっていくようだ。

夕方から、街中のホテルで謝恩会に出席。立食パーティー形式で、中央のテーブルにある食べ物を皿に盛ってきては隅っこの丸テーブルに戻り、この1年面倒を見た学生と談笑する。同じ研究室の学生で将棋好きがいると分かり、早速詰将棋を少し紹介してみたら結構面白がってくれた。こんなことなら、もっと早い時期に詰将棋談義をしておくんだったと少し後悔する。

8時半頃に宴は終了。バスセンターまでぶらぶら歩き、9時過ぎのバスで帰宅。

ラジノリンクス

| コメント(0) | トラックバック(0)

だいぶ暖かくなってきた。天候や時間帯によってかなり気温が変動するため、着ていくものが難しくなってきている。先週までは冬のコートを着込んでいたが、今日はセーターにジャケットを羽織っただけで出かけた。来月になれば、もっと薄着にする必要があるだろう。

今日の夕飯はサンマだった。身をほじくっていくと、内臓のあたりから赤い糸くずのようなものが出てくる。にも書いたラジノリンクスという寄生虫である。サンマを食べると、2回に1回は入っているように思う。初めて見たときはちょっと気色悪く感じたが、昨年、鯛の口中から出てきたタイノエというグロテスクな寄生虫を見たあとでは、むしろかわいらしいとすら感じるようになってしまった。

夕方に公園へ

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日は少し体調が悪いと感じたので、いつもより早めに勤務先を失礼した。保育園に娘を迎えに行った後、帰宅して熱を測るとやはり高くなっている。鼻水とくしゃみも止まらなかったので、早めに床に就いた。

今日が休みでゆっくり寝ていられたのは幸いだった。十分寝られたせいか、今朝にはもう平熱に戻っており、調子も悪くない。まだ鼻水やくしゃみはあったが、午後になるとそれもだいぶ治まってきた。明日も休みだし、この分なら完全に復調できるだろう。

今日は夕方から、近所の公園に出かけた。本当はその公園の近くにある小さな梅苑で梅を見るつもりだったのだが、行ってみたら梅苑の入口に柵が置かれていて入れなかったのである。公園では子どもたちがたくさん遊んでおり、娘が加わろうとすると女の子が一人話しかけてきてくれた。まだ小さいのに、コミュニケーション能力が高いなあと感心。自分が子どものころには、知らない子が公園にいても話しかけるなんてことはとてもできなかったように思う。その子と何度も一緒にすべり台をすべったりして、娘もかなり楽しんだようだ。

日が山に隠れたところで引き揚げる。スーパーで買い物をして6時頃帰宅。

少々風邪気味

| コメント(0) | トラックバック(0)

今週に入ってから風邪をひいて鼻水をよく出していた娘は、今朝にはだいぶよくなった。今日は保育園にお弁当を持って行くことになっており、楽しみで仕方がないという様子で出かけていった。

入れ替わるように、こちらはだんだん鼻水が出るようになった。目もしょぼしょぼするし、くしゃみも止まらない。もしかしたら花粉症なのかもしれないが、おそらくそうではなく、単に風邪をどうやらうつされたようだ。まあ週末にはよくなるだろう。

昨日は誤植に気づいてひどくがっかりさせられたが、ツイていないことはそれだけではなかった。

一つ目は、妻がネットショップで購入し、昨日届いた衣類である。色もサイズも問題なくてなかなかいい買い物だと思ったのだが、よく見たら襟の部分にうっすらと黄色いシミがついているのである。せっかく手元にきたのに、また送り返して別のものに交換してもらうことになった。面倒だが仕方がない。

もう一つ、うちではずっと生ゴミ処理機を使い続けてきた。購入したのが2005年の10月だから、もう11年以上ゴミを放り込み続けてきたことになる。昨日、皿洗いを終えてから生ゴミをまとめて処理機に入れ、いつものように電源ボタンを押したところ、パチンと乾いた音がして電源ランプがすぐ消えてしまった。何度押しても、コンセントを抜き差ししても、反応が変わる様子はない。どうもすぐには直りそうもない。まあ11年も稼働させ続けてきたのだから、ついに寿命が来たということだろう。

一つ一つはよくある話でどうということもないのだが、誤植発覚の件とも合わせて次から次に起きたので、何だか呪われているような気になってしまった。まあこういう日もある。打って変わって、今日は特に何事もない穏やかな一日だった。

まさかの誤植

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はがっかりするようなことが続いた。具体的には、自分が関わった本や記事に誤植があるのを見つけるということが、2つ連続して起きたのである。1つ目は来年度から使う解析学のテキストで、演習問題の記述に誤りがあるのを見つけた。見直したつもりだったのに、とがっくりしていたが、夕方になってもっとショックを受ける誤植に気づいてしまった。昨日書いた「数学セミナー」の記事で、こともあろうに自分の勤務先が書かれた部分に誤植があったのである。もしかして異動されたんですか、と知り合いからたずねられるまで、間違っていることに全く気づかなかった。勤務先の情報を書き入れたのは自分ではないが、校正刷りが来たときに気づかなければいけなかったのだ。何よりもまず詰将棋の図面に誤りがないかということばかりに気をとられ、ひたすら自分の原稿の内容ばかり見直していた。誠に迂闊というほかない。詰将棋を語っているわりに、どうもツメが甘くていけない。仕方がないので、次号に訂正を入れてもらおう。

今日はほかにもツイていないことがあったが、その話はまた明日以降に。

普段通りの日

| コメント(0) | トラックバック(0)

今朝は寒く、少し雪がちらついていた。雪雲の切れ端が近くを通るたびに、ひらひらと白いものが落ちてくる。しかし、日が高くなるにつれて青空が広がり、やがて雲一つない快晴になった。

このところイレギュラーな日々が続いていたが、今日は久しぶりにすべてが普段通りの日。会議などもなく、ずっと部屋で過ごした。ためにためていた仕事をずっとやっていたが、まだまるで終わる気配がない。明日も引き続き取り組むことになりそうだ。

3泊4日の実家滞在最終日。今回は天気にはあまり恵まれず、一昨日も昨日も雨が降ったりやんだりの天気だったが、今朝は雲一つない快晴になった。ただ、気温は低い。今日は全国的に寒かったようだ。

予定では11時半の新幹線に乗るつもりだったが、総武線快速のダイヤが大きく乱れており、予定よりかなり遅れてしまった。あの人混みの中、子どもを抱きかかえつつキャリーバッグを押すのはそれなりのエネルギーと時間を要する。結局、予定から40分遅れの12時10分発の新幹線で出発した。

5時頃に無事広島の自宅に到着した。一服したあと、家族を残して一人再び出かける。S大のK先生が広島に出張で来られているので、牡蠣の店でも行きましょうと約束をしていたのである。7時から9時半頃まで、牡蠣のコース料理をいただきながらあれこれお話しした。店を出て電車通りに出たところでお別れする。

やや強行軍だったが、何とか予定通りに行動できた。3月に入ってから出張と帰省が続き、さらに給湯器の故障という思わぬトラブルまで加わってちょっと大変だったが、やっとこれで一段落だ。明日からしばらくは平常運転に戻れるだろう。

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日常・雑記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは旅行・行楽です。

次のカテゴリは詰将棋・将棋です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.07